Entries

楽しい自由研究♪

水曜は、生協さんから食材が届く。
子どもたちは、この日を心待ちにしている。
なぜなら・・・

ドライアイスが入っているから☆

今までは、宅配してくれる時間に私が家にいたため、
ドライアイスは取り除かれて、食材だけがわたされていた。

しかし、仕事が8時間労働となってから、玄関前に発泡スチロールの箱が置かれるようになった。


氷でもない、ドライアイス。
水に入れると、白い煙が出る。

以前から、遊び実験を繰り返していたRINRON
「夏休みの自由研究にしたい!」と言っていた。

今まで、夏休みに自由研究はしたことがない。
まぁ、好きでやっていることだから、やれるかな。

「自由研究となると、今までみたいに遊んでおしまい、とはちょっと違うから、
 どんなことをやりたいのか、どんな物が必要なのか、考えておくといいね。」
と、話していた。


そこで欲しいと買ってきたのが、
厚紙(表紙用)、画用紙(記録などのまとめ用)、
プラスティックの入れ物(小さな虫かごで代用)、
できるだけ低い温度も測れる温度計(-50℃まで測れるもの)。

そして、ドライアイスの危険性についても調べた。

① -79℃で作られているため、直接さわらない。
② ドライアイスはペットボトルに入れてキャップをしめると、ペットボトルもキャップも破裂して大ケガをする。
③ ドライアイスそのものに毒性はないが、濃度によっては身体に影響が出るため、充分な通気と換気をする。
④ 食添用に作られていないので、体内に入れない。

私自身、直接さわってはいけない、ということくらいしか知らなかった。
④は、理科の実験と称して、アイスやシャーベット、炭酸水を作る実験が紹介されていたが、
食品ではないので、衛生面はどうなのだろう? と思っていた。
やはり、ドライアイス専門の会社の注意書きに「体内に入れないこと」と書いてあった。

さて、実験の内容は・・・・・・。

RONは、ドライアイスに針金やはさみをつけると、一瞬で凍ってしまうことや、
はさみを突き刺すと、ゴーっと音がすること、
など、自分がやってみて面白かったことを再度実験して、メモしていく。

RINは、
水の中に入れたとき、ドライアイスと氷のとける速さを調べたい、
水温の変化も調べたい、と、時間を計って温度を調べていた。
そんなに難しい実験ではない、と思ったが、
温度計を入れる場所によって、水温が違うことがわかり、
一定条件になるように、ドライアイスのすぐ近くで測ることに。

その他に、ドライアイスとはどういうもので、白い煙の正体は何か、についても、あらかじめ調べていた。

ドライアイスは、-79℃以下で二酸化炭素を冷やして固体にしたもの。
固体のドライアイスは、-78.5℃で、液体にならずに気体になる。
このように、固体が液体を経ないで気体になることを昇華という。

二酸化炭素が気体に変わるとき、
空気中の水蒸気が急激に冷やされて水の粒になったものが、白煙として見える。

ブロック状のドライアイスは、粒状のドライアイスに水や薬液を数パーセント混ぜてブロック状にしている。

・・・などなど。
私も、今回、RINが調べてくれたおかげで、初めて知ったことばかり。

実験は、自分で考え、やってみてさらに計画を練り直し、
測定するばかりではなく、経過で気づいたこともメモし・・・・・・、
と、どんどん面白いものに変わっていく。

「授業の実験は、もうやり方も結果も教科書にのってるからつまらないけど、
 この実験は面白い♪」
と、RIN
私も、経過を見守るうちに、その楽しさに引き込まれた

Comment

楽しそう♪ 

こんにちは。
自由研究ですか!
私は苦手でした…発想力が乏しくて、いつも何をしたらいいのか困ってました。
でも二人の様子をきいていると、ちょっと私もわくわくしてきちゃいました!
楽しそうだなぁ〜(≧∇≦)

自由研究って、1番その子の性格でますよね^ ^
  • posted by ゆきうさ 
  • URL 
  • 2014.08/07 20:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

めっちゃお久しぶりです。
なかなか訪問できずにスミマセン。
夏の暑さと子供のパワーで疲れきっているなっちゃんです(笑)

今日、テレビの番組でドライアイス実験やってましたよ!
ドライアイスを発生させて、細いチューブに煙を
誘導する。(詳しく知りたかったら言ってね!もっとちゃんと書くから)
そのチューブをシャボン玉液に浸しすと
白い凍ったシャボンが出てきて
ウチではめーちゃんが目を輝かして見ていました。

また時間があるときにどうかな??

ウチも生協やってるからよくわかります!
楽しいよね!

  • posted by なっちゃん 
  • URL 
  • 2014.08/07 21:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

ゆきうさ様 

こんばんは☆ 暑いですね~。
自由研究、私は一度もやったことありません。
実験をしたい、という意欲が全くない子でした。
特に理科の授業では、何で教科書に書いてあることを、わざわざやるんだろう?・・・と思ってました。

RINも、RONも、ホント、楽しそう~♪ にやってました。
私も、二人のお蔭で、人生で初めて、実験が面白いものだと思いました。

性格・・・確かに出てますね~^^
RINは、ドライアイスで測定したものと、氷とを比較して、折れ線グラフにしたいのだとか。
RONは、自由気ままに、本能の赴くまま・・・という感じでした。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.08/07 22:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

なっちゃん様 

こちらこそ、なかなかご訪問もコメントもできず、失礼しております~。
アッツイですね~。そして、子どもは何でこんなに元気なの~、と思うくらい、暑さに負けてませんね~。

とっても楽しそうな実験情報を、有難うございます!
細いチューブ、かつて水の実験をしていたときのものがあります。
上のコメントで、なんとなくイメージできました。子どもとやってみたいですっ!!!
来週は、自宅に戻ろうと思っていますので、生協の注文はしませんでした。
再来週、また戻ってきましたら、やってみたいです^^
有難うございます♪
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.08/07 22:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

うっ。。。
もう 中盤でついて行けない (+o+)
同じく・・・ ①しか知らない。。。

なにせ 脳みそが文系の回路なものだから、
やりたいなぁと感じても やったことないし、
子どもたちへの指導すらできない。(>_<)
おもしろみは、感じるんですけどね・・・。

さすが、理系のご主人の血を継いでるだけありますね。
自由研究のコツって掴めたんじゃないかなぁ。
  • posted by おでかけ親父 
  • URL 
  • 2014.08/08 12:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

おでかけ親父様 

暑さ厳しき折、コメント有難うございます。
ドライアイスについてなんて、学校でも習わないですよね。でも、とっても身近にある・・・そして、使い方によってはかなり危険な物となり得るんですね。

ドライアイスについて、子どもたちは最初に夫に聞いていました。
夫は、科学系はたいていのことを答えられるようですが、単純な計算は私の方が早いんですよ。九九もたまに間違えてますし・・・つまり、計算が速いことと、数学的、科学的な思考力とは別もののようですねぇ。
そこのところを、文科省はもっと考えて学習指導要領を作った方がいいと思っています。

おでかけ親父さんは、基本的生活習慣はもちろんのこと、学校でどんなことをしているのかも把握しておられる。
そして、日本各地にお子さんを連れて行かれて、あらゆる場所での体験をさせておられるじゃないですか。
それは、誰しも真似のできることではないと思います。
お子さんたち、お幸せですね^^
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.08/08 22:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは!

記事を拝見して、私がドライアイスについて勉強させてもらいました!
私の勝手なイメージで、RONくんは技術屋向きと思ってましたが、RINちゃんもそうなんだって思いましたよ^^

RINちゃんの実験の流れって・・・

1.Plan(計画)
 ドライアイスと氷のとける速さを調べたい
 水温の変化も調べたい

2.Do(実行)
 計画に沿って時間を計って温度を調べた

3.Check(評価)
 温度計を入れる場所によって水温が違うことがわかった

4.Act(改善)
 一定条件になるよう計画を見直し

しっかり、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のいわゆるPDCAサイクルにより、しっかり継続的に改善がなされる流れになってますよ^^

RINちゃんおそるべしです^^
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2014.08/09 10:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

こんばんは☆
流石は理系よしくんですねっ! 
PDCAサイクルって言うんですねぇ。勉強になります。ぺこり。

RINは、実験大すきで、料理も実験だと思ってます。夏休みは、ここのところ、毎日何かしらデザートを作ってくれています。
レシピ通りの材料がなくても、それに近いもので試してます。
RINは、理系大すきですね。

RONは、ロボットを作りたいのであれば、算数を好きになってもらいたい、というところです。でも、まぁ、RONなりにぼちぼちやってますし、何より創造性は、我が家で一番ですからね。

どんな方向に進むにせよ、自分なりの道を見つけて歩んで行ってほしいです^^
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.08/09 20:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR