fc2ブログ

Entries

橋をかける

昨日の夕方から、首・肩に加えて背中に痛み。
整骨院に行ったけど、軽減されず。
湿布も貼っているけれど・・・・・・。

今朝は、首から肩にかけてと背中に鈍い痛み。
椅子に座っていると、顔から頭にかけてしびれが出る。

不安がよぎる。
このまま働けなくなったら? と。

いかんいかん、マイナス方向に引っ張られるな!!
大丈夫な道を探そう。

混乱する頭を抱えて、ドラマを探した。
「井浦新」で検索したら、
「BRIDGE」という作品にであった。
神戸の震災後、崩れ落ちた六甲道の駅を再生した話。

地獄でしか見られない温かさもある。

私も、きっと前に進める。

ふと、AKA博田法というリハビリを思い出した。
以前住んでいた所で頸椎を痛め、整形外科のリハビリで頸椎が余計痛くなった為、探し当てたリハビリだった。それで治った。

探すと、今住んでいるところから通える場所にもあった!
行こう!!

突然の

長い間、
8年と2ヶ月の間、
苦楽を共にしてきたスペーシアくん。

貴方が来てから、私は自立への道を歩み始めました。
貴方が来てから、すぐに非常勤の仕事が決まり、それが今の常勤の仕事へと続いています。

身体が弱い私が、一人で子育てするなんて無理、と諦めていたのに。
貴方は、私をいろいろな世界へと運んでくれました。

関東の端から端まで、私たちを連れて行ってくれましたね。

それは楽しい思い出ばかりではなくて、
辛い思い出の方が、より鮮明に思い出されてきます。

貴方のお蔭で、私は、私自身の道を歩み始めることができました。

一昨年は、カーナビが動かなくなり、新しくしてもらいました。
年末に、サイドミラーがウィンウィンいって動かなくなったので、直す予約もしていました。
去年、フロントガラスに石つぶてを受けて傷ついてしまったので、今年は新しくししようと思っていました。

もっと、丁寧に洗ってあげたらよかった。
この前の雪の日も、冬タイヤで安全に仕事先へと運んでくれました。

あと数年、私と一緒に仕事に行き、
子どもたちを乗せてどこかへ行って欲しかった。

最後まで、貴方はカッコ良かった❢

青信号を過ぎ、もうすぐ目的地に着くというところで、
突然、脇道から突っ込んできた乗用車。

貴方は、私と娘を守る為に、文字通り体を張ってくださいました。
あっと言う間に左横に倒れ、フロントガラスには大きなひびが入り、
私はシートベルトで固定されたまま宙ぶらりんで助けを待ち。

「ママ、良かった!! 死んでない!!」
そうRINが言い、
私は、
「ちゃんと青信号で走ってたよね、間違ってなかったよね!」
と娘に問いかけ。

たまたま通りかかった非番の救急隊員さんに首を支えていただき、
救助が来て担架で運ばれました。

CT検査の結果、異常なし。
それでも、その後じわじわと痛みが出て、翌日は右側の首が腫れてきました。

娘はその時は何ともなかったのですが、
夕方から首に痛みが出始めました。

スペーシアくんは、廃車になるそうです。
最後まで、私たちを守ってくれて、
本当に本当に有難うございました。

貴方は、私たち3人にとってかけがえのない大切な家族でした。
頼もしい味方でした。
感謝しかありません。
本当に本当に有難うございました。
*CommentList

2022

新年が明けましたね❢
そして、もう8日です。

休みボケしつつ仕事が始まり、
・・・あぁ、母(要介護)のできることが減っていくのはこんな感覚なのかなぁ、と思ったり、
・・・仕事があって仕事ができるって有り難い、と思ったり。


RONは、皮膚のできものを形成外科で取っていただくことになりました。難しい手術ではないので、心配はありません。
仕事を数時間✕3日間休むので、周りの人にお願いしておかないと。

RINは、歯の矯正をすることになりました。
こちらは実費で、2年間ほどかかります。
土曜日に行けるので、仕事上は問題ありません。

私は、昨年9月から、度々胸痛に襲われ、狭心症の薬を飲んでいます。
しばらくなかったのですが、今朝5分ほどまた痛みがあり。
9月ほどではなかったので、ニトロを飲むほどではないと判断しました。

定年退職まではフルタイムで働きたい❢

大掃除やら、家事やらは、一人で背負い込むことなく、子どもたちがそれぞれの分担をやってくれています。

去年までのことを思うと、夢のような幸せなお正月でした。
「普通」って、決してあたり前じゃないから。

有り難いです。
感謝。
*CommentList

それぞれの一歩

時代の先取りなんてできない。
現時点をしっかりみつめると、先が見えてくる。 


今は亡き音楽プロデューサーの言葉。


寺山修司の天井桟敷を訪ねると、寺山は、劇団員一人ひとりに好きな言葉を言わせ、それを組み合わせて詩を作り、後の小椋佳にその場で曲を作らせたと言う。
そこにあったのは生であり、缶詰ではなかった、と。


山口百恵は、静の人だった。
そこにツッパリを入れて「混」にした。
それが自立となり、さらなる飛躍を遂げた、とも。



子育てにもヒントになる、と思って聞いていた。



RONは、三者面談直前で進路を変えた。
座学がキライだと思っていたが、
大学に行きたい、と。

それならばそれに対応した高校の方がいい。
公立高校のほとんどは、説明会を終えていた。
自分で、高校の外側だけでも見に行くようにと話した。
来月ある説明会にも参加することにした。

「大学に行ってもいい。ただし、家は国立だけだよ。」

共通テストの教科は5教科必要。2次試験もある。

そう話してもひるまず、それどころか笑顔になって、鼻歌を歌いながら2階に上がった。



RINは、今月、体調が悪かった。
いつよくなるのか・・・
と悩むRIN。

やれることは、かなりやってきた。
病院の薬だけでは全快しない。
RIN自身も調べてサプリも飲み、
ストレッチも行っている。
今は整体にも通っている。

以前、漢方の名医にもかかったが、
煎じ薬が苦手で続かなかった。
粉薬を出していただけるよう、お願いしてみよう。
煎じ薬ほどその人の体質ピッタリに合わせられないかもしれないけれど。


RINが見た夢。

家の2階に鳩がいる。
外に逃がそうとする。


最近、見たという夢。

白い大きな鷹が飛んでいる。


幸せの象徴、鳩が我が家にそれを伝えに来た。

鷹は、良い夢の代表。
悠々と大空を飛ぶ白い鷹。
大いなる自己は、自分の未来へ行けることを伝えている。

RINの未来

先日、RINと一緒に大学のオープンキャンパスに行ってきました。
コロナで夏開催予定だったのが延びて、やっとです。
それでも、まだリモートでしか開催されない大学もあります。

私の時には、オープンキャンパスなんてなかったなぁ。
一人で大学を見に行って、外側しか見られなかったなぁ。


密を避けるために、いくつかのグループに分かれて、保護者は1名だけに限定されています。
先日のRONの高校体験授業も楽しかったですが、RINの希望もまた、私の専門分野とは異なるので、初めて見る特殊な実験施設にわくわくです。
1時間にわたるキャンパスツアーでしたが、RINも体調を崩すことなくまわれました。


大学入試もずいぶん変わったのですね。
私の頃の入試は、推薦と一般くらいしかなかったのですが、まぁ何種類もあるある。

国立で気になるところもあったのですが、ホームページで調べていくと、RINのイメージと違うことがわかりました。You Tubeで案内動画もアップされていましたが、それも違うなぁ、ということに。
他県の国立で興味深いところがありましたが、下宿するとなると、健康上の不安もあり、RIN自身が「現実的じゃない」と判断しました。
ただ、その分野で日本一の設備のあるところなので、来年、見学に行こうと話しています。

私立はかなり金銭面でかかりますが、何とかなる。

8月に壊れてしまった電気温水器を、エコキュートに買い替えたのですが、その時もドキドキでした。一人で大金を出すのって、勇気がいります。
大学となると、その何倍以上のお金です。
私のドキドキは最高潮です。

RINも金銭面のプレッシャーを感じたようでした。

「自分が行きたいと思うところが一番いい。それがお金を活かすってことだから。」
と伝えました。


RINの体調は、検査上はギリギリ異常ではなくなっています。
それでもまだ普通の体力はありません。
毎日、6時間の授業にも耐えられない体力です。
しかしながら、4年前に比べれば、歩けるようになり、学校にも一人で通えるようになりました。
もう暗闇のどん底ではありません。
着実に昇ってきている。
光もたくさん浴びられています。

勉強したいのに体力がなくてできない、と涙していることもあります。特に数学はかなり疲労して体力を奪われるそうです。
それでも柔軟体操をかかさず、少しでも体力向上に努めているRIN。
英語のアプリを入れて、椅子に座れないときでもできることもしています。
小さな努力を積み重ねているRIN。凄いです。

そんなRINを見ていると、必ずやれる、という未来像が描けます。

*CommentList

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・高1の娘
RON・・・中2の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR