Entries

緊急呼び出し

15日(月)、長引いた風邪も苦しくなくなり、子どもたちを送り出し、
やっと私の時間・・・
と、くつろいでいたところ、・・・電話。午前10時。

「○○幼稚園です。」
何と、RONが、砂場であごを切り、医者に行くので、その病院まで来てほしい、とのこと。

園長先生・RONと病院で落ち合いました。
「麻酔なしで縫うかもしれませんよ。」と、園長先生。
RONは、泣きもせず、静かに座っています。

・・・・・・RONの喘息では、2歳から、入院と隣り合わせ。
RONも、私も、深夜の救急外来は、何度行ったことか。
ちなみに、日本では、年に3000人の方が、喘息で亡くなっています。
喘息発作に比べたら、と思うと、落ち着けます。
命に別状もなく、傷も1.5センチほどなので、さほど心配にはなりませんでした。
「これくらいのケガは、しておいた方がいいかもしれないですよ。」と、あわてておられる園長先生に言いました。

傷は、パックリと口が開いた状態でしたが、
縫わずにすみ、ほっとしました。

お迎えのとき、担任の先生から、ケガに至った理由をお聞きしました。
「おかたづけ、と言われて、砂場で使ったものを拾おうとして、砂場の枠付近の鉄の棒にぶつかったようです。泣かないで、自分で言いにきたんですよ。」

あごなので、自分ではどうなっているのか見えず、気も動転しなかったのでしょう。
とは言え、ケガをしているのに、理由をきちんと説明できてエライ!

しかし、2回目の通院は、別のお医者さんで、
「明日、くっついていなかったら縫いましょう。」と。
えぇーっ!?
大きな絆創膏の上から、「くっつけ、くっつけ」と祈るようにして、テルミーをかけてみました。
縫うかもしれない、なんて、本人には言えません。
幼稚園のお寺さんにも、「くっつきますように」と、朝夕に、RONとお願いしました。
パパも、「縫うのは痛いだろうし、傷痕も残るだろうし」と、メールで心配しています。

そして、3回目の通院。
診てくださったのは、初回時のお医者さん。
「スパッと切れているのではなく、中がえぐれていた状態だったので、縫わなくて大丈夫ですよ。
肉がもり上がってくるのを待ちましょう。」
あー、よかった!!

今週末で、その通院も終わりそうです。

Comment

NoTitle 

大変だったけど、息子さん、きちんと先生に言えてすごいですね。
傷も縫わなくてよかったです。
早くよくなりますように!
  • posted by sachi 
  • URL 
  • 2012.10/20 01:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

そうそう、お医者さんによって
結構いうこと違うんですよね。
でもRONくん、怪我してるのに
しっかり落ち着いていてすごい!
縫わずにはやく治りますように☆
  • posted by みちこ 
  • URL 
  • 2012.10/20 07:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

うちの二男も幼児の時、休日にまぶたを切って病院に行ったことがあります。そのときの救急が耳鼻科の先生。「縫わなくてはいけません」と言われ、怖くて「考えさせてもらいます」と言って連れて帰りました。血が止まっていたので、絆創膏を傷がくっつくように貼って次の日に外科に行くと「縫わなくてよかったです」と言われました。自然治癒力はすごいです!それししても息子さんしっかりされててえらいですね^^♪
  • posted by すいかたべ 
  • URL 
  • 2012.10/21 12:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

sachi様 

有難うございます。
一度も泣かず、理由も自分で先生に言いにいけたことに成長を感じました。
子どもって、親がいないところでどんどん成長しているものなのですね。
傷もほとんどふさがりました。
あたたかなコメント、うれしいです!!
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.10/21 12:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

みちこ様 

コメント、有難うございます。
お医者さんは、縫うこともある、という可能性を言っただけなのでしょうが、親としては、ドキドキでした。
今回は、園長先生が一番あわてておられて、それも意外でしたが、人間味があって、息子のことを心配してくださっていることが伝わってきました。
RONは、2歳から病院慣れしている、ということもあると思います。でも、終始落ち着いていたことには驚きました。お蔭様で、ほとんどよくなりました。有難うございます。
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.10/21 12:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

すいかたべ様 

そうでしたか。ご次男様も、同じようなことがおありになったのですね。
でも、そこで「考えさせてください」とおっしゃられたのはさすがですね。私だったら、お医者さんが言うのなら、そういうものなのか、と思ってしまいそうです。
そうですよね。自然治癒力が第一にあって、お医者さんはそれをサポートしてくださるのですものね。
息子のことを誉めてくださって、有難うございます!早生まれで、心配をしていましたが、今回のことで、小学校に行っても大丈夫!と思えました。
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.10/21 12:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR