Entries

転勤の結論

昨夜、夫が帰ってきて、子どもたちが眠ってから、
転勤先のことを調べつつ、・・・・・・
二人で夜11時半まで話しました。



今朝、まだ明けていないうち、ふと物音がして目を覚ましました。
時計を見ると、まだ午前4時。
どうやら、夫が眠れずに目を覚ましたようです。

朝、1時間半、また、今後のことをいろいろと話しました。


夫は、子どもたちと居られなくなってしまうことや、
子どもや私が非常時になったとき、すぐに助けてあげられないことなどを心配していました。

いろいろと話すうち、
私自身の健康についての話になりました。


子どもの頃から、人よりも体力がなく、
体育も途中で具合が悪くなったり、
小さな頃からの夢だった仕事も、体力不足で辞めざるを得なくなったり・・・。
身体が弱くて、学校や仕事が人と同じように行けないことが、子どもの頃からの悩みの種でした。

でも、そのお蔭で、常勤ではなく非常勤で働く、ということが、子どもにとってプラスに働いていることもあるのだと感じています。
もっと丈夫だったら・・・ということが、心のどこかにあって、私自身を罰していました。

その思いも、昨年、エッセイコンクールで書いたことにより、
ふっきれたと感じています。

今まで、親にさえ話せず、布団をかぶって泣いていたことを、
そのエッセイに書きました。
書けたということが、心の重しをとってくれました。
受賞も有り難かったのですが、私にとっては、長年言えなかったことを人様に見ていただけて、
ふっきれたことの方が大きかったです。

やっと、自分の人生に、自分で「OK」が出せました。


健康でいられることは、何にも換え難いことです。
それは、人と同じように、ということではなく、
自分自身と折り合いをつけていくということなのだと感じています。


まだまだ考えることは山積みですが、
夫だけが転勤先に行くということで、今日、正式に夫が管理職に返事をします。

一緒の時間を過ごせなくても、
きっと大切なことを学び取れる気がしています。

Comment

おでかけ親父 

葛藤している最中、
昨日なんてコメントしようかと思ってたのですが、
結論が早く出せて良かったですね。

転勤のある職に就いた方の宿命。
避けて通れない路です。

私自身、小二になる春、父の転勤で家族で九州へ引越し。
ちょうどRОN君と同じですね。
当時わけもわからなかったですが、
見知らぬ地で家族が一緒に過ごしたことが
今となっては自分の大きな思い出となって残っています。
その後、中高生の頃は父は単身赴任。
やはり、小さいうちはできるなら家族一緒が望ましい。

しかし・・・
心中お察しします。
もし、一緒に行くことにしたのであれば、
残された自宅のこと。
そして、多くの方が暮らしているので大変申し上げにくいのですが、
こちらから、子連れでわざわざ飛び込んでいくようなのはどうかと。

考えることは 山積みでしょうが、
出した結論のもと、よりよい方向にすすむますように・・・。
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.01/23 09:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

はあとちゃくらさん こんにちは。

福島への転勤、単身赴任…とても厳しい結果となりましたね。はあとちゃくらさんご夫妻の苦しさが伝わってきます。

震災後 夫が福島へ教員派遣の募集があるから申し込むと言われたことがありました。
結局派遣されることはありませんでしたが、派遣されたら単身赴任だなと覚悟しながら過ごしていた時期がありました。
周囲に頼れる身内がいないと本当に心細いものです。はあとちゃくらさんも本当に不安が多いことでしょう。

福島から今の家は遠いのでしょうか?
ご主人が単身赴任している友達のご主人は毎週末、神奈川から金沢へ帰ってきています。もう何年もその生活を続けすっかりそれに慣れているようでした。(定年まで金沢にもどれないようです)
夫婦の時間が短い分、週末濃密な時間を過ごしているようです。

いつも一緒にいても全く会話のない夫婦も珍しくありません。このことではあとちゃくらさんご一家が今まで以上に家族の結びつきが強くなることを祈っています♪
はあとちゃくらさんならきっと大丈夫だと思います!!
  • posted by みなみのまま 
  • URL 
  • 2014.01/23 10:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

サラリーマンの宿命ですね。
ご主人の単身赴任、本当にご苦労様です。家族が離ればなれに暮らすことほどつらいことはありません。とにかくご主人の健康を祈らずにはおれません。
  • posted by よたろう 
  • URL 
  • 2014.01/23 11:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

おでかけ親父様 

ご経験からのコメント、大変有り難く拝見いたしました。
そうでしたか。お父様も、単身赴任のご経験がおありだったのですね。
以前の、九州の思い出を綴られた記事、心に沁みました。

つくづく、いろいろなことがあって、今があるのだと感じます。
そして、これからも、いろいろな山を乗り越えて生きて行くのでしょうね。

おでかけ親父さんが、お子さんたちと趣向を凝らされ、毎日を丁寧に過ごされておられることが、脳裏によみがえっています。
本当に、素晴らしいことですね。
これからも、ブログから、パワーをいただきますね。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/23 13:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

みなみのまま様 

こんばんは。
一緒にお考えいただきまして、本当に有難うございます。

みなみのままさんのご主人様、福島へ希望を出されていらしたことがあったのですね。
なかなかできないことですね。
みなみのままさんも、その間、しばらくは心が休まらなかったことでしょうね。

お友だちのご主人様、神奈川から金沢まで毎週末ですか。驚きました。飛行機で往復だったのでしょうか。

我が家と福島も、片道半日近く見ないと着きません。
単身赴任手当ても微々たるものですし、これから2箇所で生活するとなりますと、生活費の心配もあります。

まだまだ、乗り越えなければならないことがたくさんありますが、・・・何とか頑張ろうと思います。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/23 18:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

よたろう様 

お心遣い、感謝いたします。

夫は、大人であれば大丈夫だと言っておりますが、やはり夫の身体のことが心配です。
これは全て夢であってほしい気持ちです。
・・・でも、乗り越えなければいけませんね。

子どもたちに、どう話をしていくか・・・・・・それも、悩むところです。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/23 18:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.01/23 21:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

苦しい決断ですね。
サラリーマンの宿命なんでしょうか。
いろいろと悩み話し合って出された結果なので、きっと良い方向に進むと思います。(私は、そう願っています)

これから、子供たちに話したり、準備があったり、何かと忙しいと思うけど、お体に気をつけてくださいね。

そういえば、最近は、顔を見ながら電話で話せたりできますよ。うちは、長期出張の時は、そうやってました。
  • posted by sachi 
  • URL 
  • 2014.01/24 05:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.01/24 08:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.01/24 09:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.01/24 09:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

23日夜の鍵コメ様 

お心遣い、有り難く受けとりました。
本当に、本当に有難うございます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/24 11:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

sachi様 

お心遣い、感謝いたします。
身体が資本ですものね。
健康に気をつけて、乗り越えて行きますね。

ご近所で、お子さんが海外結婚されておられる方が、「顔を見て話ができる」と話しておられたことがあります。
有難うございます。
そういうツールも調べてみますね。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/24 11:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

24日 8時40分の鍵コメ様 

こちらこそ、ご無沙汰しております。
お元気でいらっしゃいましたか?
ご訪問いただいていたのですね。お忙しい中、本当に有難うございます。

あたたかなお心遣い、感謝いたします。

とても大切なことを教えていただき、本当に有難うございます。
お心が、伝わって参りました。
本当に有難うございます。

どうぞ、くれぐれもお身体ご自愛くださいますように。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/24 11:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

24日 9時12分の鍵コメ様 

お忙しい中、あたたかなコメントをいただき、本当に有難うございます。
また、改めてご挨拶に伺います。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/24 11:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

24日 9時19分の鍵コメ様 

お心遣い、感謝いたします。
また改めてお伺いいたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/24 11:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR