FC2ブログ

Entries

介護の負担

最近、母のADL(日常生活動作)が低下してきていた。

朝着替えられないからと、デイサービスを休む。
デイサービスに行っても1時間で、具合が悪いから自宅に帰って休みたいという。

嚥下困難。むせるようになった。
声が出しづらい。
身体の痛み。
歩行困難。

むせる以外、それらの症状は以前からあった。
それが、以前にも増して辛くなったとのこと。

身体の痛み(左足股関節椎間板の減少)は整形外科へ。
嚥下障害を診てくださる歯科医を探し、通院。
左足の皮膚・爪の角質が厚くなった為、皮膚科へ。

そして昨日は仕事を休み、一日がかりで大学病院にて診察・検査。
MRIを撮ったところ、新規脳梗塞などの病変は見当たらなかった。
まずは良かった。

母は妹と同居していた頃、パーキンソン病と診断されていた。

だが、2年前に母を私の近くに転居させて精密検査をしたところ、数値が良くなった。
パーキンソン症候群とされ、パーキンソン病ではないと診断された。

今回は自然経過での症状悪化とのこと。

まずは良かった。

だが、これからも自然悪化の可能性がある。

母は素直に喜び、「これからもっと元気になって、おねえちゃん(私のこと)の家事も手伝ってあげる」と言う。
一番は、本人の良くなりたいという希望があること。
希望があれば、細胞もその方向に向かって行く。
きっと。

私は、あまり介護をし過ぎないように気をつけようと思った。
もちろん、今回も必要なことではあったけれど。
母も疲れただろう。
しかし私も相当疲れた。疲れて顔や腕の皮膚がピリピリ痛んだ。
大きな病院の中を、受付、車イス介助、歩行介助、待合室、売店、数回のトイレ、血液検査、MRI検査室、着替え介助、会計まで済ませると、時計は5時を回っていた。
そして長時間車を運転して部屋まで送迎。

自分が家に辿り着くと、私は牛乳をこぼしたり、食品を落としたり。
あまりの疲労で、何気ない動作まで不安定になった。
つくづく車の事故でなくて良かったと思う。

メールで友だちにグチを聞いてもらう。
それだけでも疲れが軽減する。
有り難い。
感謝。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中2の娘
RON・・・小6の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR