FC2ブログ

Entries

人権を守る

昨日の記事で、やれることはやった、と思いましたが、
果たしてそうなのか、夜疑問に思いました。

結局、学校側からは謝罪の電話一本も入りませんでした。

これで終わりにしていいのだろうか?
謝罪の電話が来なかったということは、悪いとは思っていないということ。
そして、娘に起こったことはたいして珍しいことではないことなのかもしれない、と。
つまり、日常茶飯事になりすぎていて、教師側が悪いという思いすら抱かなくなっているということ。
それは問題です。
そんな教育現場は変えなければならない。
これ以上、苦しむ中学生を増やしてはいけない。

校長先生の言葉を借りれば
「罰することで気を付けるようになる」
ならば、とことん責任の所在を明らかにするべきなのだろうか。
私は、先生に罰を与えたいのか?
目には目を、をしたいのだろうか?

もちろん、こちらがどれだけ嫌な思いをしているのか、
子どもの心をどう考えているのか(もちろん、そんなことを考えていないからこそのことだが)、
そこのところは明らかにさせたい。

先生については、私が軽蔑することでその先生を罰しているとも思う。
先生になれてよかったですね。他の社会では首になってますもんね、と心の中で。


教育委員会は、相談はしたが信頼を置いている訳ではない。
教育委員会の人材は、所詮、教師だからだ。
教師同士、事なかれ的に終わらせることは目に見えている。
ただ、教育委員会に言った、という段階は踏んだ。

後は、市議会議員に相談?
あるいは地元新聞社?

「人権相談」というワードで検索してみた。
すると、法務局の人権110番が上がった。
平日昼間だけだが、ここなら教師側ではない対応をしてくれそうだ。

月曜を待って、相談してみます。


Comment

NoTitle 

昨日はパソコンを開いてもあまり見ていなくてコメントにも気づかず失礼しました。ご相談の件、本当にむかつきますね。教育委員会の態度にも納得できません。学校と話してもどうにもならないから教育委員会に訴えたのにまた学校に戻そうといった責任逃れの態度に見えてきます。事実を調査し学校を指導するのが教育委員会のはずです。それをやらない教育委員会は頼れないですね。教育委員会や、学校にモノが言えるのはどこかを考えてみなければなりません。教育委員会や学校がピンと背筋を伸ばすのは議員の言葉であるのも確かです。地元選出の議員とつながりが持てればそこにお願いするのもいいかと思います。法務局の人権110番への相談も一つの方法だと思います。
 この頃の中学校の成績は高校入試との関係で矛盾だらけが現状です。平常点とかいろんな観点を加味して、結局通知表で反抗を抑えようとしているとしか思えません。あほな教師ほど態度やそのほかを重視します。我が孫のそれで納得いかないことが多々あるようです。大阪の教育は維新の党の教育改革でおかしくなっています。その中でも強く生きていけるように子供を育てなければならないのが現実ですね。一方で何とか是正できる方向に自分ができることを考えていくことが必要だと思っています。具体的な方策が何も示せませんが、頑張ってください。
  • posted by よたろう 
  • URL 
  • 2018.11/11 11:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

よたろう様 

コメントをくださり、本当に有難うございます。
よたろうさんのような先生がたくさん居てくださればいいのですが。
よたろうさんがそう言ってくださるだけでも救われます。
お孫さんも、納得のいかない成績をもらったのですね。
「その中でも強く生きていけるように子供を育てなけばならない」
そうですね。子どもがそこで負けず、頑張れるように親が心の支えになるよう努めます!
絶対評価でよくなるはずが、全て教師の裁量に委ねられてしまって、教師によって極端な評価になってしまうようです。
よたろうさんの言葉に力をいただいて、前に進みます!
感謝申し上げます。本当に有難うございました。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2018.11/11 12:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中2の娘
RON・・・小6の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR