Entries

RON、RIN 順調

RON。ただ今5歳5ヶ月、年長。成長してます。

3月は、「左から3ばんめ」と「左から3こ」の違いが、よく理解できていないようでした。
数教研では、幼児のプログラムは、「1. なかまづくり」「2. くらべる」「3. 5までのかず」「4. 9までのかず」の4つだけです。5番目のプログラムからは、1年生の区分のたし算に入ります。
毎月、コンスタントに進んで行けば、すぐ計算に入ってしまう訳です。
ある程度の数的概念が育っていないままに、計算問題をさせるのは気が進みませんでした。
この時期の子どもは、感覚受容器を充分に使った、現実に即した体験が、最も重要な時期だからです。

「なんばんめ」と「なんこ」の違いも、文科省では1年生1学期で習得することになっていて、数を学ぶ上で重要なポイントです。

それで、4月からは、プログラムの1.に戻ってやってみました。
「サスペンド1」という、1ヶ月教材停止制度も利用しています。

安野光雅さんの絵本を見たり、モンテッソーリ教材にヒントを得た手作り教材をたま~にやって。
数教研のプリントは、気持ちが乗った時だけにしていました。

そして、7月現在。
「3. 5までのかず」は、RONの成長とぴったりマッチしています。
「ひだりから」と「みぎから」の違いも、RONは右利きなので、えんぴつを持っている手を確認して、「3ばんめだから、1、2、3・・・ここだけぬる」と言ってやっています。
すんなり理解。
4ヶ月、待ってよかった。


RIN。8歳2ヶ月、小2。
数教研は、今年3月に、1年生のプログラム「9. 2けたのかず  2けたのたし算(1)」から入りました。
文科省では、1年生で筆算はやらないことになっています。それで、ここから始めることを、数教研の先生から勧められました。

算数好きなRINは、「ラピット1」という、1ヶ月に2セット進む制度を利用しています。それでも、かなり余裕があります。
現在は、「16. 3けたのたし算(2) 3けたのたし算(1)」。学校では、2けたのたし算、ひき算まででした。
順調にこなしていて、もうすぐ「17. 3けたのひき算(2)」に入ります。

9月から、学校でもかけ算が始まりそう。
それまでに、数教研のプログラム「19. かけ算のいみと1当たり量 九九」 ともリンクできるでしょう。




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR