Entries

神秘!数の世界

胸がドキドキしています。文系・アナログ頭の私が、数字に心高鳴るなんて!

「ひと」1989年6月号に、銀林浩先生の文章が載っていました。銀林先生は、遠山先生と共に、水道方式を提唱された先生です。

学術的に書かれていましたので、文系の私には、1度ですんなり理解はできませんでした。しかし、読み込んでいくと、なんて凄い世界なの!!!と、胸が高鳴ってきたのです。

0がもっとも特殊
5や1、9も十進法にとっては特殊な数値

というくだりは、もう目を見張り、・・・そしてドキドキしてきました。

えっ、数字ひとつだけでこんなにも奥深い意味があったなんて!!!
もう神秘と感じるくらいです。

そうです。数教研の教材35までの数には、最初に登場するのが「3」 でした。たいてい、他社のドリルなどは、「1」から順番に「2、3、4・・・」と練習させていたように思います。

数の特殊性・・・数字なんて、物を数えるだけのもの・・・くらいの認識しかなかった私には衝撃でした。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR