Entries

家族って・・・?

家族ってなんだろう?

最近、それを考えてしまいます。


子どもが幼い頃は、休日は家族みんなでおでかけしていました。
子どもの成長を夫と共に喜んで、
写真もビデオもたくさん撮りました。

・・・・・・でも、子どもが小学生になると、
だんだん家族でおでかけすることが減ってきました。
写真もビデオもあまり撮らなくなりました。

無邪気にカメラの前でポーズをとっていた子どもたちは、
写真を撮られることを嫌がるようになりました。


日々家庭のに居る私は、子どもたちとの時間が持てますが、
夫は子どもと時間が少なくなりました。
それでも、夫は寝る前にRONに本を読んであげて時間を共有しています。
夫と子どものことで話し合う時間がほとんどなくなりました。

残業でいつもより1時間でも遅く帰ってきた時の夫は、普通の会話すらありません。
仕事が大変なのでしょう。


子どもたちは私とばかり話したがります。
子どもたちのことをきちんと理解しないで、夫の思い込みで子どもを叱る為、
子どもからの信用が薄らいでいます。

だから、夫は私が気に入らなくなります。
私が子どもたちを叱っていると、「お前が悪い」と言います。
子どもがそうなってしまったのは、お前の普段の行動が悪いからだ、と。
RINが病気になったのも、私がいけないからだ、と言われてしまいます。
病気のことを真正面から知るのが怖いのか、
お医者さんのことを悪く言うことさえあります。

お皿を洗ってくれたり、洗濯物をたたんでくれたり、私が忙しくしていると手伝ってくれる夫です。
休日は率先して料理もしてくれます。

でも・・・・・・。
子どもたちや私との心の距離が遠いです。


夫が家族の中で疎遠になっているのを感じます。
私のことを非難されるのは、とても辛くて悲しいです。


家族ってなんだろう?


Comment

NoTitle 

思うことは同じだなって思いました。
私も時折、夫のことをそう感じることがあります。
お互いのバイオリズムもあるのかもしれないけど、本当に嫌になることもあります。難しいですよねぇ。。。
何のアドバイスもできませんが、、、。

子供も大きくなってきて、私の手を離れてきて、ちょっと思い始めたのは、自分も次のステージに立つ時期かなと。
そして、それに向かって、自分も準備をしようかななんて思い始めました。
どこかのブログで、親が何でも先回りするより、足りないくらいがいいなどと書いてるのを読んだこともあります。子供に、きちんとやることを求めすぎずにいきたいなぁ、、なんて最近は思ったりします。それが難しいんですけどね。
  • posted by sachi 
  • URL 
  • 2017.09/19 22:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

悩んだら極力シンプルに考える。
差し出がましいようですが、そんな私が、自身の経験からアドバイスさせていただくなら、記事に綴られているはあとちゃくらさんのお気持ちをご主人に伝え、腹を割った話し合いの機会を持つことが肝要だと思います。

子の成長に連れ、その接し方であり家族の生活やあり方も当然変化すると思いますし、そうした変化に応じて夫婦としての考えやあり方も夫婦間で都度コンセンサスを図っていく必要があると思っています。

そんな私も今からちょうど1年前、夫婦間の意識すり合わせの必要性を感じ、さおに夫婦の話し合いを持ちかけました。
お互いどんな関係を望んでいるのか、相手の気持ちを理解し、尊重し、より良い関係を築くために、子供達が寝静まってからの時間に軽くお酒でも飲みながらリラックスしてゆっくり話し合いませんかと。
そして、結婚して一生一緒にいることを誓った唯一の愛するパートナーなのだから、思い切り素直に話し合いませんかと。

そうした話し合いを持ったことで、お互いが心満たされた気持ちになり、以前よりも良好な関係を築くことが出来たと互いに感じていますし、家族の変化に応じて夫婦はそうした話し合いを重ねていくべきと感じています。

家族ってなんだろう?という問いの明確な回答は私ではわからないけど、非難されるのがとても辛くて悲しいと感じているなら、それを伝えるべき。
心の距離を感じているなら、それを縮める必要性を伝えるべき。
それが父と子の心の距離であれば、母の立場からそれを縮めるサポートをすべき。
シンプルにそう思います。


以上、記事を拝見し私が感じたことを一気に綴りましたアハ(笑)
勝手なことばかり言って、ゴメンなさいね(^^)
あくまで私見ですので、あまりお気になさらず(^^)
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2017.09/20 00:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

sachi様 

コメント、どうも有難うございます。
共感してくださるだけで救われます。

友だちで、離婚を決意した人がいます。
他人事ではないと感じています。
具体的に離婚したいとは思っていませんが、仕事上の嫌な事を私にぶつけている気がします。
私が何をやってもけなされる時もあります。

私自身、夫への労いが不足しているのだとも思っています。
夫婦で、お互いの大変さをもっと共有したらいいのでしょうね、きっと。

「自分も次のステージに立つ時期」ということ、私もとても感じています。
夏休みから徐々に仕事を増やしていて、仕事での充実感を感じています。
仕事で客観的な立場に立っているので、子どもに対しても少し客観的に見られたらいいなぁ・・・と思っています。

無邪気な頃とは違って、いろいろと思うところはありますね。
母として、妻としての第2ステージなんでしょうね。

sachiさんからのコメント、とても心に沁みました。有難うございました。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2017.09/20 10:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

ごめんなさい。よしくんからのコメント、とてもよくわかります。
私自身、それはやってきたことです。

でも、それだけではうまらないんです。

ずっとずっと悩んできて、ここには書けないことも悩んでいるんです。
悩んでいるときに「べき」という言葉は、とても痛いです。

よしくんみたいに、仲間とワイワイできる男性ならばもっとシンプルなんでしょうけど、うちの夫の場合、よしくんとは正反対なんです。

お忙しい時間の合間にコメントくださって、本当に有難うございました。

  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2017.09/20 10:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中2の娘
RON・・・小6の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR