Entries

ありのままの自分

たいへん有り難いです。
自分でもよくわかっていない自分の思いを、たくさんの方々にお考えいただいて・・・
感謝の思いでいっぱいです。


つらつらと答えのないことを自問するのは、小さい頃からの私の趣味のようなことですので、どうぞご心配なさいませんよう。
いえ、でも、そんなあたたかな皆様の思いをいただけて、私も、混沌のその一歩先へと歩みつつあります。
感謝いたします。


一つには、属性の縛りではない、まるごとの自分を知りたいのだと思います。
つまり、夫の妻だとか、子の母だとか、ブログ上のはあとちゃくらだとか、本名だとか、
そういう枠組ではない、自分自身とは何処に居るの?・・・そういう問いだと、シャワーを浴びながら思いつきました。


私は、障がいを有する方々と接する仕事をして参りました。
その仕事に行き着いたのは、その方々のお役に立ちたい・・・などということではなく、いえ、その要素もありはしますが、
私が私で居られたから、というのが一番の答えです。

重度の知的障がいを有する方は、裏表がありません。
どんなエライ方が来ようが、眼中にないのです。
どれだけこの人は信用できるか・・・もっと平たく言えば、好きか嫌いか、そういうことで付き合ってくださいます。
それが、どれほど心地いいことか・・・!

もちろん、仕事上大変な事はありますが、それ以上に、自分をまるごと認めてくれるのは、とてもとても嬉しいことでした。


それで、この答えが終わるのではないのですが、問いがそこにあることはわかりました。



「知魚楽」という話を、国語の授業でやったのを思い出しました。

「魚が楽しそうに泳いでいるなぁ。」
「君、魚が楽しいというのがわかるのか?」
「そういう君こそ、私が魚の楽しみがわからないということがわかるのか?」

こんな話だったと思います。
こういう、こんにゃく問答のような話が好きです。
答えの無いことを探すのが、面白いなぁ・・・と思います。




今日書いた書。
新古隷という書き方を始めました。
ええっ!?、と思った書き方でしたが、書いてみると、なかなか面白いです。
筆の扱いが、まるで違います。
下手でお恥ずかしいので、小さめに・・・。

              
        s-DSCF0744.jpg


私も宇宙の一部なのだなぁ・・・と感じました。


 追記; 「天地玄黄、宇宙洪荒、・・・」と続く、漢字・習字用テキストとして知られる『千文字』より。和訳は、「天の色は黒く、地の色は黄色、宇宙は洪荒なり。」
中国史上最高の能書家、王義之の書より、周興嗣(しゅう こうし・470年?~521年)が、千文字を重複せずに使用して、一遍の詩にした。

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.04/19 09:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

鍵コメ様 

ご丁寧なコメント、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/19 10:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.04/19 11:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは!
趣味でしたか!良かったです!^^

どれだけこの人は信用できるか・・・
そうですね!私も人付き合いは、どれだけお互い腹を割れるかだと思ってます^^
裏表なくってのも、信頼関係を築くうえで必須ですよね。

天の色は黒く、地の色は黄色・・・
この時点ですでに私には、何が何だかさっぱりわからなかったので早速調べてきました^^
世界は真っ黒から明るい色まで明暗すべての色が満ち充ちってことですね^^
新古隷という書き方といい、初めて知ることばかりで勉強になります!

私も宇宙の一部・・・深イイですね。
仮面ライダーフォーゼが毎回「宇宙キター!」って叫んでましたが、なんだか妙に深い言葉に思えてきました(笑)
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2013.04/19 12:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

鍵コメ様 

あたたかなメッセージ、本当に有難うございます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/19 12:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

いつもあたたかなお心遣い、本当に有難うございます。
よしくんて、本能的に、最もいいことを見抜いて行動できてしまう方なのだと思います。
そういう生き方って、いいですね。尊敬いたします。

私こそ、勉強になります。
お手本には何も解説がありませんでしたので、私も取り急ぎ、検索してわかったことを手短に書きました。
よしくん情報も為になりました。有難うございます。

新古隷・・・不思議な文字ですよね。筆の入れ方からして、全く違うんです。
きっと、後で見たら、こんな字をブログに入れちゃってぇ・・・と、ものすごく恥ずかしくなるのでしょうが、初心者の強みで?ご紹介がてら載せてみました。

ホントですね、フォーゼって、深かったんですね(笑)。
「プリキュア5go go」も、深いところがありましたよ。おおっ、この脚本書いた人、心理学のペルソナとシャドーのこと知ってるな、・・・と思った場面がありました。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/19 13:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます。

混沌とした気持ちは良くわかりますね。
私は専業主婦になってから良く感じるようになりました。
仕事をしていたころは,ストレスが多いけれど混沌とした気持ちはなかったように思います。
なので,いろいろ考えているとそういう考えも出てくるんでしょうね。

新古隷というのですね。こういう書き方は見たことがあります。
この書き方のレベルまでなかなか達しません。
楷書が中心で,今は行書?でしょうか。



  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.04/20 09:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

有難うございます。

こういう気持ちは、きっと心のどこかしらに、うずもれているのかも知れませんね。
それが、何かのきっかけで顔を出す・・・。
仕事が忙しかった時は、自分自身よりも、仕事の矛盾点の方に目が向いておりました。

それぞれの書道の会のやり方があるのでしょうね。
「清風会」は、一般向けには、入会した時から、楷書・行書・草書がセットでした。
初段に上がる時、半紙か条幅(草書)かの申請があり、私は半紙を選択しました。
当面は、隷書のようです。
まっすぐな線なのかと思ったら、そうではないんですね。少し波打つように筆をいれ、書き進めるんです。難しいですが、面白いです。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/20 15:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR