Entries

大人になる、ということ

大人になる、ということは、
どんな困難も、一人でも乗り越えられる、ということなのかもしれない。

親の庇護のもとから離れ、
絶えず会える友人もなく、
それでも一人、乗り越える。

だとしたら、私はとんでもないあまちゃんだ。
どこかで、自分の辛さをわかってほしい、と願っている。


それでも、そうだとしても、わかってほしい。
ただ、黙って話しを聞いてくれて、
そして一言、
「辛かったね。どうしていいのかわからないよね。」
そう、私の胸の内を代弁してほしい誰かを求めている。

母とは、・・・・・・母の脳の手術以来、もう2年以上も会っていない。
子どもたちも会っていない。

その間に、どれほど病気が進行していたのだろう。
忙しさにかまけ、
どんなに辛くても明るさを忘れなかった母がそうではなくなって、
その声を聞くことさえ辛くなった。

母は、心配をかけまいと、
そして、普通のおばあちゃんがしてやれることがしてやれないからと、
会うのを拒んでいる。

元々痩せているのに、
父が亡くなってから10キロ痩せ、
そして今また10キロも痩せたと言う。
部屋の中を歩くことさえ困難で、
自分でおかゆを作って食べている。

母と同居しているシングルマザーの妹は、私のことを嫌って、
実家には立ち寄らせてくれない。
多忙な妹ができないからと、
手を尽くし、高校生の甥っ子と協力して、
脳の手術ができる病院を探したことが、さらに妹の反感を買った。
以来、自分がやるから母の病気に立ち入るなと釘をさされた。

夫に話しをしたら、
到底できもしないことを言われた。
理想論は、困っている私を余計に困惑させた。
そして、夫を罵倒してしまった。
両親が健在な人に、わかるわけはない、と。
怒鳴っている自分が、余計みじめだった。

誰かにわかってもらおうとしていた、私があまかった。
自分の辛さは、自分で乗り越えるしかないのに。
そして、私なんかより、母の方がよっぽど辛いのに。


Comment

NoTitle 

こんばんは!
本件に関するコメント送信を何度も躊躇してるうち、次の記事がアップされてしまい、遅ればせながらのコメント送信です(笑)


2年以上お母様にお会いしてないはあとちゃくらさんのご胸中をお察しすると、胸が痛むような気持ちになります・・・

記事を拝見して、ひょっとしたら・・・と思ったことがあります^^
はあとちゃくらさんがそう思われたように、妹さんもまた、そしてお母様もまた、“自分の辛さは自分で乗り越えるしかない”と思われてるのかも・・・って思いました^^
一緒に過ごしたご家族ですからね。物事の捉え方も結構同じなんじゃないかと(笑)

皆さんとんでもないあまちゃんでいいんだと思います^^
そして、はあとちゃくらさんのお悩みが解消の方向に動くことを心から願ってます!


私のコメントは毎度軽薄な感じが否めず、このような記事に対し、かえって失礼ではないかと、今回も何度も送信を躊躇しました。
でも、はあとちゃくらさんが抱える辛さが少しずつでも解消するよう、本当に本当に心から願ってますし、そのことを伝えたいと思い、コメントさせていただきましたペコリ^^
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2014.08/25 19:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

どうも有難うございます。
この記事は、自分の心の整理のために書きました。やっぱり、誰かに聞いてもらいたかったんです。
書くと、混沌がだんだんと整理されていきます。夫にも、自分の気持ちをメールで送りました。すると、もっと自分の気持ちが見えてきて、すっきり仕事に迎えました。
でもね、長々とこの記事を最新にしておくのはイヤで、早々に別の書きたかったものを記事にしてしまったんです。

よしくんのコメント、そういう見方もあるんだなぁ、と感じました。そうですね。そうかもしれませんね。

よしくんのお気持ち、とっても有り難く拝受いたしました。
きっと、そのよしくんの思いも届いたお蔭で、また前に進もうと思えたのだと感じます。
解決策は見い出せなくても、思いは時空を超えますねっ☆
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.08/26 10:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR