Entries

感謝・・・コメントの返信にかえて

あたたかな、あたたかなコメントをいただきまして、
本当に有難うございます。
ただただ、感謝しております。


地の底に落とされたような感じでした。
妹とは、普通の会話さえ成り立たない。

妹が「お金が全て」の世界で仕事をしている限り、
おそらく、この先も会話は成り立たないでしょう。

母のことは、最終的には、母自身が決めることですので、
私は、話を聞いたり、必要な行動をとればいいのだと思いました。

母の病気が絡んでいることですので、
ついつい感情の深みにはまりがちになってしまいますが、
命にかかわることだからこそ、
冷静な判断は必要だと感じました。


深みにはまってしまっている時に、
皆様からの、心あたたかなコメントの数々には、
本当に救われました。

独りではないんだと、勇気をいただけました。
だからこそ、もう一度、足をふんばって、地の底から地上に出よう、と決心できました。

地上で応援してくださっている皆様のところへ戻ろう、
そこへ登って行くのは、自分が決めてよじ登らなければならない、と。

そう、決めたら、
昨夜はぐっすりと眠れました。


皆様のお蔭です。
本当に、本当に有難うございます。

自分の力は小さいけれど、
こうして、皆様のあたたかさに支えられて生きていられるのだと、
生かされているのだと感じます。

感謝の思いで、いっぱいです。
本当に、私は幸せ者です。

心をこめて、有難うございます。

Comment

お久しぶりです。 

『なりたい自分をイメージすることが必要』

はあとちゃくらさんが僕にくれた言葉です。
憎しみ、争い、戦争・・・現実には今すぐなくなりません。
でも
「全ての子供に5歳から慈悲について1週間に1時間でもいいから考える時間を与え、それを一生続ければ一世代のうちに世界から暴力と戦争はなくなるだろう」
ダライラマの言葉です。
一朝一夕には行かなくても「今」からでも遅くないはず。「今」から始めなくてはならないこと。

最近、ちょくちょく本を読んでますが、はあとちゃくらさんのブログでも触れられている「ユング」の言葉を目にする機会が増えました。

ありごがとうを贈ります。

失礼しました。
  • posted by peco 
  • URL 
  • 2013.07/06 11:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

私の相方も相方の父親(私からは義父)とはうまくいっていません。
「誰が育てたったと思ってんねん」という義父。
「お前に育ててもらったと思ってへんわ」という相方。
はあとちゃくらさんもそういう環境なんですね。
本当に辛い思いをされていることとお察しいたします。
ただ,今は,はあとちゃくらさん自身の心の整理をなさってください。
相方も言っておりましたが,本人が気づかなければかわりません。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.07/06 20:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

peco様 

pecoさんて、私が本当に助言を必要としている時に、いらしてくださいますね。今回も、また、有難うございます。

1週間に一度、5歳からずっと・・・。そうですか。
大人になるに連れて、醜い心が増えてしまう気がします。幼児の頃までが、無意識の世界にいられるからでしょうか。純粋だからでしょうか。
「今」から、少しずつ、ですね。

「ユング」の邦訳は、なかなか難しいですが、河合隼雄先生が書かれた本は、読みやすいものが多いです。ユング心理学を日本に紹介し、広めた方です。

私の方こそ、感謝しております。本当に有難うございます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.07/07 22:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

有難うございます。
お蔭様で、心の整理がつきました。感謝いたします。

そうですね。その人自身が気づかなければ、何も変わりませんね。
私は、私自身、何ができるのか、そこを見るようにします。
本当に有難うございます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.07/07 22:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR