Entries

成長の糧に

昨日の記事を読んでくさださった皆様方、有難うございました。
また、あたたかなコメントをいただき、勇気づけられました。
本当に感謝しております。

親として、もっとできることがあったのではないか。
私が思っていた以上に、先生にご迷惑をおかけしていたのではないか。

学校に相談して、子どもたちの成績に影響したら申し訳ない。
(言われた先生は、二人の子たちの一教科ずつ担当されているので。)
・・・いや、そう考えているのは、娘の受検に響いたらどうしようという勝手な思いなのでは。
私にとっては二人とも大切な子ども。

昨朝、登校前に
「授業中、ちゃんと先生の話を聞くんだよ。」
RONにハッパをかけるつもりで(自分の安心のためだったのかもしれませんが)
言ったところ、いつもは「わかってるよ!」などと言い返してくるRON
涙ぐんで寝転がっていたことも気がかりでした。


熟考はできませんでしたが、
体罰アンケートに書く、という無難なことを選ぶことで
自分を、自分だけを納得させようとしていたのかもしれない、と思い、
今日のRONの様子を担任の先生にお聞きしてみようと、受話器を取りました。

担任の先生は、何かありましたか? と聞いてくださり、
「ある先生が」と言って、事情を説明しました。
私が考えていた以上に先生にご迷惑がかかっていたのかと思い、申し訳ありません、と話すと、
どの子もずっと集中して聞くことなんて難しいんですよ、
子どもを育てるのが仕事なんですから、迷惑ではないですよ、と言ってくださいました。

とても真摯に聴いてくださり、
「私自身、RONくんは可愛いから、と軽く言ってしまっていることがあるから申し訳なく思っています。周りの先生方からも、とても可愛がられているんですよ。辛い思いをさせてしまって申し訳ありません。」
とお話ししてくださり、
学期末でテスト続きだったこと、
新しい単元も未消化のままテストしてしまったので、クラス全体、テストの点がよくなかったこと、
進め方が悪くて反省されていることも話してくださいました。

私は、もっと見てあげればよかったと自分を責めていたので、
頭が整理することができました。
そして、突然の電話にもかかわらず、ご自身のことに置き換えて考えてくださる担任の先生を尊敬いたしました。
「良い担任の先生で幸せです、感謝しています」、とお伝えしました。

どのようなご判断をされるかは、お任せいたしました。


昨日、RONは元気よく帰宅し、お友だちと遊びに行きました。
自主学習の算数にも、気落ちすることなく取り組めました。

そして、なんと今朝は、自分から算数のドリルをしていました。
こんなことは初めてです!!!
もしかすると、算数ドリルの進み方が他のお子さんより遅かったのを心配して、
追いついておこうと思ったのかもしれません。

RINも、普段どおりバレエのレッスンをがんばっていました。
バレエが終わると、帰宅するのは7時半。
いつもは宿題をやっただけで寝てしまうのですが、
昨夜はその後2時間くらい自主勉強をしていました。


子どもたちにも、親にとっても嫌な体験でしたが、
子どもたちは、これを糧に成長しているようです。

記事を読んでくださった方々、改めてお礼申し上げます。
有難うございました。


Comment

 

こんにちは。

信じられないような先生の発言に対して、
冷静な対応すばらしいと思いました。

担任の先生も良い方のようなので、
今後、改善すると良いですね。

嫌な事の後にはいい事があると
よく言います。
はあとちゃくらさんやお子様たたちに
いい事が起きる事を願っています!
  • posted by Uki44 
  • URL 
  • 2016.09/29 23:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Uki44様 

返信遅くなり申し訳ありませんでした。
あたたかなメッセージ、感謝いたします。

冷静・・・だったでしょうか?
いまだにふと気づくと自問自答してしまいます。
流石にその日の当日は冷静になれず、RONの宿題を見てあげられず、夫にお願いしてしまいました。
その日の夜も熟睡できなくて・・・・・・。

当日は、その発言をした先生に対しての怒りがこみ上げ、自分自身が親としてもっと家で見てあげていれば、そんなふうに言われなくてもすんだのではないか、と自分を責めておりました。

翌日は少し落ち着けましたので、クレームというよりも普段のRONの様子を聞くということで電話してみようと思いました。

結局、翌々日(担任の先生にお話しした翌日)に副校長先生より謝罪の電話が入りましたが、私ではなく、辛い思いをしたのは子どもたちです、と申し上げ、先生方に感謝をお伝えしました。結局、ご本人とは直接お話しできておりません。

RONに聞くと、その先生がいつもサブとして入っていた授業にはいらっしゃらなくなったそうです。
RONにもその先生からの謝りの言葉はなかったそうです。
私は、そういうことを望んだ訳でなないのですが・・・・・・。
もやもやしつつも、そうすることが学校現場の常なのかもしれないと思っています。

「嫌な事の後にはいい事が・・・」
本当にそうですね^^
あたたかなお言葉に救われます。
有難うございます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2016.10/04 09:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

前の記事の先生の心無い発言。
実際は,ときどきそういうことがあると聞きます。
うちの子どもたちも心無い先生のような無関係な姉弟への発言まではないにしても理不尽なことにあうこともあるようです。学校に通えば,友達だけでなく,先生の影響も受けますよね。
正しいかどうかわかりませんが,私は,子どもたちに「先生がすべて正しいわけではない。もちろん,お父さんやお母さんもすべて正しいわけではない。お父さん,お母さん,先生にとって正しくてもあなたにとって正しくないこともある。だからわからなくても一旦自分で考えなさい」と言います。
あとは,子どもたち自身がどう判断しても子どもたちの糧になるのかなと思います。
冷静に聞いて,子どもたちが間違っていなければ,間違っていないと伝えることが必要と思っています。
子育てってやっぱりたいへんですね。楽しいことも多いですね。

  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2016.10/19 16:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

自分自身で判断する力を育てていらっしゃるBinaさんのお考え、素晴らしいですね。
親がいつも盾になることなどできませんし、自分が考え歩んで行くことが大切ですものね。

今回、私が学校側に伝えるべきかどうか悩みました。
最終的には、一方的にその先生を責めるのではないようにしてお伝えしよう、と思いました。
RONが先生方にお世話をかけてすみません、こういうことがあり心配しています、というふうな形で。

RON自身には、その先生がそう言ってしまったことはよくないと思う。けれど元はと言えば、RON自身がきちんと授業を聞いていなかったのだから、授業をしっかり聞くようにしよう、と言いました。
RONにはいい薬になったようで、翌日はとってもよくやっていたと担任の先生からコメントをいただきました。

ただ、当の先生とは私もRONも直接その件について話ができず、副校長先生から私に儀礼的な謝罪があっただけでした。(管理職に誤ってほしかった訳でなないのですが。)
それに関しては腑に落ちないところがあります。
悪いと思ったら直接本人に謝るように、子どもには教えると思うのですが、ね。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2016.10/22 09:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR