Entries

それぞれの書

いつも、月に一度の書道の前に、かなりグズるRON
書道だけでなく、レゴ以外のことに時間をとられるのがイヤなのです。
(身体を動かすことや、生き物のことについてはレゴ同様、
ノリノリではありますが。)


そんなRONに、
土曜か日曜に書道をやってね、と声をかけておきました。
日曜に書道をやる、と自分で決めましたが、
日曜の朝、「何時にやるの?」
と、時間も決めさせました。
「5時」と、レゴをやりながら答えました。


子どもたちがインフルエンザのとき動き過ぎたせいか、
その後、体調が思わしくなかった私。
一日の大半を布団の中で過ごしておりました。

そんな私に、RONは、
「やっぱり、早くやることにする。終わったら、パソコン見てもいい?」
インターネットで、レゴを検索して、海外の大人の凄い作品を見たいようです。

相変わらず、布団の中で応答した私。

・・・・・・。
やけに静かです。
・・・・・・。

本当に書道をしているの?
という思いが湧いてしまいました。


しばらくすると、
「ママー、見てー。」
と、書いたものを持ってやってきました。

s-DSCF8616.jpg

私は、ちょっとでも疑ってしまったことを恥ずかしく思いました。
文字からも、とても落ち着いて書かれていたことがわかりました。
「『る』が、特にいいね!」
「うん! 前に書いたことを思い出して書いたんだ。」

足元には、「明」という字をことさら練習した半紙がありました。
難しい文字を、自分なりにがんばったようです。
以前、書きにくい文字だけを取り出して、集中的に教えたことがありました。
それを、自分なりにやったようです。

去年の夏あたりから、文字を書くことが嫌いになってしまったRON
ノートの文字が雑になり、
書道もやめたい、と言っていました。
やめてしまうことは簡単だけど、
月に一度くらいは続けてほしい、
そして、少しでも、以前あんなに好きだった「書く」ということを思い出してくれたら・・・・・・。
そんな思いでおりました。

落ち着いた心持ちを、レゴ以外でも自分から持てたことに、
心の成長を感じました。
この日の2日後、RONは9歳になりました。



栃木に来て、初めて書初めを出品したい、と言い出したRIN
始業式の前夜9時までねばって書きました。
引越前に居た県では、書道を習っていなくても出品すれば銀賞がもらえるという、大盤振る舞い。
始業式の朝までねばって、特選をいただいたこともありました。

しかし栃木では、銅、銀、をいただくのも難しく、
夏は銅の下の奨励賞でした。

今回も、奨励賞がいただければいいね、と話していました。


結果は、「銅賞」。

s-DSCF8619.jpg
s-DSCF8620.jpg

「学校には、銀賞をとれた人もいた」と、ちょっと残念そうでしたが、
私は、気持ちが込められたRINの書道が好きです。

書には、気持ちが宿るなぁ・・・・・・、
と、つくづく感じました。

Comment

NoTitle 

RON君もRINちゃんもすごく上手ですね。
いつもしっかり練習をされているので成果が
出てきている感じですね。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2016.02/19 00:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

いえいえ・・・月に一度はやろうね、ということで続けている書道ですから・・・・・・。
私自身、小学校の3、4年生の間だけしか習っていず、何年も、何十年も続けていらっしゃる方の書を見て、素晴らしいな、と感じておりました。
その反省もあり、細々でもいいからやめてしまうより続けていよう、と言っています。

Binaさんの書は、やはり素晴らしいです。練習量がまるで違うと感じます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2016.02/19 09:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR