Entries

再び我が家へ

ゴールデン・ウィーク4連休は、引越し後、再び我が家へ戻りました。

新緑の街並みは、緑・緑・緑・・・そしてツツジの赤紫や白、桃色と・・・それはそれは美しくまばゆいばかり。

風が緑の香りを運んでくれます。

もう、それだけで幸せです。


子どもたちは、ただひたすら、近所のお友だちと遊びまくります。
栃木に引越してから、RINはお友だちの家で3回遊び、
RONは、一度だけ、学童から早めに帰ってきたお友だちと、公園で遊んだだけ。
低学年は学童保育、高学年は習い事で忙しいみたいです。
RONも学童保育に入れたいのですが、いっぱいで断られました。

でも、自宅に戻ると、今までのように、すぐにお友だちと外遊びができます^^
そんなことが、とてつもなくうれしい・・・子どもも、私たち親も・・・・・・。

私は・・・なんだか眠くて、眠くて・・・毎日昼寝をしておりました。
夜もしっかり寝ているのに、眠くて・・・。

夫は、家を片づけてくれたり、プラモデルを作ったり。

こんな当たり前すぎる日常を送れることが、我が家には、とてつもなく有り難く感じます。


「ずっと、ここにいたいな・・・。」
RINが、ふとつぶやきました。
引越してから、お友だちもでき、学校でも順調に過ごしている様子のRINでさえ、そう感じるんだなぁ・・・。

RINが日記に何を書くか迷っていたので、
「そういう気持ちを日記に書いたら?」と言うと、
「それじゃあ、栃木県がかわいそう~。」
「じゃ、お家がいいな、ということを書いたら?」
「それじゃあ、マンションがかわいそう~。」
栃木県でやって行こう、と思っているんだよね。
でも、戻ると、やっぱりここがいいんだよね。

栃木の学校から帰ってくると、学校のいいところを見つけて、
「給食のやり方は、こっちの方がいい。運びやすいよ。」
「避難訓練は授業中にしてくれるから、こっちの方がいい。前の学校は、休み時間にやってたんだよ。」
と、話してくれていました。

それでも、5月6日最終日には、午前中までお友だちと遊び、すんなり荷作りして車に乗り込みました。

この日は、RINの10歳の誕生日。
茨木県のイタリアン・ファミリーレストランに立ち寄り、そこで夕食&デザートを注文・・・というのが、RINの希望でした。

茶色い山肌だった筑波山も、緑に染まっておりました。
車の窓を開けて・・・

         DSCF3657.jpg

夕陽が、水をたたえた田んぼに、美しく映えておりました。

Comment

NoTitle 

こんばんは。
やっぱり茨木が良いんですね。
素直な感想なのだと思います。
思い出の詰まった場所。そこがいいと思うのは,子どもの普通の感情なのかと思います。
でも,栃木で頑張っていこうと想うRINちゃん。
すごく頑張っているんだなと思います。
応援しています。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2014.05/12 21:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR