FC2ブログ

Entries

早朝那須ロープウェイ

栃木県に居るのも、後5か月弱となりました。

そこで、「那須に行ってロープウェイに乗ろう!」と提案した私。
実は、RIN、電車やモノレールに乗るのが大大大好き♪
子どもたち、ロープウェイはまだ乗ったことがありません。
「乗りたい!」
とのことで、早速検索。

・・・すると、早朝ロープウェイなる企画を発見。
なんと、朝5時から運行開始とか。
なんだか運気アップしそうな予感^^

子どもたちも乗り気なので、仕事の調整をして、
4日(日)、3時40分起きを決行!! (3時半にしない当たり、ちょっとでも寝たいという思いがあります。)
車を運転するのは、もちろん私。
そして、今回も相棒スペーシアくんに頑張っていただきます。

高速道路で眠くなったらどうしよう、という不安も掻き消え、
実行できたうれしさと、子どもたちの命を預かるドライバーとして使命に燃える私。

「すっご~い! 星がきれいだよ~!」
とはしゃぐRIN
見たいけど、見られない。高速運転中の私。
RONは、すやすや眠っております。

そして、無事到着。
6時6分の日の出が、那須岳から見られました!
たたなづく青垣、紫立ちたるとりどりの色彩。
(なんとなく、古文調になってしまふ。いとおかし。)
そこから鮮やかな朱の太陽。

那須ロープウェイの入り口はなんと、2℃。
しかと防寒対策をしてきましたので、大丈夫^^
ロープウェイで、さらに頂上近くへと昇りました。

山肌が、朝日に照らされて赤く染まっています。

ロープウェイの出口を出ると、
ベンチが霜で真っ白。
数ミリあるので、まるで雪のようです。
そこに、各々名前を指で書き、手形を押してみました。

ロープウェイは、お客さんを見ながら順次運行されます。
「6時の次は6時20分です。」というアナウンスがあったので、ゆっくり移り変わる景色を見ていたら、
「お客さ~ん、次は6時10分にしま~す!」
と、女性スタッフが呼んでくださいました。
そしてにこやかにチケット売り場で出迎えてくださり、とってもうれしくなりました^^

ロープウェイ出口でも、展望台に行こうとドアを開けようとすると・・・あれ?開かない。
すると、すぐさまドアを開けてくださるお兄さん。
「ここは重くて開けにくいんですよ。」と。
売店のお兄さんでした。
男性にドアを開けていただいたのなんて、何十年ぶり?
なんて神対応!

清々しいのは空気や景色ばかりじゃなく、
スタッフさんもでした。
待合室で、買っておいた🍙を食べて、
売店でホットミルクを飲んで、ロープウェイで下山しました。

帰りの坂道は、陽に照らされて、紅葉した木々が美しく青空に映えていました。
朝早かったので、渋滞も全く関係なしで、スイスイでした^^


その後、千本松牧場へ。
子どもたちはぐ~すか眠ってます。私も寝たいよ~。
牧場に無事到着し、
9時からなので、車中で私もちょっと仮眠。

千本松牧場では、子どもたちがアーチェリーを楽しみました♪
私もやってみたいと思っていましたが、
もう眠さには勝てず、見守りに専念。

その後、動物ふれあいコーナーに行きましたが、
二人に任せて、私は再び仮眠を取りにスペーシアくんの元へ。
1時間ほど眠れたので、これで帰りの運転もバッチリです。


牧場からほど近い、林の中の「よし野」というお蕎麦屋さんでお昼。
こしがあるお蕎麦。軽い口当たりの野菜天ぷら。
おばあちゃんの味のしみた大根。きゅうりのお漬物。
かなりのお歳のようで、お客さんがセルフで運びます。

そこに掲げてあった額の中の言葉。
「楽しくてあきないから商い。
 笑顔で笑売。だから人が集まる。
 お金の為だけでは傷売になってしまう。」
というようなことが書かれてありました。

どの仕事にも通じるなぁ・・・と思いました。

再び千本松牧場へ戻り、温泉に。
お昼から、極楽気分^^
露天風呂には、舞い降りてきた紅葉の葉。

美味しい千本松牧場牛乳、飲むヨーグルト、コーヒー牛乳(砂糖なし、乳糖入り)を
お風呂あがりに飲みました。

「なんだか二日分くらい遊んだ感じ~。」
ほんとだね。
一日が長く有意義に感じられました。









Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中2の娘
RON・・・小6の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR