Entries

7月・・・未来への展望

7月になりました。

RINの気持ちの悪さ、めまいは相変わらずとれません。
ピロリ菌が除菌できたとしても、
胃の炎症はすぐにはひきません。
火傷がすぐには治らないように。

そして、めまいは・・・・・・。
ピロリ菌が原因であってほしい、と思う反面、そうでなかったときのことも考えておかないと。

めまいの方のブログを見ると、
ウイルスヘルペスが原因でめまいが起こるということが2007年にわかったそうですが、
日本では保険適用されておらず、数万円の薬代金がかかるとか。
関東でもわずかながらその処方をされている病院が見つかりました。
ウイルスヘルペスの検査はその病院でないとできないのか、
現在の病院に相談したいと思います。

頚椎が原因でめまいが起こることもわかりました。
脳のMRI異常なしで安心はできない、ということになります。

リハビリで治す治療法は、小脳をめまいになれさせ、正常にしていく方法です。
これは、本を買ってしばらく実践していましたが、胃炎の悪化により中断してしまっています。
胃炎が最悪事態より若干よくなってきているので、
これは何とか再開させたいです。


病気が身体だけでとどまってくれればいいのですが、
やっかいなのは、体調が悪いと気分も滅入ってしまう事。
私自身、中学時代、腎炎で長患いしていましたので、
それは身をもってわかっています。

しかしながら、RINの場合、私より辛いだろうと感じるのが、
文字が読めないことです。
絶えず起こるめまいにより、思考することも困難、という点です。


めまいは、人によって治癒期間が全く違うこと、
そして予測不可能なこともわかりました。

できれば、夏休み前に治ってほしい。
そうすれば、夏休み期間に勉強の遅れを取り戻せる。



・・・・・・しかし、考えたくなかったことですが、
そうでないこともあります。
その考えたくないことを、頑張って考えてみました。

まず、今在籍している中学の勉強の難度が高く、量が多いこと。
RINが最も心配していることはこの点です。
授業は面白いし、友だちもできたから通いたい。
でも、ついていけないのではないか。

すっきりと治ったならば、何とか追いつくことも可能性としてありますが、
めまいが軽くなっても残っている場合、かなり困難なことです。
そして、めまいがほとんど良くならない場合は、
難しい勉強ということ以前に、教科書レベルの理解が困難になります。


病虚弱児の為の支援学校というのがあります。
入院や慢性疾患による通院の場合に在籍し、
病気が治ったら元の学校に復学できます。

この学校の存在は以前から知っていましたが、
5月の段階では、そこへの転学をRINが嫌がっていました。
現在在籍している中学は、本人が希望し、その希望が叶って晴れて合格した場所です。
(あまり受験勉強せずに合格したので、入学後、他の子の勉強量の凄さに驚かされましたが・・・)
4月当初は、「授業が面白いんだよ♪」と、長い時間うれしそうに話してくれました。
そこに通いたい、少しの時間でも授業を受けたい、と頑張っていました。

しかし、事態はこのまま長期にわたってこの病気と付き合っていく覚悟も持たなければならない、
というところに来ています。
RINが文字が読めないほどの絶え間ないめまいを抱えている、という状況を理解してもらい、
それに見合った学習方法を模索してもらえるところに在籍するのが妥当なのだと判断しました。

月曜早々に、その学校に相談しようと思っています。



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR