Entries

RONの良さ、RINの良さ

もうすぐ最終回を迎えるNHKの朝ドラ、「花子とアン」。
『赤毛のアン』を、初めて翻訳して日本に紹介した村岡花子さんの物語です。

その中で、花子はよく、「想像の翼」をひろげているのですが、
我が家にも一人いるんです。
よく「想像の世界」へと旅立っている子が。


RONです。
ランドセルを置くなり、夢中でブロックで作ったロボットの世界へと・・・・・・。

         DSCF4307.jpg

このオリジナル・ロボットは気に入ったようで、1週間以上経っていますが、壊しません。
ロボットの基地まで作ってます。
肩から出たミサイルは、折りたためます。
手足、羽、いろいろなところを動かすことができます。

小さなレゴの部品を選んで、考えていないかのように、どんどん組み立てていっています。
カマキリ・ロボットと対戦させているのが好きです。
ず~っと遊んでます。
夜になると、しぶしぶ宿題をします。

私が帰ってくると、時々、お話を作って聞かせてくれます。


そんなRONは、
テストで、いろいろとバリエーションのある点数をとってきます。

私は点数よりも、どうして間違えたのかが気になります。
たし算が続いていて、問題がひき算になったときにも、たし算をしてしまったもの。
総まとめのテストで、多様な問題があり、できそうな問題から手をつけたものの、
最後は疲れてやらなかったもの。
国語は、「教科書を見て答えましょう」と書かれているのに、
教科書を見ないで答えてしまったもの。
RONが、どうして間違えたのかを想像すると、
なるほどなぁ~、と思います。

そして、間違えた答えは消しゴムで消さないで、
その上に上部だけセロテープでとめた紙を貼って、正答を一緒に考えて書かせます。


そんなRONが、先日、「100点」をとってきました!
見ると、国語の読解で、授業ではやっていない実力テストでした。
もう、ビックリですっ!
RONくん、すごいね~!習っていないのに100点とれたなんて。」

そう褒めたら、そばにいたRINがむくれていました。
RINちゃんは、いつも100点じゃない。すごい、すごい。」
RINは、いつも「ほめないで~。」と、褒めるのを嫌がるので、
ムズカシイです~。

いろいろなことに器用なRINですが、
私は、それよりも、個人面談で先生が言ってくださった言葉の方がうれしかったです。
RINさんは、性格がさっぱりしていて、誰とでも遊べますね。
 気難しいお友だちと他の子との間に入って、仲を取り持ってくれたり。男子とも遊んだり。」
人間関係をうまく育めることって、これから先も重要です。

・・・それにしても、RONは、どうして国語の実力テストで、
いきなり100点がとれたんだろう。
な~んにも準備勉強をしていなかったのに。
普段の国語のテストでも、そんなに良い点じゃなかったのに。
・・・「想像の世界」で、イメージトレーニングをつんでいた成果かなぁ?

テストは、ある一定の枠の中で答えを出すものだからね。
何点でも、ママはそんなに気にならないんだよ。
よく考えられる心と頭を育んでいってほしいと思っているよ。

RINも、RONも、
それぞれに良いところがあって、成長が楽しみだよ^^

・・・・・・と、母は思うのでした。




Comment

NoTitle 

こんばんは。
イメージをできるのはほんとに大事な能力ですね。
イメージできないといろんなことがその場しのぎになりますもんね。イメージできない100点よりもイメージできる70点の方が今後につながると思います。
何かに熱心になつる。夢中になるって言うのはとてもいいことだと思います。
RINちゃん,難しい年頃なのでしょうか。うちの真ん中の子も下の子を褒めると,「私だって・・」と言います。
「真ん中の子のことはいつもみているよ。あなたは何も言わなくても気を利かしてしてくれる優しさを知っているよ」と言ってあげると,満面の笑みをうかべます。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2014.09/30 23:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

返信遅くなり、すみません。
「イメージできない100点よりも、イメージできる70点の方が、今後につながる」・・・名言ですね~。
そういうことを私も言いたかったんだ、と感じました。流石はBinaさんです。

そうですよね。パターンで解き方を覚えて100点をとるのではなく、自分なりにイメージをして答えに到達する、というのは大切なことだと思います。
RONの場合は、抽象概念が難しいらしく、自分が体験を積んで納得しないとわからない、というところもあります。
長い目で見守っていきたいです^^

夢中になれることがあるのって、ホントいいですよね♪

そうですか。真ん中のお子さんも、やはり下のお子さんを褒めると、そういう反応になるんですね。
Binaさんの褒め方は、ステキですね^^
私も見習いたいです。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.10/03 02:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR