Entries

母と娘

娘の欠点には、我が身が映ってイヤになる。

でも、女同士だからこそ、わかり合えるところもある。


今日、RINと買い物に行く約束をしていた。
しかし、娘はその時間になっても友だちと遊んでいて、結局、買い物には行けなかった。

夫には、私が考えた夏の旅行の計画を、パソコンで見てほしいと話しかけた。
集会所の掃除から帰ってきたので、「着替えたら行く」と返事をしてくれた。
・・・しかし、待てども全く来る気配なし。

RONも、近所のお友だちと遊びに行っている。


私・・・・・・・・・・・・ぽっつーん。
小さな約束かもしれないけれど、守ってくれないのってサミシイ。
すごーーーーーく サミシイ。


RINと夫に、その気持ちをぶつけた。
夫はわかってはくれなかったようだけど、
娘は理解してくれた。

「ママ、やくそく守らなくて、ごめんね。」
と、泣いてあやまってくれた。
「わたしも、そういうことあったよ。」
と、似たような体験を話してくれた。
やっぱり、こういう気持ちを共有してくれるのは、女同士だからだろう。
夫に理解を求めても、ムナシイだけかもしれない。

夜、娘は書道の練習をし、作文のメモを書いたり、クロスワードをやった。
私は、近くで見守っている。
時々、わからない箇所に答えながら。

こういう時間は・・・おそらく小学生のうちだなぁ。
そう思うと、娘の学習を同じ空間で見守るのも、あと3年半。
短いなぁ。



遠くに居る私の母とは、しばらく会っていない。
先日、電話がかかってきた。
同居している妹家族の愚痴話。
妹はシングルマザー。
甥っ子と姪っ子は、母が育てたようなもの。
今も、家事一切を、病気の母がしている。
妹は土日もなく、夜遅くまで働いている。
いつもは、愚痴を受容して聴いているのだが、
「死にたい。」
と母がもらして、思わず怒鳴ってしまった。
「お母さんばかり、辛いと思わないでよ! 私だって、どれだけ辛かったか! 辛かったら、妹に言えばいいじゃない! 自分が変わらなきゃ、何も変わらないよ!!」

母が病気で倒れて以来、私は母に自分の辛さを一切言わなくなった。
でも、母の愚痴は、受容してきた。
私だって、妹に言いたいことは山ほどある。
実際、それを言ったが為に、妹からは家に来るなと言われてしまった。
だから、私には実家がない。

今更、高齢の母が変わるとは思えない。
今まで、すいぶん妹を甘やかしてきたのだから。
でも、「じゃ、こうしてみたら。」と私が提案しても、
「でも・・・だから。」「でも・・・。」
と、できないことばかりを探す。
要するに、変えようという気がないだけ。

やはり、身内には感情が入る。
セラピストとしての受容的態度を100%保つことなどできない。


Comment

NoTitle 

病気で高齢で孫の面倒一切みてるんですか?
大変ですね、お母さん。
妹さんに甘い理由はなんなのでしょう。
土日もなく働いているから?
それとも昔から甘かったのでしょうか?
お母さんが無理なら、妹さんの方で
変わってくれるといいですね。
  • posted by みちこ 
  • URL 
  • 2013.06/03 01:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

みちこ 様 

母の術後に、しばらくこちらで一緒に生活したことがありました。母との同居も考えました。が、母自身が、かなり気兼ねしてしまって、我が家との同居は無理でした。

母は、妹へは、小さな頃から甘いんです。
嫌いなものがあって食べられない、ときは、妹用に別メニューを作ったり。
結婚してからも、何かとやってあげてばかりでした。妹が母に全てをやってもらうのは、母にも責任があるんです。
母が倒れた時に、妹が変わるのを期待したのですが・・・。私が意見したら、絶縁状態になってしまいました。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.06/03 07:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

う~ん、突っ込みにくいところですが・・・。

歳とともに、
人の意見に耳を傾けるようになるものですが、
いかんせん、身内の場合は横流しにされがち・・・。
甥・姪っ子さんは いくつでしょうか?
母の味なり、母の愛情なりを知らずに育って、
やがては、
すべて自分にかえってきてしまうと思うんですが・・・。
  • posted by おでかけ親父 
  • URL 
  • 2013.06/03 12:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは!
女同士だからこそ、わかり合えるところもある・・・

お母様も娘だからこそ、はあとちゃくらさんには他人に言えない愚痴を話したかったのかなと思いました^^
そして、はあとちゃくらさんもお母様だからこそ、本音をぶつけられるのかなと。思いっきり^^

記事を拝見して、感じたことですが・・・
一家を支えるべく土日もなく夜遅くまで働かれている妹さん。
そんな妹さんをサポートすべく一切の家事をされているお母様。
お母様がご病気されて以来、ご自身の辛さをお母様には話すことなく、実家に頼ることのないはあとちゃくらさん。
みなさんそれぞれ一生懸命に頑張っておられるのだと感じました。

感情が入るってのも、良くも悪くも身内だからですよね。
根本は、シンプルに相手を思う気持ちなのかなと思います。
小さな頃から妹さんに甘かったってのも、お母様なりの妹さんを思う気持ちだったのかななんて^^

当然あるでしょうそれぞれに抱える事情を何も知らない私が感じたままに書き綴った内容なので、失礼があればすみませんペコリ。
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2013.06/03 12:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

おでかけ親父様 

コメント、有難うございます。
甥も姪も、高校生。グレズずに、真っ直ぐ育ってくれたのが救いです。
妹は、かなりハードな男性が主流の職場で、しかもトップの成績ですから・・・仕事だけを見たら、優秀なのでしょうが・・・。
母や子どもたちのことをもう少し考えてもらえたら・・・と思います。
ただ、仕事と家庭の両立というのは、口で言うほど容易いことだとは、私も思ってはおりません。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.06/03 16:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

それぞれの立場を思いやってくださるご意見、有難うございます。
そうですね。それぞれに頑張っているのですよね。ただ、その頑張りのベクトルが、ズレてしまっているのでしょうね。

母が妹へ甘いのは、・・・下の子だから、いつまでも子ども扱いなんですね、きっと。
私とは、年も離れておりますし。
妹に対しては、何もかも許しすぎてしまった結果です。母にも、反省してほしいと、ずっと訴えてきましたが、母は「ああいう子だから」と、取り合ってくれませんでした。

そして、妹も、いつまでも母にやってもらえばいいと思っている。「私は仕事してるんだから」と、威張っている。・・・でも、それももしかすると、虚勢を張っているだけなのかもしれません。
妹は、私に対して、いろいろな意味で、劣等感を抱いているのだと思います。だからこそ、強気で出てしまう。

私は同じ屋根の下には暮らしていないので、どうのこうのできません。
みんなが互いに、もっと腹を割って話せばいいのに、と思います。そして、助け合っていけばいいのに、と。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.06/03 17:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。
感情をおやにぶつけるって悪いとは思いません。
むしろ親だから言えることもたくさんあるし許されることもたくさんあります。
これが他人なら,憎しみになるかもしれません。
親子だからわかるってこともありますね。

女同士でわかる夫にはわからないことはあります。
私も娘をみて自分を映し出しているようで相当いらつくことがあります。
むしろ,「同じだ!!」と思いました。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.06/03 23:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

有難うございます。
怒鳴ってしまってから後悔していましたので、そう言っていただけると、ちょっとほっとします。
あの時、母に怒鳴ってしまったのは、私自身が母に辛さを訴えていないのに、母ばかり、辛いと思っていることや、「死にたい」などと言ったことに腹を立てたのだと思いました。
そして、私が「こうしてみたら」と提案しても、意図も簡単に「できない」と決め付けていることにも腹立たしく感じました。
もちろん、高齢で気弱になっているということもあるのでしょうが。

Binaさんも、娘さんを見て、同じように思われているのですね。
娘って、良くも悪くも、自分に似ていて、息子以上にキツく言ってしまうことがあります。その後反省しても・・・ムズカしいです。
それでも、「ママ大すき」と言ってくれる。・・・親子だからこそ、なのでしょうね。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.06/04 09:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR