Entries

RIN、咳喘息

小学校の時は皆勤に近い状態で、インフルエンザくらいしかかかったことがなかったRIN

そのRINが、咳喘息になってしまいました。

中学校の授業が始まり、
「授業、楽しい♪ 先生ね・・・・・・。」
と、たくさんその日のことを話してくれていたRIN

咳が出始め、のどが痛いと言い出し、
単なる風邪だろうと思っていたのですが・・・・・・。

日に日に咳がひどくなっていくRIN
帰宅したRINの様子に胸が騒ぎ、
この咳の出方では、今夜は眠れなくなるかもしれない、と感じた私。
パソコンで呼吸器内科を調べていたのですが、既に時間は午後6時。

夕食をすませ、雨が強くなっていく中、夜間診療所へ向かいました。
咳が1週間続いていたので、痰切りと抗生物質が処方されました。

翌日、呼吸器内科へ。
「肺炎でなかったら、喘息でしょう。」
と言われ、レントゲンや血液検査、尿検査をしました。
普段70前半の呼吸数は、100前後まで上がっていました。
レントゲンの結果、肺炎ではなかったので、喘息治療が始まりました。

食欲の急激な低下により、水分も満足にとれなかった為、脱水状態になっていました。
診断名は「咳喘息」。
喘息と違って、ヒューヒュー、ゼイゼイなどの呼吸音はありません。
咳喘息の3割は気管支喘息になってしまうことがわかりました。

弟のRONは、2歳の頃から喘息治療をしています。
その喘息よりは軽いのだから・・・・・・、と思っていましたが、
ゴールデンウィークになっても、体力が戻りません。
咳は薬が効いてかなり少なくなりました。

咳喘息と診断されてから、もう3週間。
ゴールデンウィーク中も身体のだるさを訴え、椅子に座るのも辛い様子。
脚を下に下ろしているのが辛いとのこと。
毎日眠さが強く、12時間も眠っていました。
一緒に居る私も、胸がつまってきます。

連休中、RONは楽しみにしていたので、転校前の自宅に夫と戻りました。

連休明けを待って、漢方医のところへ。
気の流れをよくする薬を処方していただきました。
じっくりと45分もかけて問診をしてくださり、それだけで気持ちが安らぎました。

今日は、3時間目から登校できました。
昨朝よりは、ほんの少し良くなったようです。

しばらくは車で送迎します。







Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR