Entries

前途多難

今日で学級閉鎖が終わるRON

宿題やりたくない、と泣き叫んでおります。
少しずつはやってはいたものの、
「勉強」と聞いただけで拒否反応を起こしてしまうRON
ほとほと困ってしまいます。


宿題に関しては、いろいろと思うところはあります。
しかしながら、学校の授業で何をやっているのか、
授業の意図は何なのか、ということは、宿題を通してわかることもあります。
極論してしまうと、宿題がいらないのは、何もしなくても授業についていけている子どもたちだと思っています。

授業にやっとついていっているRONにとって、
宿題をとおして、家で復習をしないと、以前やったことを忘れてしまっているのです。

公立の義務教育では、先生はできる限り多くの子どもたちの底上げをしなければなりません。
公立ですから、家庭環境も様々ですし、個人の能力も様々です。
私立学校や塾に通えるお子さんたちは、経済的にかなり恵まれているのです。

現在、奨学金をもらっている大学生は2人に1人とのことです。
私が大学生だった頃と比べて、大学の授業料は2倍以上にもはね上がっています。
それなのに、お給料は2倍ではなく、かつての時代よりもいただけなくなってしまっています。


近年、首都圏では公立離れが起きてしまっていました。
そこで文科省は公立中高一貫校をつくり、
さらには都立の小中高一貫校をつくろうとしています。

あくまで私見ですが、
今までのように横並びで進級進学していくこと自体が、
時代に合っていないのではないか、と思っています。
西洋のような個人主義がなかったからこそ、今までは皆平等、が成立していました。
ここまで欧米化が進んでいる現代。
公教育だけが今までのままでいいとは思えません。
もっと、多様なカリキュラムが、小学校のうちからあっても良いのでは、と考えています。

もし、小学校に入学できる時期も選べるとしたならば、
RONには、あと1年、幼稚園生活を送らせてあげたかったと思います。
その方が、彼に合っていたと思います。



私は、首のヘルニアの痛みに加えて、
一昨日から時折り歯が痛み、
昨夜は、眠りながら歯の痛みで度々目が覚めてしまいました。
小学生時代に治療した歯からの痛みのようです。
新しい保険証がまだ届いていませんが、
意を決して歯医者に行こう、と思いました。
が・・・・・・
今日は木曜日。休診でした。

自分のことだけでさえ辛いのに、
RONのグズリに付き合っていられません!!!



RONくんは、こんなに一人でレゴを作り続けられるのは、すごいことなんだよ。
 教科書に書いてあることがわかるより、難しいことなんだよ。
 自分でレゴ作品を作り出すことは、 
 パパも、ママも、RINちゃんもできないことなんだよ。」

と話し、勉強に対する劣等感を払拭できるように努めてきましたが・・・・・・。


家にRONと二人きりという、両者にとって逃げ場のない密室空間。
誰にもグチを聞いてもらえないので、
せめてここでだけでも、グチを言わせてくださいまし。

はぁ~~~。



・・・と、RONが泣き叫んでいる間、
知らん顔して記事を書いていたら、
RONは自力で泣き止んで、宿題にとりかかり始めました。

Comment

NoTitle 

「宿題やりたくない、と泣き叫んでおります。」
このフレーズは我が家にもぴったりです。
うちは,下の子がこういう感じです。毎日学校から帰ってきたら,こんな雰囲気になっていきます。
仕事がら,今は,相方が平日休みの時があるので,その時は,相方が,一刀両断で「はよ,せい!」と言っています。
相方も私も,子どもたちに無理強いするのはあまり良くないと思って促す程度にとどめていますが,最近は「教育方針を変える」と相方が言って,下の子には,しっかりと指示をします。自分で判断してする状況に至っていないという理由だそうです。3年生のおわりくらいには,促す方針に戻すということでした。
教育も進路も教育環境もだんだん難しくなってきていますね。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2016.02/06 14:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

そうですね。乳幼児期は、ただただ元気に育ってくれればいい、と思っておりましたが・・・・・・。

我が家は、RONに、「何時になったら宿題できる?」と聞いて、自分で時間を決めさせていることが多いです。
学級閉鎖のときは、プリントにびっしり宿題が出ていて、「やらなければいけない、とわかっているけど、気持ちはやりたくない」という心の内側が見えていました。
最初の2日間は、私も本人も気持ちに余裕があったのですが、最終日は、流石に追い込まれてイヤになったのでしょう。
私も、気持ちを落ち着けるために、記事を書かせていただきました。
いいことだけ書けなくてもいいのかな、紆余曲折いろいろあっていいのかな、と。
親も、器を広げていかないといけないな・・・と思いつつ、イライラしてしまう自分がいます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2016.02/06 22:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR