Entries

RIN のお菓子作り

最近の、RIN と RON の様子を綴ろうと思います。
忙しさにかまけて、ほとんど記事にしておりませんでした。

基本的には、二人とも、あまり変わっておりません。
(・・・・・・このまま、ずっとこの根本は変わらない気がいたします。)


まず、RIN

お菓子作りが大すきです♪
作らないと、元気がなくなります。
作らずにはいられずに作っている、というふうです。

お友だちと遊びに行く前に、一仕事。

・・・で、出来たものは・・・・・・、


s-DSCF5770.jpg

ミル・クレープです。( RIN撮影)

タッパーにつめて、お友だち数人と食べたそうです。
「『また作って~♪』 って言われちゃった。」
と、うれしそうに帰ってきました。
生地も、今までより薄く焼けて、自分でもうれしかったようです。
半分は、我が家でもごちそうになりました。
ケーキ屋さんほど薄い生地ではないにせよ、
がんばって薄く焼かれたたくさんの生地が、
クリームと相まって、
おいしかったです^^


そして、こちらは、休みの日に作ってくれたもの。

s-DSCF5780.jpg

洋梨のケーキです。(RIN撮影)

間にも、洋梨が入っておりました。
家にあった果物で作ったので、
「クリームと洋梨で、白と白になっちゃうかな。」
と、心配しておりましたが、
ほんのり黄味がかった洋梨は、
真っ白なクリームにも、さり気なく映えておりました。
洋梨の芳醇な香りと、
純朴なスポンジ生地、
それに植物性にしたクリームのあっさりとした甘さがマッチして、
おいしかったです^^

(洋梨丸ごと1個、全て小さく切ってあったのですが、
 ・・・残りの洋梨を、RONが全て つまんで食べてしまいました。
 果物には目がないRONです。)


動けない私は、
RINとも、ゆっくり過ごせました。
時には、一緒の部屋で寝たい、というRINと、
布団を並べて寝ました。
RINが知らない、
私の亡き父のことや、私の母の若かりし日のことなどを、
寝話に・・・・・・。

RONが、夫と遊びに出かけたときには、
RINの将来についても話し合いました。
「まだ早いよ。」
と言ってはいましたが、
それでも、どのような方向性に進みたいのか、
話し合いました。

バレエは、趣味として続けたいこと。
食品関係の仕事をしてみたいこと。
食品の成分研究ではなく、スーパーでもなく、お店屋さんでもなく・・・・・・。
食品を作ること、考えることはしたいようです。
どんな仕事に就くのか、
その前に、どんな学校で、どんな勉強がしたいのか、
まだ、それはぼんやりしているようです。

あなたらしく生きられるよう、応援しているよ。
それは、夫も同じです。







Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR