Entries

新たな一歩

RINRONも、二人とも大切な私の子です。
それぞれに良さがあります。

RINは時々、
「ママはRONくんの味方ばかりする。」
と言います。
姉弟げんかをしている時、両方に対して言っているつもりなのですが、
どうやらそう聞こえないようです。

女性同士、ということもあるかもしれません。
私は、時折り、RINの中に私を見てしまいます。

夫も、RONの中に自分を見ていることがあるように感じます。

自分と似たところがあるからこそ、よくわかるところもありますが、
それ故に客観性を欠き、必要以上に言いすぎてしまうのかもしれません。


RINは、幼い頃から、周囲をよく観察した上で行動できるという長所がありました。
それは、友だちのみならず、弟に対してもそうでした。
1年生の頃、RONがふざけてRINの上に乗っかって芝生の上に倒された時、
強くふり払ったり、強く言ったりしませんでした。
近くにいた同級生のお母さんが驚いて、
RINちゃんて優しいのね~。うちだったらケンカになってるわよ。」
と言いました。

その時のことを「どうして?」と聞いたところ、
「だって、強く言ったら余計にやりたがるでしょ。」とRIN
常に、状況を読んで行動しているようです。

私自身は、周囲を伺って自分の出方を決めていました。
RINのように冷静に状況判断していたのではなく、
周りに合わせて自分は我慢してしまうことが多かった子ども時代でした。

RINは、私にも冷静でした。
私が声を荒げて強く言い過ぎてしまった時も、何も言い返しませんでした。
私としては、こんな時こそ泣きわめいてくれたっていいのに、と感じることさえありました。

そのRINが、病気をきっかけに変化してきました。
私と一緒に居たがることが増えたり、
RONくんばっかり・・・」と不平を言い始めました。
今まで、あまりによくできた姉だったRIN
弟に対しても、母のような目で接していました。
そんなRINに、私は知らず知らず甘えていたところがあったようです。

もっとRINの心の奥底の声に耳を傾けなければならないのです。



それは、RONに対しても同様でした。
7月下旬の三者懇談で、それを突きつけられました。

「4月、5月はとてもやる気があり、テストでも良い点数でした。
 でも、7月は記号問題さえ書こうとしていませんでした。」
と、空欄の目立つテスト用紙を差し出す先生。
そこは、私と一緒に勉強した時、確かに理解していたので安心していた単元でした。
いつもなら、ぎっしり書いていたRON
その答案は、始めの方だけ書かれていて、途中からは書いた後さえありませんでした。

私は、RINが病気にかかったこと、
その頃は家がある元の県にRINが戻りたがっていたこと、
しかしRONは今の小学校を卒業したがっていた為、
もしそうなった場合、父親とここに居たい、と言っていたことを話しました。

私は、RONに「ごめんね」と言いました。
「ママが居なくてもやっていけるの?」と聞いたとき、
「うん」と答えたRON
でも心の中は、不安でいっぱいだったのでしょう。



私は、RINに対しても、RONに対しても、
もっとしっかり向き合おうと決心しました。
それは、子どもの良さに甘えることでもなく、
子どもの要求ばかりをのんで甘やかすことでもありません。

見えない心の内をしっかり見てあげること。
それは、本人にもわからない時もあるのでしょう。
だからこそ、わからない心の奥底の探求に、
しっかりとつき合うことが大切なのだと感じています。
先を急がせるのではなく、
しかし先に行く勇気が持てるように。



7月30日(日)。
社会に興味が持てずにいるRONに、やっと良い教材を探してきました。
「都道府県かるた」(永岡書店)です。
株式会社地理情報開発がそれぞれの県の地図を製作しているので、
単に県の形なのではなく、山の起伏がよくわかる地形が描かれています。
読み札は各県の特徴がよく表されています。
カルタとしてだけではなく、読み札の裏にはそれぞれの県の比較もしやすくまとめられています。

早速2回やりましたが、RONはすぐに県の形を覚えてしまいました。


7月31日(月)。
RINは中学で社会の個別指導を受けてきました。
先生には、お忙しい中30分貴重なお時間をいただきました。
どの科目の先生方も、いつでも歓迎してくださっています。
職員室近くで勉強するRINの姿を見て、
ようやくここの生徒ととして生きる決意ができたように感じました。
制服姿がよく馴染んでいました。


今日から8月。
今年も後5ヶ月です。
一日一日を大切にして過ごしていこうと思います。

Comment

 

こんにちは。

私も最近、長男くんに言われたことがあり読んでいてドキリとしました。

兄弟に対して同じくらい大事にしているつもりでしたが、そうは感じていないようでした。
むしろ同じではなく自分だけ見て欲しいといった感じを受けました。

二男くんよりも色んなことで我慢することが多い長男くん、しっかりしてそうでまだまだ子供なんだとその時そう思いました。

簡単ではないけれど心の内をしっかりみることは大事ですね。

そう言う私も子供っぽい所があるのでちゃんと見てあげれるか心配ですが。
  • posted by Uki44 
  • URL 
  • 2017.08/02 22:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Uki44様 

こんにちは。
第1子は、親も長子として期待してしまうところがあり、長子自身もどこかしら期待に応えようと頑張ってしまうところがあるのでしょうね。

「自分だけを見てほしい」という思いは、もしかすると弟妹よりも長子の方が強いのかもしれません。

親は同じように可愛いと思っていても、
それが伝わりにくいことがあるのでしょうね。

時々、きょうだい別々に連れて二人だけで過ごす時間を持ってはいるのですが、それでも「私だけを見て」はどこかしら、いつもあるように感じます。

本当に難しいですが、お互い工夫して目を凝らしていましょうね^^
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2017.08/03 11:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます!はあとちゃくらさん(^^)

記事を拝見し、私はちょっと別の見方で捉えました(^^)
RINちゃん・RONくんにしっかり向き合う。そして見えない心の内をしっかり見る。
長年のブログ付き合いを通して私が知るはあとちゃくらさんは、むしろ私が感服する程にそれをしっかりされていると認識していましたし、今もそう思ってます。
ほら、セラピストとしてのはあとちゃくらさんも含めて(^^)

私が感じたのは、もしかしたらはあとちゃくらさんこそが、記事にあるRINちゃん・RONくんのように、ここ最近、心に不安を抱えていたんじゃないかなって(^^)

アハ(^^)
あくまで私がちょっとそう感じたってだけなので気になさらず。
全く的外れのこと言ってるかもって自覚はちゃんとあります(笑)
もし不快に感じたらごめんなさいね、

でももしそんな心当たりが少しでもあったなら、ま、気楽にいこうぜ!って言葉を送りたいと思います。
毎度お馴染みの(笑)

もしそうだとしたら、はあとちゃくらさんが言われるよう、泣き喚いたっていい。ですよね(^^)

8月上旬、夏真っ只中。
今年の夏も夏をサボらず、毎日を精一杯楽しんでいきましょう!(^^)
今日は朝早くからかほのピアノ発表会。私はとりあえずその前に、空き家にしてるご遠所さん邸の草むしり(笑)
今から行ってきます!(^^)
  • posted by よし 
  • URL 
  • 2017.08/06 05:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

よし様 

こんにちは、よしくん。どうも有難うございます。いつもいつも、よしくんは真心のこもったコメントをくださいます。感謝しています。

よしくんのおっしゃる通りです。
私自身も、不安をかかえて、なんとか振り払いつつ、前に進んでいる状況です。
少し目の前が開けたかと思うと、また別の課題が見えてきます。
早くトンネルを抜けたいのに、まだまだ真っ暗な世界に居る感じがします。
ほんの少しの明かりを頼りに、手探りで進んでいる感じです。
早くRINの病気がすっきりと治ってほしい!
切にそう願っています。

早起きして草むしり、それもご近所さんの。
よしくんて、本当に徳がある方ですね。
そうですよね。人生、楽しまなくっちゃ♪
かほちゃんのピアノの音に思いを馳せて、軽やかに今日を過ごしましょ^^
  • posted by はあとちゃくら 
  • URL 
  • 2017.08/07 13:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR