Entries

片をつける

昨夜、2冊読みました。

   001.jpg

右・・・『人生がときめく片づけの魔法』  
    近藤 麻理絵  サンマーク出版  2011年 

左・・・『子どもが変わる! お片づけコーチング 
      もう片づけない子にイライラしない! 』
    芳賀 裕子    PHP研究所   2012年 

右の本は、大ベストセラーですので、ご存知の方も多いでしょう。
近藤 麻理絵(こんまり)さん ♪

以前、買って、大変興味深かったのですが・・・

最初に片付けることが、洋服を全て出して、そこから
ときめくものだけを残す、という方法。
なぜ初めに洋服かというと、見極めがつきやすいからだそうです。
こんまり流は、部屋別ではなく、モノ別に全部1ヶ所に出してから、片づけていきます。

全部出すのかぁ~。イヤだなぁ・・・と、やっておりませんでした。

しかし、時々また読むと・・・やっぱりいいことが書いてあるなぁ・・・。でも、全部出すのかぁ・・・。


そして、今日、ついにやりましたっ!!!
やってみたら、スイスイできました!

今まで、まだ着られる服を捨てるなんて、もったいない・・・と、とっておいて全く着なかったのが、無駄だったと気付きました。

「『ときめかないけど、捨てられない』モノに対しては、一つひとつ、その本当の役割を考えてあげること。
 すると、意外なほど多くのモノが、すでにお役目を終えていることに気づくはずです。
 モノが果たしてくれた役割にきちんと向き合い、感謝して手放してあげることで、初めてモノとの関係に『片をつける』ことができたといえます。」


帯には、こんな言葉が・・・。

「片づけで大事なのは『何を捨てるか』ではなく、『どんなモノに囲まれて生きたいのか』です。
 ときめくモノだけを残すと かならず幸せになれます。」


箪笥の中が、さっぱりしました☆
どうして、もっと早くやらなかったんだろう、と、不思議なくらいです。

着ない服をとっておくのは、やらなければいけないのに手がつけられない、夏休みの宿題のように、
心のどこかにひっかかっていました。

今は、爽快感があります

この調子で、片づけていきます☆


こんまりさんが、この本で書かれていないことに、「子どものモノ」があります。
それで、左の本『お片づけコーチング』を読みました。

著者の芳賀さんは、
「分別」(ふんべつ、ぶんべつ)という言葉を使って、

「自分で自分流の分け方のルールを作れない、『分別』が育っていないから子どもであって、
 『分別』がついたら、りっばな社会人と言えるのではないでしょうか。」
と述べています。

親が、親の分類やルールで片付けさせていると、いざ親元を離れるときに、生活設営能力が磨かれないままになってしまうのだそうです。

自分で分類ができるように、
「明日も遊べるように、おもちゃをおもちゃの家入れてあげましょう。」
などと声をかけ、集められたら「よくできました!はなまる!」などと褒めるのだそうです。

他にも、バスタオル、洗面所のタオル、ハンカチタオル・・・と、とタオルを使用目的ごとに分けられるように
「どこで使うタオルかな」と、問いかけながらたたんで分けることを勧めておられます。

そして 「思い出ボックス」は、一人一箱に限定し、
子ども自身に、何を残すかを選ばせるようにしていく
 のだとか。
必ず1年に1度見直して、何を押し出して一箱に収めるのかを見極めさせるのだそうです。

我が家の「思い出ボックス」は、引越しのときに、捨てきれずにとっておいたダンボールの箱がいくつか・・・。
これも、ダンボールではなくて、ふたつきの、しっかりしたおしゃれなケースを一箱、子それぞれに用意してみよう☆
どんなケースが自分にぴったりくるのか、選ばせてみよう

なんだか、ウキウキしてきますっ
片づけのルールを知ると、ガゼンやる気がわいてきますっ

追記;不要な服は、子ども会のリサイクル活動として使用いたします。

Comment

NoTitle 

おはようございます。
なんとなくわかるような気がします。
片づけをする時は,何を捨てるかではなくて,
何を残すかと考えないと,どちらでも無いものは残って,
結局,使わなくなりますね。
ときめくというのは,わかりやすいですね。
先日ご紹介されてました
NASAより宇宙に近い町工場の本を購入しました。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.10/15 06:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

おはようございます!!
朝早くからご訪問いただき、有難うございますe-454

そうなんです。「ときめくモノ」というのが大事なんだそうです。
確かに、好きなものに囲まれていると、それだけで幸せ気分になれますよねe-420
そして、さらに、自分の人生の方向性がはっきりするという魅力あるおまけ付きです☆
片づけって、人生も左右することだったんですね!

『NASAより宇宙に近い町工場』、購入されたんですね♪
子どもたちにも、読んでもらいたい本ですよね☆
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/15 09:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは♪

週末から今日まで遊び過ぎて~ 訪問できなくてごめんなさいね~

明日は台風~ 整理したくなりました☆

実は私 整理魔で。。。捨て捨て主婦なんですよ。。。笑~時々片付けた

くなる気分が強く出てくるんです。。。

それも 夜中でもやりだすと何時間でも。。。笑~

この前はスクラップにはまってしまい。。。何時間も。。。


ときめくって言葉に魅かれちゃいましたよ☆ 良い言葉ですね♪

はあとちゃくらさんも スイスイって。。。凄い。。。

ときめく お気に入りの物に囲まれての生活は きっと素敵なんでしょう

ね。。。

私も 明日またまた服の整理を。。。丁度肌寒くもなったし良い機会です

よね♪





  • posted by misarunko 
  • URL 
  • 2013.10/15 21:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは!

今は着ない、昔着ていた服・・・なかなか捨てられないです。
なんか時代は繰り返すような気がして・・・(笑)
まだ一度もその時は、やってきてないんですけどね(笑)

↓↓過去の産物「納豆しらす丼」に満足せず、自分で工夫する努力を。ですね!
は、はいっ!闘魂注入ありがとうございますっ!
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2013.10/15 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

不用品の送り先 

初めまして。不用品をもったいなくて捨てられない気持ちにとても共感します(^_^)/
それで、いきなりですが、不用品をバザー品として送れる場所をお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』で、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。売り上げ金は、主に障害者福祉に使われています。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。
バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたいので(^^)
  • posted by せきぐち 
  • URL 
  • 2013.10/16 00:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

misarunko様 

おはようございます!

misarunkoさんは、あんなに美しいお部屋にお住まいですものね。
いいですね^^ 整理整頓お上手なのですね。

私は、リビングに頭を悩ませております。
子どもたちがリビングで遊ぶので、小物類がどうしても雑然と・・・。
子どもたちに片づけ上手になってほしいと、小物整理用グッズを揃えてはいるものの・・・。
もっと工夫が必要です。

部屋をどうすれば美しくさせられるのか・・・考えると、楽しくなりますね♪
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.10/16 06:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

おはようございます!
そうなんですよね。私も、ずっとそうでした。

闘魂注入完了ですね^^
それでは、次回作に期待しております♪
よしくんは、もともとものづくりがお好きなので、料理もはまるときっと楽しいですよ。
食事をするときも、
「何が入っているんだろう?」
「これは、どうすればこういう味になるのかな?」
と考えると、「おいしい」の幅が広がりますよ^^
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.10/16 06:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

せきぐち様 

初めまして。
コメントを、どうも有難うございます。

せきぐちさんの、お優しいお心が伝わって参りました。
福祉活動に役立てられるというのは、とても素晴らしいことですね。
私も、以前、福祉関係で働いておりましたので、福祉業界の大変さはよくわかります。
知り合いにも、伝えてみますね^^

私の不要になった服は、子ども会のリサイクル活動として使用されます。
子どもが少ない地域なもので、運営が困難なのです。
お役に立てなくて、申し訳ありません。

また、住んでおります街の資源としても回収されると、今回調べてわかりました。
洗濯済みの汚れのない服であれば、困っておられる方に役立てていただけるそうなのです。
これは、市町村の回収の仕方によって、違いがあるでしょうね。

せきぐちさんのお優しいお心が、日本中、世界中に広まりますように・・・e-267

足跡がないようでしたので、もしよろしければ、URLをつけていただけましたら、お伺いできるかと存じます。
コメント、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/16 06:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR