Entries

のんびり行こう

介護疲れでパンク寸前。
・・・もう、パンクしていたのかも。
だから、激しい頭痛に襲われたようでした。


治癒寸前だったのに悪化してしまった頚椎。
診察とリハビリに行った後、テルミーもかけていただいてきました。

私の為に人様が労力を使ってくださる・・・・・・
なんて有り難いことなんでしょう!!!

誰かの為に何かしてばかりでは、自分が無くなってしまいます。

自分の為に時間やお金を使い、
人様の手を借りることで、私は私に戻れたように感じました。

そして、自分の家庭と母の介護の時間を
きちんと線引きするようにしよう、と、強く心に決めました!

優先順位は、自分の身体であり、自分の家庭。
それを間違ってしまうと、みんなが幸せでなくなってしまいます。


「100分de名著」というEテレの番組で、カントの『永遠平和について』を取り上げていました。
国と国との間にも法律をつくれば、世界が平和に暮らせる。
その法律とは、例えば
「うそをついてはならない」という「内容」のものでよいのだろうか。

もし夫に暴力をふるわれている妻が友人のところに逃げてきて、
その後、夫に「妻が来ているか?」と尋ねらたらどうしたらよいのか。
うそをつかずに答える方がよいのだろうか。

この場合、誰もが納得できる方法をとればよい。
「来ていない」と言うことで、妻は夫からの暴力に逃れることができる。
このように、誰もが公平で納得できる方法をとることが「形式」である。

カントは、悪魔でも理想の国家がつくれる、と言っていました。
欲深い悪魔は、一つのホールケーキをめぐって争いになる。
そうならないようにするには、
「ケーキを切った人が最後に残りのケーキをとる」
という法があれば、誰もが平等にケーキを受け取ることができる。
ケーキを切り分ける場所が密室でなければ、必ず公平に分配される。

う~ん。納得。カントって凄いことを考えた方なんですね。
こうしなければならない、という縛りではなく、どうしたらみんなが納得するか。
これは、日々の暮らしでも取り入れられそうです。


同じくEテレで、べ二シアさんの暮らしを紹介しています。
京都大原に住み、ガーデニングを楽しみ、自家製ハーブを暮らしに取り入れている方です。
自然を大切にし、人々が手作業でつくることを大切にしていらっしゃる方です。

そのべ二シアさんのエッセイから

「明るい面に目を向ければ、どんな困難も学びになります。」

「頭も心もオープンにしていれば、どんな変化があっても、人生の本当の道筋が見えてくるでしょう。」



自分だけがこしらえた定義に縛られることなく、
私も自分を開いて、本当の道を探して歩んでいきたいです。


昨日の台風で一日延びた登校。
二人とも、今朝から元気に小学校に行っています。

北海道や東北での大雨による被害、胸がつまるような思いです。
どうぞ一日も早く、元の生活が送れますようにお祈りいたします。

Comment

NoTitle 

こんにちワイマール憲法!はあとちゃくらさん^^

そうそう。オープンにできることや思いってのは出来るだけオープンにした方がいいと思います(^^)

私事ですが昨日、職場で他部署の課長から上長が動いてくれず困っているという相談を受けたのですが、それこそまさにオープンにされていない先行水面下で進めている案件だったんです。

私が彼に指示したのはまず案件をオープンにし共有すること。それにより上長含め各署の責任の所在を明確にすること。
あわせて伝えたのは、組織で稼働してる以上、ひとりで抱え込むようなことは何一つ無いということ。迷った時こそその判断のために物事をとことんシンプルに捉えること。

なかなかオープンにできなかったのは彼の人に対する優しさなのですが、私個人としてはそんな彼の良さをあらためて感じた出来事でした(^^)


私の狭い世界の話を例えにするのは失礼と重々承知してますが、社会や地域、家庭においても同じように思うんですよね(^^)

ま、行き着くところは、気楽にいこうぜ!ですよ(^^)
まとめが軽くてすみません!(笑)


追伸
今日は昨日相談された事項に関連して、彼の上長から工場長から組織として動かざるを得ない社内システム文書を私から発行するつもりです。
相談くれた彼を、ここで失敗させるわけにはいかないですからね^^
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2016.09/01 08:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

お忙しい中、心のこもったコメントを有難うございます。

よしくんて、ほんっとーーーーーーに優しくて、心がひろく深い方ですね。
その方も、そんなよしくんだからこそご相談されたのでしょうね。

よしくんのお仕事でのご活躍は、よしくんのその柔軟な発想からもよくわかります。
私も、少しでもよしくんを見習いたいです。

よしくん、本当に有難うございます。
あったかいパワーを有難うございます。
きっとそのお仕事も、成功間違いなしですねっ☆☆☆
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2016.09/01 09:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

お久しぶりです。私も続けての手術の後しみじみ、自分が健康であることがかみさんの健康につながることを感じました。今まで健康に気を配ったこともしていなかったのですがこの頃は、気をつけてやっています。
  • posted by よたろう 
  • URL 
  • 2016.09/01 10:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

よたろう様 

こちらこそ、ご無沙汰いたしました。
入院や手術は、当のご本人もお辛いでしょうが、ご家族の心労もおありになったことでしょうね。
よたろうさんも、奥様も、ご健康で過ごされますよう、心よりお祈りいたしております。
お二人そろって生活できるということは、何物にも代え難い、お幸せなことですね。

まだ残暑が厳しいですので、くれぐれもご自愛くださいませ。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2016.09/03 21:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは。

体調の方はいかがでしょうか?

いつもいただいているコメントから、
はあとちゃくらさんはすごく優しい方なのだとおもっています。

優しいコメントで幸せにしていただいている私がいうのも何ですが、

まずははあとちゃくらさんが元気で幸せになってほしいと思いました。
  • posted by Uki44 
  • URL 
  • 2016.09/06 02:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Uki44様 

思わず涙ぐんでしまいました。
そんなふうに言っていただいて、感謝いたします。
母の介護を通して、自分自身に自信が持てなくなっておりました。
Uki44さんの言葉、有り難く、有り難く受け取りました。
お陰さまで、体調はだいぶ良くなってきました。もう無理はしないように気をつけます。

Uki44さんこそ、なんて優しい方なのでしょう。
お忙しい毎日の中で、あんなふうに優しい視点でお子さんたちをみていらっしゃる・・・・・・。
そして、私にも、そのような柔らかなお言葉をかけてくださる。
本当に有難うございます。

うちの子は小4男子と小6女子となり、娘はカメラを向けると嫌がります。
息子の方は、まだ撮らせてくれますが・・・。
Uki44さんのブログで、こうやんくん、ゆうやんくんを拝見すると、私自身も、もっと子どもが小さかった時に戻れるようで、幸せな気持ちになります。
小学生になると、手がかからなくなっていく反面、だんだんとやらなければいけないことが増えていき、口うるさくなってしまっている自分がイヤになることもあります。
子育てを楽しめるゆとりを持ちたいです~。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2016.09/06 15:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR