Entries

乗り切るゾー☆

仕事で、かなりハードな日々が続いてます。
段々と、今の状況が見えてくると、それに対して私がどうすればいいのか・・・
そこを考えて行動するのが、難しくもあり、楽しさでもあります。

幸いにも、職場の上司や先輩方がいい方ばかりで、それで救われているところはたくさんあります。

本当は、もう少し時間に余裕のある働き方がいいのだけれど・・・。
そう思っても、今いるところでは、それができません。

子どもたちが先に帰って、その後、私が帰るというスタイルが馴染んできているとは思えるものの・・・。
やはり、「ママがいてくれる方がいい~」と、RIN
RONは、「外でお友だちとあそびたい~。」と言うこともあります。
近所の2年生は、みんな学童保育に行っていて遊べません。
そして、その学童は人数がいっぱいで入れません。

夫は、子どもが先に帰ってくるという働き方を好んではいません。
それでも、私が仕事で成果が見えたことを話すと、一緒に喜んでくれます。
家事や育児も、夫にずいぶん助けてもらっています。

昨夜から、私が軽い胃腸炎と頭痛で、家事や子どもとの外遊びは、夫がやってくれました。
有り難い限りです。

家族の協力の元、この仕事をさせていただいているのだから、
少しでも人様の役に立てるよう、精進せねば☆

心身ともにキツイけれど、ここを乗り越えれば、きっと、もっと楽しく仕事できると思います。
明日から、また新しい1週間。
少しずつでも、ステップアップしよう☆


浜田 省吾さんの、「I am a father」 が、私の応援歌です^^

     ♪ 家族の明日を信じて 子供達に未来を託して  ・・・・・・ 
         ・・・・・・  迷ってる暇なんか無い 選んだ道進む ♪

Comment

NoTitle 

こんにちは。

私も5年前から、子供が先、私はあとから帰る生活が続いています。
このお店に務めてからは子供より朝も早くに出るので、「いってらっしゃい」を言うこともなかなかできません。
本当にこの生活で良いのか、何が大切なのか何度も何度も悩みました。
それでも、私が楽しく働いている姿を見て、子供たちは応援してくれるようになりました。
今年からは長男と主人がご飯支度を担当してくれる日も増えたので、私の精神的負担も随分と減りました。

三男の勉強を見てあげられなかったり、買い物に行けず冷蔵庫が空っぽな日は、誰か時間のある人が私の代わりをしてくれています。
5年の月日を経て、家族が今の時間、ある時間を有効に使うように協力的になってくれました。
はあとちゃくらさんの家は うちよりももっとお子さんが小さいので、悩む気持ちわかりますよ。

お母さんが家にいる、いないよりも、太陽のように生き生きと輝いていることが、子供にとって一番なのでは?と思います。
お互いがんばりましょうね(*^^)v
時間のない時にささっと作れるレシピとかあったら、教えてくださいね!

また、長男の教採の件のアドバイス、本当にありがとうございました。
今、大学2年生なので、少しずつ準備のためにピアノの練習を始めました。
去年、はあちゃくらさんが教えてくれた本も長男に教えて春休み中に読んでいたようです。
みなさんのアドバイスのおかげで、まったく未知の世界の教員採用試験もがんばれそうな気がします(私ががんばるわけじゃないんですけどね)
また、何かアドバイスありましたら、よろしくお願いします。






  • posted by Shop Asahiyama 
  • URL 
  • 2014.06/23 15:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Shop Asahiyama様 

コメント、とても有り難く拝見いたしました。
本当にそうですね。
「太陽のように生き生きと輝いて・・・」
確かに、今の仕事は難しいですが、とてもやりがいのある仕事です。
太陽のようでありたいと思います。

Shop Asahiyamaさんも、いろいろと悩まれて、今があるのですね。
私は、買い物は自然食品の生協を利用しております。
短時間で作れる料理・・・今は、そばや、そうめん、冷やし中華が、夕食によく登場します。後は、生野菜を切って、生協の冷凍食品に助けられてます。
本当は土日に作り置きして冷凍しておけばいいのでしょうが・・・。
土日も、子どもの習い事や、通院、家族でお出かけで大忙しで。

日持ちする、きんぴらや、切り干し大根の煮付けなどは、パパッと作っておいてます。
私こそ、何か良い簡単レシピがありましたら教えてください。

長男さん、まだ教採まで時間があるのですね。それまでにできることを準備されるといいですね。
関東では、学生さんが小学校などにボランティアで入ってくださっています。
現場を体験されるのもいいですね^^
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.06/23 21:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

我が家の娘2人もずーっとカギっ子でした。冬など暗い部屋に一人で入るのが怖かったと言っていました。
今は二人とも大人になり、上の子は子どもを育てています。確かに寂しい思いをさせますが、親の後ろ姿を見て育ちます。一生懸命な生き方は、子ども達によい影響を与えた勝手に思っています。
学童保育に入れないというところがまだあるのですね。女性が働きやすく、子ども達のための施策をきちんとやってほしいですね。
  • posted by よたろう 
  • URL 
  • 2014.06/24 13:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。
うちは,私が合間に家で仕事をしている程度なので鍵っ子ではありませんが,私がRONくん位の時は,すでに子どもが先,親が後に帰ってくる生活でしたね。場所も時代も違いますが,私達の親が小さかったころは,もっと条件の悪い生活だったと思います。
どこを基準に置くかにもよりますが,親が楽しく過ごしていて,子どもに対して無関心でなければ大丈夫だと思います。そうでないと,私がぐれていたことになります。(ざっくりした言い方ですが)
子どもは,なければないで考えるようになりますし,寂しいなと思うこともあるかもしれませんがそれはそれで自分の中で消化していくと思っています。
むしろ,今の時代は過保護すぎて,いろんな刺激に対して自分で処理する能力がなくなってしまうことの方が恐い気がしています。
なので,うちでは,いろんなことを私から子どもに移して意向と思っています。
子育ては,子どもの自立・自律を育てることだと思っています。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2014.06/24 22:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

よたろう様 

返信遅くなり、すみません。
よたろうさんのお宅では、お子さんたちが助け合ってお留守番されていらしたのですね。
ご両親が一所懸命にお仕事をされておられたのを、お子さんたちも感じとっておられたのでしょうね。
有難うございます。私も前向きになれます。

学童保育は、現状に追いつかないのでしょうね。定員を増やすには、場所の確保も必要ですし。
ある地域では、母親たちが運営している学童もあるようです。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.06/27 20:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

返信遅くなり、すみません。
Binaさんのご経験からのお話し、子どもの立場からのことをお伺いすると、気持ちも肯定的になれます。有難うございます。
「親が楽しく過ごしていて、子どもに対して無関心でなければ大丈夫」・・・そうですね。それは、仕事の有無ではなく、全ての親御さんに通じることなのでしょうね。

「子どもの自立・自律」ということも大切なことですね。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.06/27 21:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR