Entries

お蔭様で、解決いたしました。

昨日の記事では、あたたかなコメントをいただきまして、本当に有難うございました。
8日の夜から、深い睡眠がとれず、仕事もあったりで、充分に休めておりません。
この記事を持ちまして、コメントの返信とさせていただきたく、お願い申し上げます。
(改めて、訪問コメントにて、ご挨拶させていただきました。)


8日、家に着いて上着を脱いだRINに驚いた私。
20センチ以上もの長いガムテープが、トレーナーに貼られ、大きな文字で娘の名前が書かれてありました。

娘に聞いたところ、2学期の終わり頃から、バッチを忘れたら貼られるようになったそうです。
他の忘れ物は、先生に言って、連絡帳に自分で書けばすむとのこと。
そもそも、この学校では、バッチはクラスで保管することになっており、バッチを忘れずに学校に置くようにすることが先決なのではないか、と感じました。
また、忘れ物をしたとき、次回からはどうすれば忘れないようになるか、それを考えさせて行動に移させることが教育なのではないか、と思いました。


2人のお母さん友だちに相談しました。
そして、高学年でもガムテープが貼られていることを知りました。
学校全体ののことのようでありましたので、教頭先生に電話でお話ししました。
真相は、バッチを忘れたときは、バッチくらいの大きさの紙に名前を書いて胸に貼りましょう・・・と、職員間で決まったとのことでした。

担任の先生から電話があり、謝罪してくださいました。
私は、罰や見せしめということではなく、自分で考え行動できる子になるように導いていただきたい、ということをお話ししました。

家に来て謝罪したい、とも言ってくださいましたが、自分の子だけの問題ではないこともあり、お気持ちだけいただきました。

校長先生からも、謝罪の電話をいただきました。
私は、ご理解いただいて有り難いということと、私ではなく、子どもたちへ謝罪していただきたいとお伝えしました。


娘は、ガムテープを貼られたことに関しては、「いやだった」と言っておりました。
担任の先生に対しては、「2年生のときの先生はよくほめてくれたけど、今の先生はほめてくれないので、やる気が出ない」と言っていました。
娘は、お友だちに対してもそうですが、その人自身が「きらい」と言うことはありません。
この友だちのここがいやだ、という言い方をします。
現担任の先生に対しても、きらいという言い方はしません。

「いろいろな人がいるから、その人のいいところを見つけて付き合えるといいね」
と、私は時々口にします。


・・・とは言うものの、この担任の先生に、また担任になってほしいとは思えません。
やはりかなり指導力が不足しています。
それだけではなく、人として、長いガムテープを子どもたちに貼る、という神経が信じられません。

お蔭様で、長いガムテープを貼られることはなくなりましたが、そういうことを思いついてやってしまう、ということ自体、感性を疑ってしまいます。


そして、3年生にひろがってしまった学力差を、もっと縮めていっていただきたい、
その為には、新任の先生が連続で担任していただきたくない、ということも、合わせて教頭先生にお伝えいたしました。


学校に対してですが、1年に1度、「学校評価アンケート」というものが配布され、そこでは無記名に思っていることを書けます。
校長先生も、常日頃から「ご心配なことがありましたら、お話ししてください。」と、おっしゃってくださっております。
「子どもが人質」とまでは思っておりませんが、「こんなことを言ったら、モンスターペアレンツと思われるのではないか」というような雰囲気の方が強いように感じます。
(『モンスター・ペアレンツ』とは、マスコミで話題になりましたが、その家庭の都合の良いように解釈し、何でも学校のせいにして苦情を言う親のことを言います。経済的理由からではなく、給食費を払わないで、平然と屁理屈を言う家庭もあるようです。)


以上が、8日から10日の経緯です。
ご心配をしてくださった皆様、本当に有難うございました。
感謝いたします。


追記;校長先生へは、「私ではなく、子どもたちへ謝罪を・・・」とお伝えしましたが、
娘が帰ってから聞いたところ「バッチを忘れたら、大きなガムテープではなく、小さくします。」とだけ、担任の先生より話があったそうです。
こういうことをやってしまう先生ですから、期待はしてはいませんでしたが。
もっと、子どもの身になって発言し、行動できる先生になっていただきたいと思います。
・・・が、この方では難しいのかもしれませんね。
子どもたちへの愛情・・・人としての愛情を感じられません。

Comment

NoTitle 

よかったですね、すぐに解決して。

『モンペア・・・』の次元じゃないと思いますよ。
処罰に対する発想・行動が、
まるで自分が悪ふざけしているとしか思えません。
これは性格ですから まず治るものじゃないしね。
  • posted by おでかけ親父 
  • URL 
  • 2014.01/10 15:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

おでかけ親父様 

有難うございます。
そうですね。やはり、その先生の心の問題だと思います。
感性というのは、人に言われたからと言って、わかるようになるものではありませんものね。
早く、今学期が終わってほしい、と思う反面、この先生に今後教わることになる子どもたちのことを思うと、胸が痛みます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/10 16:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

教育に携わった者として、本当に悔しいです。どうしてこんなことが平気でできるのかわかりません。かつての中国の文化大革命の時にこのような張り紙をはって、引きづり回されていた人々の映像が浮かびます。
校長の教員の指導力にも首をかしげます。このような教師の存在が多くのまじめな教師の努力を無にしてしまっているんです。誤りを指摘されて素直に謝罪できる教師が増えてほしいです。子供心を平気で踏みにじる行為は断じて許せません。厳しい指導がほしいです。
  • posted by よたろ 
  • URL 
  • 2014.01/10 17:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

よたろう様 

有難うございます。
私が電話する前日に、校長先生もこのガムテープに気付き、「あまりに大きすぎる」と、この先生に注意されていたそうです。
しかしながら、なぜ大きいといけないのか、子どもたちの気持ちを考えないのか、そこのところをご指摘していただけたのかどうか、疑問が残りました。
結局、指摘した保護者にだけ謝ればいい・・・という結果になってしまったような気がします。
私の伝えたかったことは、子どもたちの身になっていただきたかったことであり、教育の本質をもっとお考えいただきたい、ということだったのですが・・・。
よたろうさんのような校長先生がいらしたところは、きっと良い教育がなされていたのだと思います。
お心のこもったコメントに、救われる思いがいたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/10 21:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ひとまず解決して良かったですね、はあとちゃくらさんが学校に連絡を入れてくれていやな思いをするお子さんも減るのではないでしょうか…。
担任の先生はちょっと配慮がないというか、何が問題なのか感じ取ることができない方なのか、学校の先生の仕事好きじゃないのかな…?
先生自身が早く自分自身に向き合って気づいて学んで成長して頂きたいですね。(ちょっと上からな言い方ですみませんが。)

でも、はあとちゃくらさんの娘さんはとても素敵なお子さまだなとおもいました。
人の事を嫌わないで、ここがいやって分けて考えられるって大切なことだと思います。私もはあとちゃくらさんのようにわが子に関わっていきたいと思いました。
三連休はお休みでしょうか?ゆっくり悩みから解放されてリフレッシュなさってください☆
  • posted by みかん箱 
  • URL 
  • 2014.01/10 23:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

みかん箱様 

下の記事では、初めてコメントをいただき、本当に有難うございました。力をいただきました。

この記事へのコメントも、お心のこもったお言葉をいただき、感謝いたします。
みかん箱さんのおっしゃるように、人から言われてではわからない部分があるようです。
やはり、自分自身の気づきほど、勉強になることはありませんね。

私のわが子への関わり方・・・とても褒められたものではありません。まだまだ、私も修行が足りません。
それでも、一緒に生活していると、「こうあってほしい」というようなことは感じ取ってくれるような気がしています。
娘は、よく人を見ていると思います。
私の方が、もっと娘に学ばないといけません。

お心遣い、感謝いたします。
三連休、ゆっくりしたり、羽をのばしたりして楽しみたいと思います^^
みかん箱さんも、どうぞよい休日をお過ごしください。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2014.01/10 23:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

解決してよかったですね^ ^
とりあえず。
RINちゃんの「この人のここが嫌」という表現はいいですね。
私もそんな表現があるって事を子供達に
伝えたいなぁ。
RINちゃん、大丈夫そうでよかったです。3連休は家族でリフレッシュして下さいね^ ^
はぁとちゃくらさんも気持ちが疲れたでしょうから。

学年末まであと少し。
何事もありませんように。
  • posted by なっちゃん 
  • URL 
  • 2014.01/11 00:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ひとまず解決してよかったです^^

はあとちゃくらさん、昔はもっとひどかったですよ。
その頃、先生は絶対的な存在だったから、クレームは軽々しく言うと子どもが被害を受けていました。多くの親御さんは学校への期待はほとんどなかったですね。教科書がペラペラで薄いにも関わらず、毎年最後まで学習することなく学年が終わっていました。学級崩壊もすさまじくて先生は何の役にも立ちませんでしたよ。子どもが授業中に逃走して自習。暴れて自習。自習、多かった(笑)
高学年になると塾に行かせて、勉強は塾。学校は社会勉強のためと割り切っていました。
でも、素晴らしい先生も中にはいらして担任に当たると「大吉」って呼んでたの^^大ハズレの先生は「大凶」(笑)
学校も変わりましたね。「学校評価アンケート」昔では考えられない事です。それだけ保護者が学校の中に入れるようになったって事かな。

週末はいっぱい寝て食べてゆっくり休んで下さいね!
  • posted by すいかたべ 
  • URL 
  • 2014.01/11 10:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

なっちゃん様 

あたたかなコメント、本当に有難うございます。
RINの人に対する見方は、私の方が学ばなければ、と思います。
子どもは、大人よりも柔軟ですね。
RINは、「先生にあやまってもらわなくてもいい」と言っていました。先生を責めることはしたくないようです。

私の方が、気持ちを引きずりがちです。
今回のことは、先生のキャリアや年齢の問題ではなく、人としての感性の問題だと思います。
もう少しでうちの子の担任ではなくなると思われますが、他の学年の担任にはなる訳で・・・それを思うと、やりきれません。

3連休で、リフレッシュしますっ☆
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.01/11 14:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

すいかたべ様 

お心のこもったコメント、どうも有難うございます。
・・・そうでしたか。かつては、そんなに酷い時代もあったのですね。
私の妹は、先生がひいきをすることに、子どもながら抗議したところ、通知表を全て1ランク落とされました。

現在は、社会の風潮からか、学校はかなり地域に開かれた存在となっています。
授業参観も、フリー参観があり、一日、3時間くらいある中の好きな時間に見に行けたりもします。

お心遣い、感謝いたします。
美味しいものと休養で、心と身体を癒します。
強い寒波がきておりますので、すいかたべさんも、どうぞご自愛くださいますように。
  • posted by  
  • URL 
  • 2014.01/11 14:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR