Entries

実際の物に触れることの大切さ

文章がこなれておらず、ご迷惑をおかけしております。

私は、機械によるゲーム自体や、ゲームを趣味としておられる方々を批判している訳ではありません。
私は、天邪鬼なところもあり、アナログなところもあり、視力がよくない、ということもあって、ゲームの面白さがわかっておりません。
機械によるゲームも、多種多様のようですね。

室内ゲームの歴史を辿れば、機械を使わずとも、カードゲーム、ボードゲーム、囲碁、将棋やチェス・・・それこそ古くからあるでしょう。

ただ、幼児期や小学校時代は、身体や脳の成長発達の著しい時です。
この時期は、人と人との間で様々なことを体験したり、身体を充分に動かした遊びをすることが、心身に良いことは明らかです。

現代の小学生は、脚が長くなったり、身長が高くなったりしていますが、体力面では、昔の子どもよりも劣っています。
偏平足になったり、背骨の異常があったり、まっすぐ歩けない、走れない、そういった身体の歪みも指摘されています。
固い物を食べない傾向にある為、歯のかみ合わせの異常も指摘されています。

自然の色を見る、聞く、匂いを嗅ぐ、触れる。
そういう体験をたくさん積ませてあげたい、と思います。

できるだけ、添加物のないものを食べさせるのも、味覚を育て、健康な身体もつくります。
ちなみに、幼い子ほど、刺激物が食べられないのは、「みらい」という、味細胞が多いからだそうです。
無農薬な野菜は、どっしりとした重みがあって、みずみずしくて、味が濃いです。パワーを感じます。
にんじんも甘いです。

人間も、子どものうちは、できるだけ機械を通してではなく、生身の体験をさせてあげたい、と思います。

テレビ、ゲーム、パソコン・・・これらは便利な道具です。
だからこそ、きちんと時間を決めて、有効にお付き合いできれば、と思います。
ともすると、機械に人間が操られてしまいますから。
視力の低下も危惧するところです。

我が家の場合・・・小2の娘も、やっと自分で時間の管理ができつつあるようになったところです。
自分から計画を立てて、遊びと宿題や家庭学習の時間を組み込めるように、やっとやっとでき始めました。
ここまでくるのに、どれだけ怒鳴り、時には静かに諭したことか・・・。
娘は、なかなか「けじめ」がつきにくかったからです。

DSは、たまにお友だちの家でやらせてもらっています。
インターネットの無料ゲームは、土日に、やることをやった後、30分限定でやらせております。
ジュエルポッド・ダイヤモンド、という、キャラクター商品を持っており、ちょっとした占いやゲームができ、写真も撮れるおもちゃも持っています。

ゲームを全くさせてはいけない、というつもりはありません。

ただ、我が家の場合、これ以上、家にゲームが増えると、管理しきれなくなってしまうのです。
私が、四六時中、怒鳴り散らすことは、かなり消耗しますので、これ以上、嫌です。

娘も、お友だちが持っているから、うちも買ってほしい、とは言っておりません。
どうしても欲しい物では、今のところないようです。

「ゲーム脳」についても、きちんと調べてみました。
日本大学の森昭雄さんが提唱されたのですが、その後、脳科学者らにより、実験に対するあやふやさが指摘され、科学的根拠はない、とされたようです。
ゲームも多種多様であり、その種類によって、使われる部分も異なるため、ひとくくりに「ゲーム」により脳はどう使われるか、という証明は難しいそうです。

ただ、心に対してはどうなのか、疑問は残ります。
心に対しては、実験データをとれません。

しかし、できるだけ幼少期には、実際の事物によって、体験させることが良い、と、私は考えます。

そして、できるならば、小学生のうちは、好きな遊びの第1位にゲームがこないでほしい、と願っております。
ゲームよりも、もっともっと楽しいことを見つけてほしいからです。

以上は、あくまで私の家庭の場合であり、それそれのご家庭によって、お考えは様々かと思います。

ただ、ゲームを買い与える場合、よくお子さんと話し合われることをお勧めいたします。
以前の記事で、妹の家の例をあげましたが、DSやインターネットを自由にやらせた結果、小学生からの眼鏡使用、朝おきられないことによる不登校、学力低下、という問題が起きました。




Comment

NoTitle 

『アナログ人間』とは思いませんよ。
今の人は皆、
アナログ的なことに願望を持ち、
ハイテクなことにはどこか罪悪感を持ってるような気がします。

私のちょっとした実体験として・・・
数年前に資格取得のため勤め帰りに専門学校に通ってた時、
やはり勤めながらだと 決まった時間にいつも通えるわけにはいかず、
そんな時はビデオ授業を受けるんですが、
やっぱり、ダメなんですね。
まず、緊張感がありません。
もちろん本人のやる気が大きく左右するものですが、
画面から得られるものなんて 薄っぺらいものでしかない。
実体験の大切さって、そんな所にあるんじゃないかなぁ。
ましてや脳みその柔らかい子どもは・・・。

今回のはあとちゃくらさんの発言に
大きな拍手を送りたいです v-424
  • posted by おでかけ親父 
  • URL 
  • 2013.03/25 12:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

おでかけ親父様 

私の場合、機械オンチなんです。
パソコンも、文書作成はできますが、その他の機能は、よくわかっておりません。
本当は、実際に話をしたり、直筆で書くことが好きです。
でも、こうして遠くの方ともお知り合いになれて、自分の意見を聞いていただけて、またそれに対してご意見をいただけると、深めることができます。
これは、パソコン万歳!!と言いたくなります。

ビデオ授業、わかります。私も、ある講座を通信で受講しておりましたが、この時間にやるゾ!・・・と計画を立てたり、自分を追い込まないとできませんでした。
そうなんです。緊張感がないんですよね。

実際にその場の空気を感じて、その方の人となりを感じる・・・それは、やはり実際に授業を受ける方が断然いいですね。

子どもには、実際の人間同士のふれあいや、実体験の中でこそ、育ってほしいと願っております。
コメント、本当に有難うございます。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.03/25 13:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。
私も子供は子供同士外で遊ぶのが一番良いと思っています。
ただ主人はゲームが好きで子供たちに古いDSを貸しています。お姉ちゃんが入院した時に与えたのですが、体は元気なのにトイレ以外ベッドから降りてはいけなかったので。
でも、もともと外でお友達と遊ぶのが好きな子だったので普段はほとんどゲームをやりたがりません。
血液検査の時、待ち時間が長いと少しやったりしますが長い時間はやりませんね~
何でも長い時間集中できないタイプなだけかもしれませんが。

小学生のうちはお友達と外で元気に遊んでもらいたいです。

  • posted by kohayuu 
  • URL 
  • 2013.03/25 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。
ゲームが悪いかどうかはちょっとおいといて,
ゲームは子どもの好奇心をくすぐるように作ってあるのは間違い無いです。そうでなかったら今頃無くなっています。
ただ,私もゲームをして育った世代ですが,コントローラーですべてのことがかなうということを勘違いしてほしくないということと,やっぱりアナログの方が達成感なり充実感があるのは私も体験しているところです。
なので,はあとちゃくらさんの意見に賛成です。
子どもたちもゲームをやるなとはいいません。
でもそのあたりをしっかり考えて節度あるようにしてほしいと願います。
やっぱり自然やアナログの方が楽しいですよね。
それは間違いないです。私の体験から

(Bina相方より)
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.03/25 23:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

小さい頃は五感を使う、納得できます。
長男の幼稚園は「遊びを通して学ぶ」ということで、園庭を走り回ってみんなで遊んだり、工作部屋で廃材を使って好きに遊んだり。五感を使って、楽しみながら自分たちで学んるんだなぁと感じます。

本来なら、小さいうちは私もテレビゲームは排除したいところですが、不可能ですよねぇ。
ルールを決めて守れるように試行錯誤でやっていくしかないかなと思ってます。

あとは、テレビゲーム以上に魅力的な遊びを大人が提案するのもよい方法ですよね!
ゲームってやっぱり楽しいからやるんだろうけど、それ以上に楽しいものがあれば、子供は自然にゲームから足が遠のくんだろうなぁって思います。

ちなみに、長男が小さい頃はアレルギーの関係もあり、究極の無添加を目指してました。
でも、それってすごく難しいですよね。
世の中は添加物であふれてる。
最近は、かなりゆるくなりました。
無添加を目指したいけど、できないのでしょうがなく添加物入りも使ってるって感じでしょうか。

子供と一緒に楽しんで作れる、添加物の入ったお菓子のキットを親子でやるのと、子供と一緒に楽しんで作れないくらい難しいお菓子を私が作って子供に食べさせる、どちらが子供にとってよいことなのかなぁ、、なんて思いながら最近は料理を作ってます^^;
  • posted by sachi 
  • URL 
  • 2013.03/25 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

kohayuu様 

コメント、有難うございます。
お姉ちゃん、長時間ゲームをしないのは、ゲームよりも楽しいことを知っているからなのかもしれないですね。

入院や診察の待ち時間・・・。私も、子どもの入院や診察で、いろいろな病院に行きました。
子ども用のDVDを見せてくれるところがあったり、絵本やおもちゃスペースがあるところもあったり。
家からも、絵本やお絵かき帳を持って行ったり、病院の売店で、幼児雑誌を買ったこともありました。
入院も通院も、親子共々たいへんですね。ご健康をお祈りいたします。

小学生のうちは、外で元気に☆・・・が、いいですよね。子どもたちみんなの健やかな成長を願っています。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.03/26 07:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Binaさんの相方様 

私の子どもの頃には、ゲームがありませんでした。ゲームセンターはありましたけど(笑)。でも、ゲームセンターの音が苦手なのと、お小遣いをゲームで使うのがもったいなかったので、行きませんでした。

ゲーム経験者の方からのご意見は、説得力がありますね。両方の世界をご存知なのですから。

達成感や充実感・・・その良さを、まずは知ってもらいたいですね。
両者比較できるコメントを、どうも有難うございました。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.03/26 07:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

sachi様 

sachiさんのご意見に、賛成です!
幼い頃は、大人がゲーム以上に楽しい世界があるんだってことを提案し、体験させるのがいいですよね!
まずは、その楽しさを充分に知っていたら、ゲームにのめりこまないような気がします。

そうなんですよね。究極の無添加は、現実問題として、かなり難しいです。でも、どんな添加物が特に危険なのかを知っていれば、表示を見てやめることはできますね。
私の家では、自然食品を扱っている生協を利用しています。家で食べる基本の食事が無添加であればいいかな、と。
私自身が、成人してからのアトピーで、今現在も、かなり苦労しておりますので、子どもにはこの苦労をさせたくない、ということもあります。

お菓子は、たいていの市販の物は添加物がありますよね。添加物がなくても、小麦粉に農薬が使われているでしょうし。我が家は、お菓子までは手がまわっておりません。時々、子どもと手作りするくらい。最近は、子どもだけで作ることもあります。

sachiさんの手作り料理や、手作りお菓子、凄いなぁ、と、いつも感心して拝見しております。
貴重なご意見、どうも有難うございました。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.03/26 07:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます^^

子育てするのは、自然の中が一番ですね。
自然の中で過ごすと、それだけでいろんな事が学べますから。
でも、自然とどんどんかけ離れていく今は、子育てもしずらい環境ですね。
ゲームの前は、テレビでした。
テレビに子どものお守りをさせる・・・なんて言われた時代もありました。
添加物の問題もそうですね。

子どもの健康、心も体も・・・親の願いですね。
お子さんをなるべく外に連れ出して自然に触れさせるのもいいですね。
健やかに育つには・・・永遠のテーマですね!


  • posted by すいかたべ 
  • URL 
  • 2013.03/26 09:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

すいかたべ様 

健やかに育つには・・・本当にそれが永遠のテーマですね。
現代は、豊かになったといいますが、その分、食品添加物も数十倍に増え、テレビやゲームやインターネット、携帯・・・子どもを取り巻く環境は複雑になるばかりです。

どの子どもも、皆、健やかに育ってほしい、と願っております。

すいかたべさんのコメントからも、自分自身の考えを見つめなおし、深めることができました。
感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.03/26 10:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは!
実際の物に触れることの大切さ・・・全く同感です!

一昨日、ご近所のお宅で家族ぐるみの合同夕食を楽しんできました。
その際、6人の子ども達が話題のWiiを始めたので、気にして見てたのですが^^
しばらくすると、「人生ゲームやろ」という声があがり、みんなでボードゲームを始めました。
そしてボードゲームを終えると、今度はみんなでおもちゃを使わず遊び始めました・・・

ずっと気にかけて見てたのですが、終始キャッキャ言いながら、Wiiをしながらお互いの顔を覗き込んでみたり、ボードゲームでは年長にあたる子が理解してない年少者に教えてあげたり、常に誰かがまだ幼いかほの世話をしてたりと、子ども達なりにみんなで遊ぶ楽しみ方を見出してたように思います^^

テレビゲーム、ボードゲーム、おもちゃを使わない遊び・・・
子ども達にとっては、どれも遊びの手段の一つでしかないのでしょうね^^

子ども達のテレビゲームとの付き合い方についても、違和感を感じることがあればその場で正す。親や地域の大人の責務だと思ってます^^

健やかに育って欲しい。
コメントを寄せられたみなさんに共通する思いですね!^^
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2013.03/26 12:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

とってもいい過ごし方ですね!!
テレビゲームでも、ボードゲームでも、お互いを気にかける・・・それこそ、ゲーム本来の楽しみ方なのでしょうね♪

おそらく・・・ゲームだけに偏ってしまうのは、その、人とのコミュニケーションがしっかり育たぬままに、ゲームに依存してしまった結果なのかもしれませんね。

人とのふれあいのあったかさ・・・それが、よしくんちの交流には、常にありますね!
そんな中で育っているお子さんたちは、心の基盤がしっかりできているのだと思います。
見守っていても、安心ですね♪

すてきなコメント、どうも有難うございました☆
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.03/26 13:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR