Entries

やめられないほど面白い・・・・・・数教研

小1のRINいわく、
「このプリントは、おもしろくてやめられないーー!」

数教研のプリントは、水道方式で体系的につくられています。
それが、数学的思考を喚起しているのだろう・・・ということは、やっている様子から察しがつきました。

RINが終了した教材9、「2けたのたし算」を見直してみました。
普段は、その日にやった枚数分しか、目を通していなかったのです。

でも、こうして教材9の全てを見てみると・・・
RINの言うことがよく理解できたのです。

それはまるで・・・ 小説のよう でした。
流麗な文章を読んでいるかのよう
流れを持った配列の問題を解いていくと、その先が楽しみになるのです。
そう、これからどうなるのかが知りたくて、なかなか本を閉じられない小説のように。


RINは、毎日一定量のプリントをやっていたのではありません。
どんな時に、どのくらいやっていたのか・・・。
それも、内容と照らし合わせると合点がいきました。

A1ー5(具体物・タイル・数字・数詞)・・・・・・・・・・・・・・・・3月2日
A6(具体物を見て、タイルと数字で表す)・・・・・・・・・・・・3月3日
A7-9(タイル・数字・数詞)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3月5日
A10ー12(タイルが一つずつ増加・数字の増加)・・・・・・3月6日
A13ー19(2けたのたし算の筆算)・・・・・・・・・・・・・・・・・・3月7日
                    (この日は7枚!初めての筆算が面白くて、やめられなかったのでしょう)
A20-21(十の位が欠けている型、1+2+3の練習)・・3月8日
A22-23(くり上がりのたし算の筆算)・・・・・・・・・・・・・・・・・3月13日
A24(くり上がりのたし算の筆算)、確認テスト ・・・・・・・・・3月15日

RINが、その日の気分でやる量に差があったのかと思っていましたが、違ったのです。
RINは、一区切りついたところでやめていたのでした。

水道方式は、まさに水が流れるように、問題が配列されていたのです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR