Entries

RONの病状 ・ エプロン作り ・ RINの遠足

お蔭様で、RONは、その後発作も出ず、二日間休んで、木曜から登校しております。
あたたかなメッセージ、どうも有難うございました。

              s-DSCF1034.jpg

5日(水)、休んでいた時に作ったロボット(後ろ姿)。
各関節が動きます。
背中のグレーの棒は「剣」だそうで、手に持ちかえられます。
元気な時は、たっくさん作るんですけどね・・・小品一つでした。

咳もおさまりましたが・・・いまひとつ、元気がないです。
全く走りません。声も、いつもの調子ではなくて・・・全快してほしいです。


RONが体調を崩して、夜中に咳をしていると・・・眠れなくなってしまいます。
今まで、病院をたらい回しされたあげく、悪化して入院ということが、他県ではよくありました。
病院のシステムに問題があったんです。

RONは、入院を繰り返す喘息でしたから、入院設備のある公立総合病院がかかりつけでした。
しかし、この公立病院は担当医制ではない。しかも、土日は休診。
小児科部長の先生が「風邪だけの症状でも、土曜の午前でしたら救急をやっています。この病院の救急にかかってください。」
と言ってくださっていたのですが・・・実際にかかると、
「なんでこのくらいで救急に来るんですか! 救急なんだから、水が一滴も飲めないとか、チアノーゼ出てるとかだけにしてください!!」
と、若い女医さんに言われ・・・。
土日は、一人で切り盛りしないとならないので、テンパってしまうのでしょうがねぇ。
(本当にチアノーゼが出るまで家で待ってたら、死んじゃいますからー。)

土日にやっている小児科、内科、市の夜間救急、全て行きました。
その度に、ちょっとの風邪で、すぐに喘息発作が出やすいことを伝え・・・。

誤診もありました。
おかしいと、近くの小児科にかかった土曜昼近く、ささっと3箇所聴診器を当てただけで風邪薬を処方されました。
しかし、これはただの風邪ではない、と症状を見て思い、土曜午後もやっている内科にかかったら・・・
「肺炎です。左の肺の方が悪いですね。」
と、胸のすみずみの音を聴診器で聴いただけでわかってくださいました。
肺炎の胸の音は、ポツ、ポツ、という、極めて小さな音がするそうです。

その時、かかりつけの公立病院に電話してくださったのですが・・・応答なし。
入院設備のある病院ですが、小児科医は、宿直なしで、急変があった時だけ対応しているのです。

すぐに大学病院に連絡してくださいました。
大学病院でレントゲンを撮ると、やはり左の方がより悪い肺炎でした。
しかも、診察を受けている最中、喘息発作も起き・・・。
しかし、大学病院の入院レベルではないと、点滴と薬だけで帰され、
その間、発作を繰り返すので、酸素不足になる一方で・・・。
月曜、公立病院に入院となりました。

そんなことが、他県では度々ありました。


幸い、こちらの県に移ってからは、喘息治療で有名な小児科の先生に巡り会え、
鼻風邪からすぐに発作になりやすい症状の重い喘息、ということをよく理解してくださり、
迅速に適切な処置を受けられています。

ただね・・・RONが具合が悪いと、思い出しちゃうのです・・・。
それで、寝不足に・・・。
寝不足だと、高血圧気味になってしまい・・・私まで体調不良に・・・。


昨日の午前中は、できるだけ安静に過ごし、自分自身が回復するように努めました。



そして、昼からは・・・

s-DSCF1025.jpg

RINのエプロンを作り始めました。
学校で使うとのことで、今まで使っていたエプロンが小さくなったので、作ることに。
布は、以前、RINの好みの柄を買ってあったのが、ちょうど使えました。

RINが帰ってきてから、首と腰の部分を調節。

s-DSCF1026.jpg

首と腰は、太い平ゴムです。
スポッとかぶれば、すぐにエプロンを着けられて便利
以前、先輩ママさんに、同じ作りの幼児用エプロンのお下がりをいただいたんです。
これならば、紐を作らなくてすむので、パパッと仕上がります。
RINも気に入ってくれました



今日は、RINの遠足です。
RINも、朝、5時半に起きました。
そして、お弁当作りを一緒に・・・・・・

             s-DSCF1029.jpg

卵焼きとウインナーは、RINが担当。
・・・で、包丁・まな板を洗い、おかずを詰めたら・・・
テレビを見ているRIN
そんなにくつろいでいて、大丈夫?

と、水筒のお茶を入れて荷物の確認をすると・・・
肝心のしおりを入れてないー!
バッチもつけてないー!!
ちょっとーーー、朝ごはん、まだ残ってるじゃないー!!!

おいおい、と思っていると、
ピンポ~ン♪
と、予定より10分前にお友だちが

どーにかこーにか、支度完了。
すると・・・・・・
黄色い帽子に、ランドセル背負ったRONも、玄関に来ていました。
いや、RONはまだいいから。君は普通通り、7時半に出れば充分だから、あと30分もあるから・・・と、説得。

二人目って、手がかかりません。
イヤ・・・性格の問題なのか・・・・・・

ちなみに・・・RINのこういうギリギリにならないとあわてないところは・・・子どもの頃のワタシそっくりです
いや・・・私はお弁当作りのお手伝いをしていなかったから、私よりはマシ、なのかも。

Comment

NoTitle 

RONくんはやく全快して元気に走り回ってくれると良いですね。

夜間の救急ってそんな扱いですよね。
うちはお姉ちゃんが血小板減少症で市民病院にかかってますが、異常にあざが増えたので救急かかったら研修医みたいな先生でこれぐらいなら・・・一応検査しますがどうします?みたいな対応で。心配だったので検査してもらったら即入院しなければいけない数値だったってことがありました。
  • posted by kohayuu 
  • URL 
  • 2013.06/07 17:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

kohayuu様 

有難うございます。
お蔭様で、今日は、だいぶ元気になり、体育もできたとのことでした。
夕方も外遊びしていましたので、おそらくもう大丈夫かな、と思います。

kohayuuさんちのお姉ちゃんも大変でしたね。かかった時のお医者さんが、その病気について詳しいかどうかで、その後が大きく変わっちゃいますよね。
検査できてよかったですね。検査もできなかったら、大変なことになってましたね。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.06/07 18:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは!
本日の記事はお互い、医師の職業倫理つながりでしたね(笑)
医師でも何でも行き着くところは、やっぱり人を思いやる気持ちでしょうね!
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2013.06/07 22:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

いざとなったらあそこのお医者さんにみてもらえば安心!

なーんて、そんなお医者さん、そうそういないもの。
信頼できる先生と出会えて、よかったですね☆
  • posted by みちこ 
  • URL 
  • 2013.06/08 07:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

ホント、そうでしたね。
私も、記事を書いた後、よしくんちを訪ねてみたら、そのような内容だったので驚きました。

ただね・・・背景には、医師不足もあるとは思っています。特に、小児科医や産婦人科医は不足しています。
そして、医者は特権階級だ、という意識がある医師が存在するのも、また事実です。
医者って、究極のサービス業だと思います。特に若い医師は、宿直して、徹夜の状態で日勤をこなします。看護師は三交代制ですから、不規則ながらも、自分の時間や睡眠時間が確保できます。

・・・あ、このくらいにしておきます。医療界にもいたことがありますので、辛い現状も、少しは知ってはいるのです。
心身と、知識・技術が全て優れた医師・・・という方は、相当な努力をされておられているのだと思います。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.06/08 09:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

みちこ 様 

そうですね。本当に、今診ていただいている先生は全面的に信頼できますので、安心です。
ただ、休診日や夜間は診ていただけません。夜中は、夜間救急に行くしかありません。
喘息は、夜間悪化することが多いので、それだけが心配です。・・・だからこそ、悪化する前に未然に発作を防げるように、私が注意していなければならないと感じています。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.06/08 09:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.06/09 00:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

鍵コメ様 

あたたかなメッセージ、感謝いたします。
子どもが小さなうちは、何かと病院にお世話になりますね。
だんだんと成長するにつれ、健康になってくれることを望んでおります。
また、お邪魔しに参ります。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.06/09 23:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR