Entries

ショック療法

たくさんの方々にご心配をおかけいたしました。
心のこもったお言葉・・・本当に感謝いたします。
まだ返信できていないコメントにも、返信をいたしますので、今しばらくお待ちください。


ここ数日、うつ状態でした。
普段、ほとんど食べない間食も食べたり。
人生が辛い時ほど、スィートなものが欲しくなる・・・セラピーの恩師に言われた言葉がよぎりました。
夜、きちんと眠っているのに、昼間、もの凄い睡魔に襲われたり。

そしてその後は、全く食べ物を受け付けなくなり、起き上がる気力もなく・・・。

8月18日(日)午後5時過ぎ。
家のチャイムが鳴り、プールに行っていたRINだけが帰って来ました。
夫とRONの姿はありません。

RONくんが、自転車で転んで、救急車で運ばれたの。
 首の後ろから、血が出てた。」

その後、救急隊の方から救急病院の名を告げられ、
保健証・子ども医療受給券の入ったお薬手帳を確認し、
とっさに、RONの好きな絵本も2冊手にとりました。

首の後ろ・・・どこを怪我したんだろう。脳へのダメージは・・・。
身体は動かせるようになるのだろうか・・・。

ここ最近の家族の不調和が、全てそこに集約されて、
RONが犠牲になったように感じました。


病院に着くと、CTを取り終えて、結果を待っている状態でした。

ストレッチャーに寝かされ、首に簡易のコルセット、
頭には白いネット。

救急隊の方にお礼を言って、RONの傍に行きました。
手を握ると、じっとりと汗ばんでいました。


「大丈夫だよ。すぐによくなるからね。」
平静を装った自分の声に、説得力がないのを感じました。
それでも、RONは小さくうなずいてくれました。

持ってきた絵本を読みました。
できるだけ、いつものように・・・。
でも、ところどころ、自分がどこを読んでいるのか、わからなくなりました。

2冊目を読みかけたとき、
先生が入って来られ、診察となりました。

そして、CT画像の説明。

一見、きれいな画像に見えました。
しかし、
「後頭部の骨にひびが入り、脳に空気が少し入っています。
 他の断面には写っていませんので、わずかでしょう。
 経過を見る為に、入院が必要です。
 脳出血が見られた場合は、緊急手術になる可能性もあります。」

その後、2回目のCTを撮りました。
2回目も、その前の画像と変わりはなく、病棟に行くことになりました。
後頭部に2箇所傷があり、2針ずつ縫っていただきました。
その傷から、骨のひびが確認できたそうです。
「脳にバイ菌が入って髄膜炎になる恐れもあり、消毒して縫いました。抗生剤の点滴で治療します。」と、先生。

RINと私は、一旦家に戻り、入院の支度をしました。
荷物を作っている間、RINには、
「シャワーをあびておいで。夜遅くなるから。」と言って。

救急病棟は個室でした。
24時間付き添ってください、と言われ、私が残ることにしました。
明日からの夫の仕事を考えたこともありますが、夫は明日は休みを取ると言いました。
私が体調不良なのを気遣ってくれて、自分が残る、と言ってくれましたが、
「大丈夫。ショック療法で治ったから。」
と、私が一緒に泊まることにしました。

付き添い用に借りた簡易ベットは、ストレッチャーが数センチの高さになったようなものでした。
数種類の入院の書類を書き終え、
RINと夫が病室を出られたのは、夜10時を過ぎた頃でした。

RONも、眠い筈なのに寝付けず、
絵本を読み、常夜灯に替えると、眠りにつきました。


深夜に一度、点滴確認で看護師さんが来てくれました。

私は、何度も目が覚め、明るくなるのがこんなに遅いとは思いませんでした。

朝5時。点滴の交換。

その後しばらく経ってから、血圧測定、検温、目に光を当てての瞳孔検査。
病院の先生や看護師さんから、RONは何度も
名前や年齢をたずねられました。
手足の曲げ伸ばしをやってみるようにも言われました。

私も、RONに聞いてみました。
「2たす3は?」
「5」
よかった・・・と思いました。
RONは、いつもの計算カードの宿題を聞かれているのだと思ったようで、
「けいさんカード、パパにもってきてもらって。」
「そうだね。持ってきてもらおうね。」

飲食は止められているので、まだ検査まで時間があります。
左手を点滴が外れないように固定されている手で、レゴブロックをするRON
「このぶひん、はずしてー。」
そうだよね。両手が使えないと、外すのはムリだよね。
それでも、車を作って、小さな人形を乗せました。

絵本も読みました。入院用に持ってきた絵本10冊。
全部読みました。
たくさん読み聞かせをして・・・乳幼児の頃を思い出しました。
昼間も、よくだっこしながら読んでいたなぁ・・・。ゆったり時が流れていたっけ。
今は忙しくて、寝る前の本読みはパパがやってくれています。
私は、時折、手が空いた時だけ。


午前9時をまわった頃、3度目のCT検査に呼ばれました。
ちょうど、夫とRINも、病室に到着。

検査を終え、結果待ちの間、私はシャワーを浴びに帰宅。
どっと身体が重くなり、階段を上がれずにつまずきました。

すぐに病院に戻ると、ちょうど先生の説明が始まるところでした。

「今日のCTでも、特に変わりはありませんでした。
 お昼ごはんから食べていいですよ。
 食べられたら、退院にしましょう。
 今後は、通院してください。」

前の晩から、常備薬以外、何も口にしていないRON
朝までは「おなかすいてない」と言っていましたが、
流石にお昼ごはんは待ちきれない様子。

待ちに待ったお昼は、牛肉の煮付け、オムレツ、もやしと野菜の和え物、じゃがいもの薄切り、ゼリー。
パクパクと、もの凄い勢いで食べていきます。
「いっぱいたべないと、にゅういんになっちゃうもん。」

もちろん、退院許可は出ました!
退院会計が出たのが、午後2時。
長い24時間が終わろうとしていました。




夜。子どもたちが寝付いた後、夫婦でたくさん話しをしました。
疲れている筈なのに、寝付けなかったのです。
たくさん、たくさん、話しました。
二人とも、心が自然にオープンになっていました。

そして、心から思いました。
RONが死ななくてよかったと。
家族みんなが、今、ここにこうして居られることが、とてもとても有り難く感じました。




 

Comment

NoTitle 

おはようございます!
夏休みでちょっとご無沙汰しておりました。
前回記事について今さらながらコメントさせていただこうと思い、訪問させていただいたところでした。

RONくんの具合を、心穏やかでない気持ちで拝見しましたが、今はとてもホッとしてます。
そして、最後のくだり・・・
良かったですね。本当に良かった^^
今朝、私がコメントさせていただこうかと用意してた内容なんて全く吹き飛びました^^
やっぱり、はあとちゃくらさんのご家族は素敵なご家族ですよ^^
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2013.08/20 08:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます。
RONくん無事に退院できて良かったですね。
ちょっとドキドキしながら読んでいました。
検査結果待ちの時間ってとても長く感じるし嫌な時間ですよね。
事故を目撃し一人で家に帰ってきたRINちゃんもえらかったですね。心配で心細かったんじゃないでしょうか。

ご主人様ともお話ができてRONくんも無事で本当に良かったです。
  • posted by kohayuu 
  • URL 
  • 2013.08/20 09:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.08/20 10:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

RONくんのその後は大丈夫?
大事に至らず退院できたこと、本当に良かったね!
本当に長い一日だったね・・・・
体力・精神的な疲れがどっと出たのでは?

読みながら、大丈夫なのだろうかと心配しましたよ!
ご主人ともたくさん話が出来たようで・・・・
家族の大切さと一つになる、それを再認識させてくれた出来事でしたね・・・
先ずは良かった~
  • posted by 北ノ大地 
  • URL 
  • 2013.08/20 12:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

どきどきしながら読みました。

お大事になさってください。

ご主人とも沢山お話ができて良かったですね。。。ホッとしてます。



  • posted by misarunko 
  • URL 
  • 2013.08/20 13:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.08/20 17:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

ご心配をおかけいたしました。
かなりキツイ ショック療法でしたが、このお蔭で、家族一丸となって乗り越えられました。
絆って、こういうことを通して深まるものなんだ・・・と、改めて思っています。

お心遣い、感謝いたします。

よしくんの用意してくださっていたコメント、拝見したかったです~。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/20 22:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

kohayuu様 

ご心配をおかけいたしました。
ホント、一時はどうなることかと思いました。
RINも、あの時はただならぬ表情で帰って来ましたので、RINもよく無事に帰宅できたものだ、と思いました。

災い転じて福と為す、となり、ほっとしています。

  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/20 22:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

午前10時の鍵コメ様 

ご心配をおかけいたしました。
穏やかな毎日では、なかなか感じられないことも、こういうことがありますと、家族の有り難さが身に沁みてわかりました。
お心遣い、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/20 23:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

北ノ大地様 

ご心配をおかけいたしました。

こんなに24時間が長く感じたことはありませんでした。
ずっと緊張状態でしたので、今夜はゆっくり休もうと思います。
お心遣い、感謝いたします。

こういう非常時は、自然と家族の心が一つになりますね。
もう経験したくはないショック療法でしたけど。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/20 23:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

misarunko様 

ご心配をおかけいたしました。
お蔭様で、丸く収まりました。

偶然というのは存在しないのだとか・・・。
全ては、神の慮りでしょうか。

お心遣い、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/20 23:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

17:53 の鍵コメ様 

想いのつまったメッセージ、有り難く拝見いたしました。
人生、いろいろありますね。
一つ、ひとつ、乗り越えていきたいですね。

お気遣い、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/20 23:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

大変な思いをされましたが
家族が一つになれてホント良かったです。
RON君も大事に至らず一安心ですね。
お大事になさってください。
はあとちゃくらさんも無理されませんようにご自愛下さいね。
  • posted by ままりん♪ 
  • URL 
  • 2013.08/21 13:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

RONくん、大丈夫ですか?

メロンソーダフロートをニコニコしながら、飲んでいた顔を思い出して、なんだか涙が止まらなかったです。

大事に至らなくてよかった。
本当に、本当に。
生きているということが、当たり前ではない…と思う瞬間ってありますね。
完治するまで、まだ心配はつきないでしょうが、どうかお大事にしてくださいね。

はあとちゃくらさんも、自分の体も大切に…。

遠くから応援しています。
  • posted by 旭山公園売店 
  • URL 
  • 2013.08/21 13:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

ままりん♪様 

あたたかなお言葉、本当に有難うございます。
家族みんなが、この気持ちを忘れずに、前へ進んで行きたいです。
RONや私の心配もしていただき、感謝いたします。
昨夜は、やっと熟睡できました。
平穏に朝を迎えられることが、とてもとても有り難いです。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/21 14:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

旭山公園売店様 

ご心配をおかけいたしました。
涙を流すほどのご心労をおかけしてしまって、申し訳ありません。

ほんの一時の出会いで、そこまで想っていただけるなんて、息子も私も幸せ者です。
これも、旭山公園売店様のあたたかなお人柄故のことと感謝しております。

本当にそうですね。自分自身の身体も大切にして、家族みんなを見守っていきたいです。

旭山公園さんは、今日も冷たいソフトクリームに、愛情をたっぷりトッピングされて手渡されておられることでしょうね。
応援、しっかと受け取りました!!
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/21 14:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

その後,具合はいかがですか?
ショック療法というのは,・・・。
けがをすることはありますし,しかた無いと思いますが,
入院の割にけがの程度が軽かったように見られます。
障害の残るけがで無くて良かったですね。
でも。CTを採るくらいなた小さな気がでも無いかも知れませんが。
生きていることのありがたみを感じますね。


  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.08/22 00:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

今ブログを拝見させて貰って驚きました。
大変だったのですね、でも退院出来て本当に良かったです。
はあとちゃくらさんの気持ちを思うと、一瞬昔の息子の時の事が頭に浮かんで来ました。
子供が小さい時は本当に色んなことが有りますね。
あとは…少しでも早くに完治できることをお祈りしています。
大丈夫ですよ!元気出して下さいね。
  • posted by わかば✦✦ 
  • URL 
  • 2013.08/22 01:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

はあとちゃくらさん、おはようございます。
RONくんが退院できて本当によかったですね。
同じ子どもを持つ親として本当にほっとしました。

そしてはあとちゃくらさんが ご主人との信頼関係を
再度しっかりと築かれたとしたら それこそ災い転じて・・・ですね。
子どもは時に身をもって親に何かを知らしめることがあると聞きます。

はあとちゃくらさんのご家族が心を一つにして
穏やかに明るく過ごされることを願っています。
  • posted by みなみのまま 
  • URL 
  • 2013.08/22 08:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

ご心配をおかけいたしました。

今日、通院し、縫ったところは異常もなく、来週月曜に抜糸、9月に入ってから4回目のCTを撮ることになりました。

病名が「頭蓋骨骨折」でしたので、その後の経過如何によっては、もっと長期間の入院となるところでした。

本当に、生きている、生かされていることは、有り難いことですね。
コメント、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/22 14:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

わかば様 

ご心配をおかけいたしました。

はえば立て、立てば歩めの親心・・・と申しますが・・・。大きくなって、手がかからなくなりつつあると思ったら、こういうこともあるのですね。
わかばさんも、さぞ、いろいろなことがおありだったのだろうと、お察しいたします。まだまだ、これから・・・ですね。

応援メッセージ、感謝いたします!!
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/22 15:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

みなみのまま様 

ご心配をおかけいたしました。

本当に、おっしゃる通りですね。
修復の機会を、無駄にはできません。
一生懸命に努力しても、空回りすることもあれば、こんなふうにして、自然に家族が団結する機会がおとずれることもあるのですね。

親の方は、まだ疲労が残っておりますが、子どもたちは元気いっぱいで・・・。
今日の通院も一苦労でした(汗)。
「穏やかに」・・・は、難しいものですね。

コメント、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.08/22 15:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR