Entries

軌道修正

病気になってから見た、夢を記しておきます。


激痛がまだ治まらず、これからどうなるのだろう、と、不安だった時の夢。

<崖を下りて行く車>
細い道を車で下りて行く私。車一台がやっと通れるような道。
右側は高い崖。
左に曲がれば、ここから抜けられたはず・・・
と、曲がろうとすると、その道は石でできた階段。
このまままっすぐには、とても車では行かれない。
引き返そうにも、道が狭くて、車をぶつけてしまいそう。


車では行かれない道を下っている。
今まで、無理がある方向に進んでしまっていましたね。
そのやり方を捨てる時です。・・・・・・というメッセージ。


遠隔ヒーリングをしてもらった後に見た夢。

<広い理想の庭ではしゃぐ>
今まで何もなかった庭に、
白いテーブルセットが置かれている。
とても眺めのよい庭。
さり気なく、草花もゆれている。
家から、その庭へと、白い道が続いている。
私は、その道をはしゃいで走る。
「こんな庭が欲しかったの!」と言って。

家の別棟の外壁には、窯が二つ付いている。
それで美味しい料理を作って、外で食べられるな、と思う。
古民家を譲り受けたような感じだった。


とても気分よく目覚めた。
うれしさでいっぱいだった。
のびのびと、広い庭で、自然の恵みを受けている感じがした。
・・・・・・そんなふうに、生きてごらん。・・・ということですね^^



しばらく経ってから見た夢。

<無理に階段を下りる車>
郵便を出しに行く。
すると、その駐車場から帰ろうとする紺色の大きな車。
広い階段を下りて行く。
えっ。帰り道は後ろのはずなのに。
と思っている私。


早く仕事に復帰しなきゃ。
今、できることをやらなきゃ。
でも、身体がきつくて、今は何もできない。
・・・と、焦っている時に見た夢。
最初の夢と共通しているのは、車が下に下りて行っていること。
下っているのは、誤った方向、という意味。
しかし、最初の夢では、運転者が自分自身だったのに対して、
この夢では、見知らぬ男性だった。
自分自身の男性性(理論や、行動面)を、客観視できるようになってきた。
道も、広くなっている。
・・・焦りは禁物。帰れる方向に帰りなさい。・・・・・・という意味ですね。


12月1日夜に見た夢。

病院にいる。
RONのことを、担当医ではない白衣の女性が、
「背骨を手術しないといけない。」
と言っているのを、廊下で聞いてしまった私。
私は、「病名をきちんと教えてください!」と言う。
女性は、きちんと教えてくれない。
私は、「私にとっては必要なことなんです!」
と、懇願する。

すると、「背骨が縦に割れていて、手術が必要。」
と、教えてくれる。
ボロボロの背骨のレントゲン写真が見える。
私は、RONの将来はどうなるのだろう。
仕事も辞めなければいけない。
代われるものなら、代わってあげたい、と泣きながら思う。



真夜中に、思わず夫を探して声をかけた。
どうしようもなく、辛い夢だった。
最初の診断書「3週間」の期日まで、後二日。
だが、病状はおもわしくない。
仕事に復帰できるのだろうか。
おそらく、難しいだろう。
私は、どうなるのだろう。
・・・と思っていた時に見た夢。

あなたは、自分の中の子どもらしさ(無邪気さ、純粋さなど)を、
壊してしまっていますよ。
もっと、自由にはばたけるのに。
自分のエネルギーを阻害してしまっています。
その心配事は無益です。・・・・・・という夢。


12月3日朝の夢。

<水攻めにする計画>
小学生の女の子二人が、誰かを水攻めにする計画をしている。
長細い麻のような筒を持っている。
私は、その筒の中に排尿をする。
尿に混じって血痕が見える。


いつまで、自分を責めているのですか。
その考えを、早く捨てなさい。いらないものです。
その入れ物は、攻めるためのものではなく、
自分自身の涙を入れるためのものではないですか?
泣きたい感情を殺しています。
血を流すくらい、エネルギーも感情も痛んでいます。・・・という夢。

朝、起き上がれず、
夫に、「まだ仕事は無理だと思う。」
と、話しました。
涙ぐんで。
・・・・・・3週間で治さなければいけないのに、と、自分を責めていました。
これからどうなるのだろう、と、不安でした。


昨日、後「4週間」という診断書をいただいて、
なんだかほっとしました。
日常生活もままならないのに、仕事は無理だ、と思う気持ちと、
3週間で治らなければいけないはず・・・
と、そうどこかで自分に課していました。

夢が再三にわたって教えてくれているのに、
同じような考えを捨てきれない自分がいます。
・・・あ、そう、また責めてしまってますね。

今まで、走り続けてきたので、ここらで軌道修正。
しっかり止まって見定めて。
そういう大切な期間をいただいたのですね^^
もっと自分を大切にしよう。






Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR