Entries

私にとっての「ごちそうさま」

大すきで、唯一見ていたテレビ番組の「あまちゃん」が終わってしまって・・・・・・。
今回は、ダメだわ。次の番組に、すぐ心がついていかない・・・と、ちらっと見ただけでやめてしまっていました。


今朝、たまっていた朝ドラ「ごちそうさま」の録画を見たら・・・・・・
心に訴えかけてくるものがありました。

食べることが好きで仕方のない6歳の女の子。
食いしん坊のあまり、いろいろと事件を起こします。

あるとき、当時はめずらしい苺を盗み食いして叱られます。
それでもその味が忘れられないとき、苺ジャムをいただきました。

貴重な苺ジャム。
女の子は、家族の誰にも、一口もあげません。


  (・・・この時点で、見ていて腹が立ってきました。
    何で一口くらいあげられないの、と。)


時を同じくして、当時めずらしいフランス料理屋のコックである父も、
壁にぶつかっていました。
「帝国ホテルの猿真似でしかない。街中なのに高級料理店気取りで、ご飯も箸も出さず、サービスができていない」
そう新聞に書かれたからです。

女の子の同級生たちに、父が自慢のフランス料理を出しても・・・評判がよくありません。
最後に、まかないだったデミソースの余りにご飯を混ぜたものと、
大きなオムレツを出したら・・・みんな満面の笑み^^
そして、心からの「ごちそうさま」。

父も、女の子も、大切なことに気付いたのでした☆



私のオリジナルって何だろう?

私の本当に欲しいものって何だろう?


・・・そう思わずにはいられない思いがしました。



今まで、様々な壁がありました。
乗り越えたようでいて、それがコンプレックスとなって残っていることもあります。

私にとっては、「健康でなかったこと」がコンプレックスです。

スナック菓子は身体によくないと、手作りおやつを母はよく作ってくれました。
インスタント食品も食べませんでした。
好き嫌いもありませんでした。
子どもの頃は、夜8時には寝ていました。
・・・それでも、人より身体が弱かった。

好き嫌いがあって、早寝早起きもしていなくて、大人になってからはお酒もタバコも口にする妹は、風邪ひとつひいたこともないほど元気なのに。

知らず知らず、私は自分を責めてしまいます。
身体が弱いのは、私のせいなんじゃないか、と。

・・・でも、お蔭で得たものもあります。

病気を知らずに生きていたら、
ただでさえ傲慢な私は、とんでもなく傲慢な人間になっていたことでしょう。

身体が弱いからこそ、
丈夫になりたくて、いろいろなことを学びました。
身体と「心」は密接に繋がっていて、身体だけ丈夫になろうとしても難しいことも知りました。

結婚当初、
「そんなに具合が悪くなるはずがない。家事がイヤだからだろう。」
と、夫に言われたこともありました。

そんな夫も、段々と私のことを理解してくれて、
「今日は具合、大丈夫? ママはデリケートだから。」
と聞いてくれます。

もっと丈夫だったら・・・・・・そう考えてしまうこともあります。
私は、小学生の頃から教師志望でした。
まわり道をしてから、やっと教職に就いても、身体を壊してしまって続けることができませんでした。

だからこそ、今、子どもたちの環境が劣悪になってしまっていることに、悠長に構えていられないときがあります。
もし、それが自分の生徒だったら・・・そう思うと、時折ブログに書く言葉も、激高してしまっていることがあります。


でも、別の角度からも考えてみました。
もし、添加物たっぷりの物を食べていたとしたら、もっともっと身体が弱かったに違いない。
こんなに大切に愛情をかけて育ててもらって、本当に有り難い・・・
そう思えました。


今、私にできること・・・
子どもたちを大切に育てて行くこと。
家庭を居心地の良い場にすること。
今まで知り得たことを、子どもたちに還元すること。

次の世代へ・・・・・・
私ができることをしていこう。
小さな小さなことの積み重ねだけれど。

焦ることなく、肩の力を抜いて、
ゆっくり、ゆっくり、時間をかけて・・・・・・。

Comment

NoTitle 

職場の、ソフトクリーム屋のパソコンの前で泣いている私…。

いま、お客さんが来たらどうしよう?(笑)

はあとちゃくらさんの言いたいこと、なんとなくわかります。
全てをわかってないかもしれないけど、同じ気持ちを持ったことがあるので、涙が出ます。

自分のこともそうだけど、子供のことになると本当にあの時にこうしておけばよかったのかと思い悩むことがたくさん。

今まで、はあとちゃくらさんだから、乗り越えられてきた壁がたくさんあったのだと思います。
つらい経験も、苦しかった思いも、乗り越えてきた はあとちゃくらさんだから紡ぎだす言葉があるのだと思うのです。
温かく、勇気の貰える言葉と言う応援は誰もができるわけではありません。

過去に縛られず、今を大切に生きようとする心、姿勢、見習わなくてはなりませんね。

今日も一日、清々しく仕事ができそうです!
私もがんばろう!
  • posted by Shop Asahiyama 
  • URL 
  • 2013.10/03 11:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

Shop Asahiyama様 

こんにちは。
本当に有難うございます。

ドラマを見た後、なんだか心がうごめいて・・・この気持ちは何だろう・・・何か書かずにはいられない・・・
そんな想いで書きました。

有難うございます。
きっと、Shop Asahiyamaさんも、いろいろなことを乗り越えてこられたのでしょうね。

お店での、あの細やかなお心遣いは、様々なご経験があってこその ご配慮だと感じます。

この出逢いに、深く深く感謝申し上げます。

拙い文章ではありますが、気持ちを汲んでいただき、感謝の想いでいっぱいです。

私も、前を向いて歩いていきます☆
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/03 14:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは♪

私も途中からですが夫婦で あまちゃんにはまって。。。

はあとちゃくらさんと同じく最初の一回はテンション上がらず見てました

が 女の子の食べるしぐさが可愛くて 引き付けられて。。。☆

でも 周りには あまロス症候群が多いですよ~笑


はあとちやくらさんの書いてる気持ち  全て理解できないかもしれない

けど色々な事を乗り越えられてきて 今のはあとちゃくらさんがい

る。。。素敵なご主人可愛い素直な子供さん達。。。

ちゃんと主婦して母しての結果じゃないのかな~♪  


私は今が一番良いと思って生活していますよ❤

  • posted by misarunko 
  • URL 
  • 2013.10/03 17:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。
この前の運動会で相方が感じたことを話していました。
子どもの成長をみられるのはとてもたのしい。
それも病気のおかげかもしれない。
近所の友達からは,旦那さんの愚痴をよく聞きます。
うちはそんなことは無いかなと思うこともよくあります。
「病気になった事は,他人から見ると不幸なことなのかもしれない。でも,自分が健康な状態で無いからこと違う角度で見れることもたくさんある。健康なら絶対感じられないこともたくさんある。」と。
コンプレックスは私もありました。
中学生のころに上級生に言われた一言が私の心を深く傷つけていただこともあります。
ただ,だからわかることもたくさんあるなと感じます。
はあとちゃくらさんの気持ちをすべて察することはできませんが,なんとなく感じられるような気がします。
次の世代へつなげる。これが一番の親の役割なのかもしれませんね。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.10/03 17:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは!

あらゆることに感謝し、今できることをする。
同感です!^^

私の場合も “今を精一杯生きる” これですね!
この方針でいってます^^
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2013.10/03 18:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは。

お姉ちゃんも“あまちゃん”にはまってましたよ。録画して見てるのでまだ終了してませんが。アニメを見るより楽しいみたいです(^^)

今できることをする。
本当にそうですね。
私もできることを少しずつやっていこうと思います。
  • posted by kohayuu 
  • URL 
  • 2013.10/03 22:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

misarunko様 

こんばんは☆

そうですね。
「今が一番いい」って、そう思えるのが一番ですねe-267

今日の放送を見ていて、
何だか私自身に問いかけられている気がしたんです。

ここのところ、子どもたちの授業参観があり、小3の授業でもやもやしていたり・・・。

この記事を書いていて、あぁ、私、こう思っていたんだなぁ・・・と、すっきりいたしました。

エッセイの続きだと思ってくださいませ^^
あれは、未消化でしたから。
ただ、気付いた、というところで終わっておりましたから。

あたたかなお言葉、有難うございます☆
今の幸せに、感謝ですe-267
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/03 22:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

有難うございます。
とても、深く胸に入るメッセージです。

相方さんのお気持ち、わかるような気がいたします。
健康なときにはわかり得たかったことって、ありますよね。
お子さんとの毎日を、運動会を、・・・あぁ、一緒にこの瞬間を生きている、成長を見守っていられる・・・そんな想いで見ていらしたのかもしれませんね。

そして、その相方さんを支え、3人のお子さんを育てておられるBinaさんも、相方さんとご一緒に居られることの喜びをかみしめておられたのだろうと思います。

Binaさんも、辛い出来事があったのですね。
心にいつまでもひっかかてしまうことって、ありますよね。

私自身、今回、この文章を書いて、だいぶ心が整理できました。
あたたかなメッセージ、感謝いたしますe-267

  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/03 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

有難うございます。

よしくんらしい、明快なお言葉ですね^^
シンプル イズ ベスト☆ ですね。

「今」がなければ、未来はありませんものね。
「感謝」の気持ちも、大事ですね。
人は一人では生きられないですものね。

  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/03 23:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

kohayuu様 

こんばんは☆

「あまちゃん」、よかったですね~e-266
こういう伏線があったのかぁ~!!!!!と、思わせるところがたくさんで。
震災をあつかっているのに、あんなふうにえがけるのって、凄いことだと感じていました。
登場人物も、「かっけー」かったですよね^^

「今できることを少しずつ・・・」
それでいいんですね^^
有難うございます☆
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.10/03 23:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR