Entries

幼稚園の卒園文集

一昨日、小学校の入学許可書が届きました。
もうすぐ、学校説明会もあります。

そして、卒園にあたり、親の作文も、文集に載ります。
原稿を書いてみました。



           諸先生方へ 皆様方へ
           RON

RON・・・・・・。
あなたが生まれた時、私は出血多量で、危うく死にかけました。
幸い、命を助けていただきましたが、
自分で自分の身体を動かすこともできなくて・・・・・・。
看護師さんが、一日に数秒だけ、この手に抱かせてくださっても、
3キロのあなたをしっかり抱きとめられず、
涙をこらえるのが精一杯でした。


2歳で喘息を発症したRON
たくさん、たくさん、病院に行きましたね。
1週間、点滴につながれて、酸素吸入して、
ほとんど食事もとれなかった入院生活。
1週間ぶりにお姉ちゃんと再会した時、
病院の廊下で、二人駆け寄り、抱き合って喜んで・・・。
まだはっきりと、目に焼きついています。


2歳(満3歳児保育)から年少までの2年間、他県の幼稚園に通い、
年中から、この幼稚園に入園。
場所のエネルギーに敏感なあなたは、初めてここに来たとき、
「この ようちえん すき。」
とつぶやいていました。


入園前から、優しく接してくださった園長先生。
随所に、あたたかな慈愛に満ちたお心づかいを感じ入りました。

2年間、担任をしてくださった先生。
なわとびのなわを結ぶ時、地面になわを置いて、
スモールステップで教えてくださっていました。
ちょっとした声のかけ方にも、子どもがわかりやすいようにとの
お心づかいを感じておりました。

年中で副担任をしてくださった先生。
今日、初めてお友だち二人で遊んでいたのを見ました、など、
ふだんの様子をわかりやすく、細やかに伝えてくださいました。

いつもニコニコ優しい笑顔で見守ってくださった諸先生方。
園庭で、自転車が乗れるようになった時、共に喜んでくださったり。
自分から「せんせい・・・」と、話しかけてくれるようになりましたよ、
などと、子どもの様子を伝えてくださいました。


2月生まれで、身体も小さく、本当はもう1年、幼稚園生活を送らせてあげたい気持ちでおります。
でも、年長になって、顔つきがお兄ちゃんになり、
小学校入学を楽しみにしている姿を見ると、
私も一緒に前へ進もう、と、決意を新たにしております。


あなたの自由な創造性を大切に、
ママのことをしっかり守ってくれる、その大きな心を大切に、
できないことにも一心に取り組む、そのねばり強さを大切に、
テキパキお手伝いやお片づけできる、その健気さを大切に、
幼い子を気づかう、その優しさを大切に、
これまで関わってくださった全ての方々に感謝して、
新たな一歩を踏み出しましょう。


あたたかく育んでくださった、幼稚園の仏様、先生方、
スタッフの皆様、お友だち、保護者の皆様、
深く、深く、感謝申し上げます。

この幼稚園に通わせていただいた幸せを、
今、改めて、かみしめております。



     

Comment

NoTitle 

はあとちゃくらさん

いつの~ことだかぁ~おもいだしてごら~ん ♪
あんなこと...♪
こんなこと...♪
あ~ったでしょ♪

一番感動した幼稚園の卒園式
思い出しました。
  • posted by az 
  • URL 
  • 2013.01/24 21:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

卒園文集に親の作文も載るんですね。
作文がすごく苦手な私にはとても書けそうにありません。お姉ちゃんの幼稚園には親の作文がなくて今ホッとしています。
RONくんを思う気持ち、先生方への感謝の気持ちがとてもよく伝わってきました。
卒園文集RONくんの宝物になりそうですね。

素敵な作文読ませていただいてありがとうございました。
  • posted by kohayuu 
  • URL 
  • 2013.01/24 21:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

az様 

こんばんは☆

すてきな歌をご披露いただき、有難うございます♪
azさん、ガーデニングや、パッチワーク、ステンドグラスに、ミニお料理教室、・・・それに歌まで!!
す、素晴らしいですっ☆

やっぱり、感動しますよね、卒園式。
今から、うるうるきそうです・・・
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.01/24 21:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

kohayuu様 

azさんと、同時に送信してくださったのですね、・・・なんだか、ステキ☆
あ、kohayuuさん、「azさんのよろずや日記」、美しく、楽しいブログですよ♪ 
北さん&azさんの、お笑いもやってます♪

・・・そうなんです。開園当初からの親子文集だそうで。
でも、原稿用紙800字以内なので、おそらく、もっとカットして練り直さねば・・・。
そんなふうに、あたたかく読んでくださって、感謝いたします。

kohayuuさん、ご自分が思うほど、作文苦手ではないと思いますよ。
ブログ、日常が、とてもよく伝わってきますもの☆
コメントも、kohayuuさんのあたたかさが、よーーーく伝わってきます☆
有難うございます。

  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.01/24 22:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは。
涙がでてきそうになりますね。
出産のときに命が危うかった。
怖いです。。。。
でも,これだけ成長してくれてホントよかったですね。
わが家もホント元気に育ってくれてうれしいです。
お気持ちよくわかります。
はあとちゃくらさんの愛情があふれていますよ。
  • posted by Bina 
  • URL 
  • 2013.01/24 22:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは!
RONくん、これまで多くの人から愛情をたっぷり受けて成長してきたことがよくわかりますね。

我が家の長男りょうたの卒園式を思い出しました。
りょうたは大号泣でしたよ。子供ながらにいろいろ思うところがあったんでしょうね。
私はというと、目頭をおさえている親父たちを見て、親父なりにいろいろ思うのだろうと気持ちがわかるだけに、意外にも親父たちの涙堪える姿にウルッときました。

なんだかazさんの歌も影響して、記事を読みながらちょっと涙が出そうになりました。
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2013.01/24 22:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

はあとちゃくらさん
卒園式にはハンカチを何枚も持っていったほうがいいですよ^^
一番可愛い季節を過ごした幼稚園の卒園式は本当に感動します。
卒園文集、私も書いたなぁと思い出しました。
愛情いっぱいのはあとちゃくらさんの原稿とazさんの素敵な歌声も聞こえてくると・・・私もウルウルきます。

この歌、いいですよねぇ☆
  • posted by すいかたべ 
  • URL 
  • 2013.01/25 00:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ステキな作文ですね。
お母さんの愛情がじんわりと伝わってきました。

そして、卒園のとき、作文も書くの!?
私はこんなにステキにはかけないだろうなぁ。。。
  • posted by sachi 
  • URL 
  • 2013.01/25 04:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは!
とても心が温かくなる文です・・・・

RONちゃんが生まれて来てくれたことへの感謝
回りの方々への感謝・・・・・
お母さんの愛情と感謝の思いが十分に伝わってきますよ!

RONちゃん、入学おめでとう~!
  • posted by 北ノ大地 
  • URL 
  • 2013.01/25 12:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Bina様 

有難うございます。
出産は命がけなのだと、この時わかりました。
私だけ、大学病院に搬送されて。一番近かった大学病院は、満床だからと断られたそうです。
受け入れてくださる病院があったお蔭で、今生きていられます。・・・感謝いたします。

Binaさん、あたたかなお言葉、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.01/25 13:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

有難うございます。
そうですね。たくさんの皆様のお蔭で、成長できました。

りょうたくん、大号泣でしたか・・・。
そして、お父さんたちも、・・・・・・。

赤ちゃんだった子が、よくここまで大きくなった、と、感慨深いですよね。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.01/25 13:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

すいかたべ様 

あたたかなコメント、有難うございます。
ハンカチ数枚、用意いたします。

すいかたべさんも書かれたのですね、文集。
やわらかな、やさしさに満ちた文章を書かれたのだと思います。

思い出のアルバム・・・いい歌ですよね。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.01/25 13:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

sachi様 

じんわり感じていただいて、有難うございます。

親子文集、前にいた他県の幼稚園ではありませんでした。
今の幼稚園は、手作り感いっぱいの所ですので、確か、文集も手書きがそのまま載るのだと思います。

sachiさんのお子さんは、来年でしょうか。
幼稚園て、親もいろいろと大変ですが、学校に上がると、どんどん手を離れてしまいます。
親子のふれあいが、最も多い時間なのでしょうね。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.01/25 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

北ノ大地様 

有難うございます。
拙い文ですが、そう言っていただけると有り難いです。

もっともっと、書きたい思いはいっぱいあって・・・。
なんだか、つらつらと、思い浮かぶままに書いてしまいました。

お読みいただき、感謝いたします。
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2013.01/25 13:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR