Entries

計算カードの替わりに・・・数教研プリント

数教研のプリントは、水道方式の算数の教材です。

学校の算数の歴史は、暗算教育が主流だった時期が長くありました。
かなりそれは改善されてきましたが、その名残と思われることが、現在の小学校教育にも残っています。

小学校1年生では、くり上がりの計算を2学期に学習しますが、位取りは教えても、筆算は2年生になってから教えるように、という学習指導要領があります。
ここに、私は矛盾を感じますが・・・。


さて、数教研のプリントは、子どものペースと学校のペースを見ながら、というのが我が家流です。
小学校の学習では、計算や文章題のほかに、時計の読み、図形なども含まれますが、
数教研では、計算と文章題が中心で進められています。
(図形は、高学年でまとめてでてきます。)
ですので、学校とはカリキュラムが違います。
そのため、現在、プリント送付は止めていただいております。


8月には、位取りを、プリントで学びました。

DSCF2433.jpg

この位取りの次から、くり上がりのたし算に入ります。
・・・ですが、学校ではくり上がりの計算はまだまだ先でしたので、それ以来、数教研はお休み。


10月になり、学校でもくり上がりの計算を習いました。
学校のプリントや、計算カードが宿題に出ます。

計算カードの持ち帰りを忘れてきましたので、久しぶりに数教研のプリントをしました。

学校では、6+7の場合、「6と4で10になる」と10になる補数を考えさせてから、
7ー4=3なので、「13」と導き出させます。

上記のように、筆算は2年生からですので、とりかかるとき、多少戸惑いがありました。

DSCF2434.jpg

答えは全てあっていましたが、位をそろえて書くことが、意識できていないときがあります。

数字の配列に細やかな配慮があるのが、水道方式の特徴です。

くり上がりの計算も、
① 答えが15未満で、かつ答えが11でない。(11では、どちらが十の位なのかわからなくなる為)
② 答えが11になる。
③ 答えが15になる。
④ 答えが15~17になる。
⑤ 答えが10になる。
⑥ 答えが10~18になる。

(※①~⑥は、便宜上私が数字をつけ、プリントを見ながら、その特徴をまとめました。)

上記のような、細やかな段階が踏まれています。
一般性の高いものを最初に学習し、次第に特殊なものへと移っていきます。

故に、自分で計算をしながら、数の性質がわかってきます。
RONも、⑥の部分をやっているときには、
「これ、みんな『10』になるよ~!」
と、うれしそうに言っていました。

プリントサイズも折り紙大で、片面の計算問題の場合は9問。
文章題練習の場合は、片面に2問。
心理的な圧迫感がありません。

学校のドリルが、数教研の問題だったらいいのになぁ・・・。

数学教育研究会御中
   学校への教材配布もお考えいただけますと、有り難いです。
(教科書準拠でないので、難しいのかもしれませんが)

熱心な学校の先生ですと、水道方式を研究されて、ご自分でプリントを作成されておられるのかもしれませんね。




Comment

計算ができない大人の代表 

算数から挫折した私には、とっても興味深い内容でした!!
そうなんですね~。
すっごく勉強になりますっ!
やみくもに教えてると、子供が混乱するとよく分かります。
算数・教数研のカテゴリを拝読させてもらいますー!
  • posted by サトママ 
  • URL 
  • 2013.10/28 14:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。
考えを鍛える算数はいいでね。
暗記もはじめは必要かもしれませんが,
算数は暗記じゃないようなきがします。
だから,考えてするのがいいですね。
これこそ学問って感じですね。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.10/28 21:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

サトママ様 

こんばんは☆
そう言っていただくと、記事を書いた甲斐があります。有難うございます。
私も、数学は苦手でした~e-263
何とか教科書に書いてあることは理解しようと努めましたが、それ以上の「ひらめき=数学的センス』は、ないんだなぁ・・・と思いました。

数学について、教科書には載っていない面白い考え方はないのかなぁ・・・と思っておりました。
教育学や数学のことをきちんと理解している学識者の間では、公文式や、百マス計算は、早さを競うだけで理念がない為、むしろ弊害になるようです。(こちらの方が有名なんですけどね)

最近は、算数の面白い文章題があり、視覚イメージを大事にした「どんぐり倶楽部」にも興味を持って取り組み始めたところです。
これにつきましては、リンク欄の『信州でゆったりすごしながら 賢い子どもを育てよう』のみなみのままさんのブログを参照されるとよいですよ^^
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/28 21:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

こんばんは☆
そうですよね。学び問うのが学問ですものね。
「どんぐり倶楽部」の糸山先生は、暗算は10の補数と九九だけ、と書いておられました。

水道方式も、計算を習熟させるためには、とても良い教材です。
学び問う、には限りがありませんので、これだけが全てだとは思っておりません。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/28 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは♪

今日はフラから帰宅後 衣替え 模様替え 棚の整理 布をさわったりし

ていて気がついたら11時~笑~ 何でも夢中になるのが私の悪い癖で 

やりだすと止まらないんです。。。  ここだけ聞くと綺麗好きみたいで

すが 私も言わしてくださいね~笑~ 普段の日はあまりしなくて やる

時には徹底的に疲れるぐらいに。。。笑~


毎日コツコツやれば楽なのに~勉強と同じですよね。。。

はあとちゃくらさんの研究熱心なのが素晴らしい。。。私も見習いたいです❤ 

RONくんの 嬉しそうに~って言うのが良いですよね♪ きっと素晴らし

く色々な事を吸収していくんだと思います。。。☆

益々楽しみですね~❤
  • posted by misarunko 
  • URL 
  • 2013.10/28 23:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

misarunko様 

こんにちは♪
いいですねぇ。夢中になれるって、ステキなことですねe-266

misarunkoさんちのように・・・いえ、同じようにはいかなくても、我が家なりに住み心地よく暮らしていきたいe-267と思っております。

お洒落な小物・雑貨や部屋のコーディネイトe-420・・・お城のような優雅な雰囲気に、いつも癒しとパワーをいただいて、やる気をアップさせているんですよ~e-267

きっと、misarunkoさんのコツコツと、私のコツコツのレベルはかなり違うのでしょうね~。
私も、できるだけコツコツを心がけます☆

RON・・・マラソンの練習が始まって、昨日は8時半に寝ました。
疲れたようで、宿題もイライラ気味でやっておりました。
11月末までは、毎日マラソンの練習があります。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/29 10:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

初めまして。
『なっちのぴあの』のなっちゃんと申します。
ご訪問、ありがとうございました。

土曜か日曜の日経プラス1にも
『水道方式』が紹介されていました。

どんぐりの記事もあるし、
これからもう少しブログ探検させてもらいます!!
これからも、どうぞよろしくお願いします!!
  • posted by なっちゃん 
  • URL 
  • 2013.11/18 22:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

なっちゃん様 

おはようございますっ!!
こちらこそ、ご訪問、どうも有難うございます^^

わぁ~、こんなところまで読んでくださって、光栄です☆
水道方式、ご存知だったのですね^^
数教研は、文章題もありますが、計算問題の方が多いです。

どんぐり倶楽部は、『信州でゆったり過ごしながら、賢い子どもを育てよう』の、みなみのままさんのブログで知りました。
みなみのままさんのブログ、と~ってもためになりますよ♪
ごめんなさい。飛べるようにできませんので、お手数ですが、リンク欄からどうぞ~。

こちらこそ、仲良くしていただけるとうれしいです^^
どうぞ、よろしくお願いいたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.11/19 07:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR