Entries

自我同一性 (アイデンティティー)

自分がそもそも何者なのか・・・
そんなこと、考えただけではわからない。

私は、紛れもなく、二人の子の母であり、
それは、子どもがこの先成長しようが、変わらぬ事実。

母として子の成長を楽しみにするのが、一番の楽しみであることは、疑いようもない事実。


そして、私は、その先にある何かを求めている。
否、先にあるのではなく、絶えず私の心にあったもの、と言った方が正確。
それが何であるかは・・・・・・わからない。


混沌のようで、もうはっきりと定まったもののような気もする。
何かが、生まれる前兆のような・・・
見過ごしてはならない、大切なもの。


いいのです。
誰に理解されなくても。
私自身がそれに気づき、この先も、その成長に目をやって居さえすれば。

絶えず、水をやり続け、
そこから目を逸らさずに居さえすれば、
必ずわかる時が来るのです。
きっと・・・・・・。


Comment

NoTitle 

こんばんは!

誰に理解されなくても・・・
とのことでしたが、少しでも理解できたら・・・と思い
取り急ぎ “自我同一性” について調べてきましたよ!
覚えてますか!心友といっていただけた間柄ですからね!なんとか理解したいですよ^^

昨日の記事の私のコメントって、はあとちゃくらさんが意図していた自我同一性とはピントずれてる感じでしたね。
なんかすみませんペコリ。

はあとちゃくらさんは今、これまでに獲得してきた様々な自己の部分を整理しなおしてるんですかね。
机の上を整理するのとは、わけが違って難しいように思いますが、さっぱり整理つくといいですね^^

基本的に「ま、気楽にいこうぜ」ってスタンスの私では、なんだかコメントに深みがなくてダメですね^^
なんかすみません。
でも、こんな時少しでも力になりたいってのが心友ですから・・・ぺこり。
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2013.04/17 19:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

感謝いたします。
本当に、本当に、よしくんて誠実な方ですね。
ぺこりの必要はありませんよ。答えはシンプルなのが一番ですから。昨日のコメントも、きっと、私が気になっていることの一部分なのだと思います。有難うございます。

「自我同一性」・・・本来は、青年期の課題とされている言葉です。・・・でも、私の中には、子どもの頃からも、青年期も、そして仕事に就き、結婚し、子育て真っ最中の時も、絶えず心の奥底に、変容しつつも在るような気がしています。

今回、アトピーがここまで悪化した時期が、RONの卒園・入学と重なっていたのも、深い意味があるような気がしてならないのです。
痛みの中で、幼児期から今までの自分が現れて来ました。
今まで、おざなりにしてきた自分と対峙できたのですね。

・・・そして、今、何かが現れてきそうな想いがあるのです。
もちろん、それは形あるものではないのですけど、ね。

よしくんの、お力、励みになります。
「気楽」はいいことです。きっと、瞬時に必要な事を取り入れておられるのだと想います。
心友のコメント、とてもとても心にしみます。感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/17 22:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。
うまく言えませんが,
なんで私が生まれてきたのか考えることはよくあります。
なぜ私なのか,私が必要なのかっていうことを。
でもそれはあまり見つからないのかもしれません。
むしろそれは見つからず見つけようとすることに意味があるのかもと思います。
そんなことで私もよく混沌とします。
なに?なぜ?とても不思議に思います。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.04/17 22:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

そうですか。Binaさんも、そういう思いをされるのですね。
「見つけようとすることに意味がある」・・・とてもステキですね。

子どもたちに任せてやらせる・・・という子育てからも、そういう信念が感じられます。

そういう思い・・・きっと、子どもたちの心にも、そのうち芽生えてくるのでしょうね。
そんな時、一緒に、どうしてだろうね・・・と、大切に見守ってあげたい・・・と、思いました。・・・親には話さないかもしれませんが。私は、親に話したことありませんでした。

ステキなメッセージ、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/17 23:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます

自問自答・・・・・
いまここに居るのは間違いなく「はあとちゃくらさん」であり

そしてこれから先も「はあとちゃくらさん」なのです・・・・
自分の存在価値・・・・
それはあなたを家族が周りの人がどれだけ必要としているかだと・・・
どれだけ必要とされてるか・・・
そして必要とされてることを自覚し、いかに答えるか・・・

的外れなことを言ってたらゴメンなさい!

それから、私のブログ記事「後姿・・」ですが・・・
ある方から後姿とはいえ勝手に写真を載せることはどうかと、FCは多数の人が見る場所であるのでと指摘がありました・・・
せっかく書いて頂いたコメントですが削除を致しました。
  • posted by 北ノ大地 
  • URL 
  • 2013.04/18 09:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.04/18 11:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

北ノ大地様 

有難うございます。
自分でも、何を言っているのかよくわからずに書いているところもあります。
でも、書くことで、段々と明確になるのではないか・・・おぼろげながら、その輪郭くらいわかるのではないか・・・と思って書きました。

北ノ大地さんのおっしゃることもわかります。
自己有用感ですね。
他者との関係性の中で、自分の存在意義を認める。・・・それも、一つの方法ですね。

なんだか、私のは、広漠とした感じなんです。東洋思想の本でも読んでみようかな・・・なんて、昔の本を引っ張り出しております。
すみません。こんなよくわからない話にお付き合いしていただいて。感謝いたします。

落ち込んでいる訳ではありませんので、あまりお気になさらずに(笑)。
ご丁寧なコメント、感謝いたします。


後姿・・・そうですか。顔が出ていなければいいのかと思っておりました。了解いたしました。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/18 13:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

鍵コメ様 

あたたかなメッセージ、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/18 13:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.04/18 17:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

鍵コメ様 

とても有り難く、感謝の思いでいっぱいです。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/18 22:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

お久しぶりです^^

混沌とした思い、私もありました。
今も時々あります。
自分が何ものなのか、何を求めているのか、なぜここにいるのか等。
突き詰めれば何故生きているのか^^;

子育てが終わってから言えることですが・・・
子育て中は自分の中心が子どもでした(赤ちゃんの頃はそれを強いられますね)。
その後も子どもの成長を一番の生き甲斐としてきました。優先順位は常にこども。でも、途中からそれではシンドクなりました。子どもは親の思うようにはいきません。子どもの成長はとても嬉しいものです。でも、それと同時に自分の成長も必要だと子育てをしながら気づきました。
子どもはいずれ親の手を離れます。
その最初が幼稚園ですね。少しずつ、親が子どもに出来る事が減ってきます。
ちょっとした自分時間に・・・ふと混沌におちいる。
それは自然な事だと思いますよ。
そろそろすこしずつ自分軸を取り戻そうよ・・・って事なのかもしれません。

はあとちゃくらさんの言われるその先にある何か・・・私も考えた事があります。
私の場合は、それは「自分の成長」であることに気づきました。自分の成長は、自分が幸せになるためです。そして、自分が幸せでいる事でまわりに波及できたらいいなと言う考えです。

混沌とするときは、しっかりそれと向き合えばいいと思います。
焦らなくてもいずれ答えは出ると思いますよ。

私は自我同一性についてはよく知りません。
もしかしたら、またトンチンカンなコメントかもしれない^^;だったらごめんなさい!
思った事を書きました。長くなってしまいました^^;
  • posted by すいかたべ 
  • URL 
  • 2013.04/19 13:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

すいかたべ様 

おっしゃっていること、もの凄くよくわかります!
そうなんです。子どもの成長が何よりの楽しみなのだけれど、子どもと自分は一体ではない。だから、今のままではいけない・・・という感じかもしれません!
子どもの成長だけを楽しみにしていたのでは、自分がやりたかったことを子どもに求めるだけになってしまうような危うさも感じました。これは、私の場合ですけれど。

娘のドレスを作ったり、子どもたちの袋物を作ったり、そういうことをしていた時、そこに自分の表現を見出していたように思います。

子どもたちの勉強や習字を見たり、一緒に料理をしたり、本を読んであげたり・・・。それらの時間にも充実感があります。

でも、そろそろ自分自身と向き合いたい・・・誰かがあっての自分ではなく、自分そのものと向き合いたい・・・という欲求なのかもしれません。

有難うございます。
貴重なご意見、感謝申し上げます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.04/20 15:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR