Entries

RON初めての算数A,   RINへの母としての想い

6月21日(水)
RONは帰宅するなり、
「ママ! 算数で『A』もらったよ!!!」
と、気分はMAX状態。

RONの満面の笑みに、「よかったね~^^」と答える私。
まだ通知票の時期ではないし、どこにいただいたんだろう、と思ったら、
ノートに『A』をいただいていました。

小数の文章題で、線分図をかいて説明したようです。

その日、RONは2年ぶりに、ノート2ページぎっしりと日記を書いておりました。
(2年前に2ページぎっしり書いた日記は、オニヤンマを間近で見て感動した時)

算数の授業中、先生に「発表してごらん」と言われたこと。
みんなの前で、黒板に線分図をかいて説明したこと。
はずかしいという思いを乗り越えて、大きな声で発表したこと。
ちょっとつまったときは、友だちが助けてくれたこと。
授業のふり返りとき、親友の説明がわかりやすかったと感じたこと。

そんな授業中の心模様が細かく書かれておりました。

RONの「算数A」の夢が初めて叶った日。
算数のノートを見ただけではわからなかったことが、
日記には事細かに書かれていました。

どんな教科でも、難なく「A」をとれる子もいます。
しかし、RONのように、がんばってもなかなか「A」に届かない子にとって、
この「A」は、宝石のように価値が高いものなんだと実感しました。
そして、そのような授業をしてくださった先生に、心から感謝いたしました。
こんなふうに子どもに達成感を与えてくださる授業。本当に尊いです。

がんばれ、RON^^




最近、バテバテでした。

病気のRINはもっと辛いのでしょうけど、
母もけっこうタイヘンでした。

できる限り調べて、現在の病院にかかり、
通院中も、体調の変化から「何か別の病気もあるのでは?」と感じ、
他科を受診し、最終的に納得のいく病院2つにかかっております。

手をつくし、調べ上げて、信頼のおける先生にかかり治療を続けていることで、
安心感が生まれました。

しかしながら、学校側としては「成績」や「学校の居場所」などを心配してくださり、
先生方からご助言をいただきました。
「まだ1回しか受けていない授業があるから、出た方がいいのでは。そうすれば、少しでもいい成績がとれます。」
「毎日決まった時間に2時間、学校に来るようにした方がいいのでは。学校に居場所がなくなってしまうと、体調が治っても来づらくなってしまいますよ。」


その中で揺れる私。


でも、最終的には、成績よりも何よりも、
RINの体調優先を貫こうと、改めて決意いたしました。

スクールカウンセラーの先生からは、
「自分が大切にされているという感覚を大切にしてあげてください。」と。

保健の先生からは、
「人生長いですから。いろいろな生徒さんがいます。私だけとは思わないでくださいね。
 辛さはとてもよくわかります。」

かかりつけ医からは、
「脳腸連関です。脳が最初なのではなく、人間の最初の祖先(口と肛門が一緒の生物)も腸が最初にできていたのです。
 胃腸に炎症があるということは、静かに休みなさい、ということなんです。」
と、柔らかな口調で教えていただきました。

RIN主体で、行けるときにだけ学校に行こう。
RINの体調が戻らなければ、何も始まらない。
大事なことは何か、それを常に念頭に置こう。
そう、新たに決意した母なのでした。

中学に入って3ヶ月目。
そのほとんどが、病気欠席か、遅刻・早退です。
でも、まだ3ヶ月なのに、こんなにも中学の先生方と話しているのは娘と私くらいでしょう。
先生方を身近に感じ、
娘のことを、こんなにも真摯に考えてくださる先生方に恵まれているということは、
なんて有り難いことなんだろう。
「病気はタイヘンだけど、お得なこともあるね^^」
と、娘と話したのでした。


高学年になったRON

この4月で、RONは5年生になりました。

変わったことと言えば、帰ってきたときの様子です。
イライラして帰宅します。
姉弟で口ゲンカが始まってしまうくらいです。

理由を聞くと、
「だって学校疲れるんだもん!」
とのこと。

授業内容も、それまでと比べてぐっと密度が増してきます。
それに加えて、様々な場面で「高学年」としてリーダーシップをとっていくことも増えてきます。

目まぐるしく一コマ一コマ授業があり、
確かに、学校生活は大変です。


算数は能力別に2コース分かれて授業を受けることも増えました。
RONは、じっくりコースを選びました。
「図形は得意だから、早いコースがよかったかなぁ。
 でも、早いコースだと、手をあげてもさしてもらえないんだよね。」
と、RONなりに考えているようです。

低学年のときは、「???」ということもありましたが、
最近では授業内容は理解しているようです。
本人曰く、
「追いついてきた」
とのこと。

ただ、キライなことは授業中やってないなー、というところもあります。
地図の読み取りです。
一緒にやってみるとできるのですが、
どうやら面倒だからやっていないようです。

好きなこと(レゴ関連)には相変わらず没頭しているRON
そして、
「今年は欠席しない!」
と決めて登校しているRON
(喘息発作もほとんど出なくなりました^^)

自分で決めたことはできるので、
見守りつつ、
困難な時には手を貸していこうと思ってます。
*CommentList

気長に養生

RINが病気にかかって、一月半以上が経ちました。

咳喘息とわかったときは、気管支喘息に移行しないようにという思いで、
そして、めまいもあるとわかったときは、できる限り情報収集して治療に役立ててきました。

しかし、難点はそれだけではありませんでした。

5月14日(日)夜に発症した胃腸炎。
夜間診療所に行ったとき、来ていた幼児さんも胃腸炎だったようなので、
体調を崩しているRINもかかりやすくなっていたのだろう、と思いました。

翌、15日(月)にかかりつけ医のところへ行きましたが、
普通の胃薬が効かず。
それより強い胃薬に変更になりました。

その後は、その胃薬で治まっておりましたが、
5月31日(水)から、その胃薬も効かなくなってしまいました。
お腹の触診では、これまで以上に痛みを感じている顔をしていました。
慢性胃炎だそうです。

念のため、と受けた脳MRIや、その後の受診で気を使ったせいかもしれません。
脳は異常なしでした。

かかりつけ医は、一月前からすでにピロリ菌を疑ってくださっていて、
抗生物質の効力が薄れてから検査をしましょう、と言ってくださっていました。
これでピロリ菌が発見できて、それを除去し、
全ての病気が一掃できるかもしれません。

そうなってほしいです。

RINが具合が悪いと、
私自身の体調へも少なからず影響が出ます。
RINが咳喘息のときは、胸苦しくなりました。
RINが胃炎のときは、食事が進まず、胃もたれしているようでした。

RINは病気になってから、常に私と一緒に居たいようです。
密接に居たいときもありますが、家の中に私が居るだけで安心するようで、自分の部屋に居ることもあります。

できるだけ一緒に居ようと思いますが、
時には少しの時間、家を離れて気分転換しないと身が持ちません。

RINが病気になった当初は、
自分自身の中学時代を思い出し、辛くなりました。
私も病気で長期欠席していたからです。
子どもたちには健やかに育ってほしい、という想いが強くありました。

しかしながら、中学の勉強の遅れはすぐに取り戻せたことも、経験として知っています。
今は病気治療が最も優先すべき課題です。
中学は行けるときに行けばいい。
気長に養生しよう、そう思っています。

人生、すんなり行くことばかりではありません。
RINにはとてもとても辛い毎日でしょうが、
これを糧にして、
今まで想像できなかった境地を切り開いてくれる。
私自身も、母として、一人の人間として、もっと強くなれる。
それが、真の課題だと思っています。
*CommentList

初めてのクラス懇談会(RIN、中1)

初めての中学クラス懇談会がありました。

県内のいろいろな小学校から集まってきているので、
4月当初は、皆、不安や疲れがあったようです。

それでも、移動教室を過ぎた頃から、だんだんと楽しんで学校に通っている、
という報告が聞かれました。

担任の先生のお話の後、保護者が一人ずつ家での様子を話しました。
とても遠くから通っているお子さんは通学だけでも大変だと思いました。

それでも、皆、元気に通い、学校生活を楽しんでいることが伝わってきて、
よかったなぁ、と思う反面、
うちの子だけが取り残されてしまったような気持ちになりました。

授業が始まって1週間くらいで咳喘息とわかり、
その後は欠席や、遅刻、早退を繰り返しています。
それでも授業に出られると、「楽しかった」と言っています。
そんなことをお話しし、皆様よろしくお願いします、と締めくくりました。

クラス懇談の後、
いつもは近くのお母さんとすぐ話せるのですが、
皆さん、この後のクラブ保護者会のことで話しが弾んでいて、
私自身も取り残されたような思いでクラスを後にしました。

廊下を歩いていると、「保健室」が目にとまりました。
RINがお世話になっている保健室です。
少し行き過ぎた後、また戻ってドアをノックしました。

優しい笑顔で迎えてくださった保健の先生。
病状の経緯を話すうち、
「もっと早く治ると思っていたんですけど・・・・・・。」
と、涙がこぼれました。

いったいいつになったら治るのか、とてもとても心配でした。
RINが夜中、苦しそうに咳込み、また眠りについたのを見届けると、
私自身は眠れずに、何か良い治療法はないかと、インターネットで探しました。

保健の先生のあたたかさに触れるうちに、
「治りますよね、死ぬような病気ではないんですものね。」
と、ひとつの答えを探り当てられました。


家に帰ると、椅子に座っているのも辛い、というRIN
元々車酔いしやすいたちだったけれど、この頃は車に1,2分乗っただけですぐに酔います。

・・・・・・酔いやすい・・・・・・、
そうだ! 三半規管の異常かもしれない!

すぐにインターネットで調べると、出てきました。
めまいは耳鼻科を受診するのが良い、と。
脳の病気のこともあるようですが、まだすぐ近くの耳鼻科ならば間に合います!

とても空いていたので、すぐに診察となりました。
検査の結果、良性発作性頭位めまい症と診断されました。
耳石が原因とのこと。
しかしながら、ここのお医者さん、質問してもきちんと答えてくれません。


念のため、翌日、別の耳鼻科を受診しました。
この耳鼻科は、昨日とは違い、待合室にいっぱいの患者さんがいます。
1時間半待ち、やっと名前が呼ばれました。
経緯を聞いたお医者さん、
まず目を診察してくださり、眼振があるのを確認してくださいました。
眼が震える・・・つまり、絶えずめまいが続いている状態なのだそうです。

聴力検査をすると、やや低音性難聴も認められました。(昨日のお医者さんからは聞いていませんでした。)
メニエール病に近いめまいの症状で、内耳に水が溜まっているのが原因とのことでした。


これで、体力がなかなか快復しないのがはっきりしました。

思い起こすと、車に乗ったときや、椅子に座っているとき、
なぜかいつも前かがみだったRIN
3月には、大すきなバレエも、週に一度しか行きませんでした。
一緒に歩くと、私より先に疲れていました。

少しずつ少しずつ、病気が進行していったのでしょう。

もっと早く気づいてあげられたらよかった。

それでも、治らない病気ではない。

今は、まず体調を取り戻すことが第一!

一歩、一歩。

いっぽ、いっぽ。








*CommentList

RIN、咳喘息

小学校の時は皆勤に近い状態で、インフルエンザくらいしかかかったことがなかったRIN

そのRINが、咳喘息になってしまいました。

中学校の授業が始まり、
「授業、楽しい♪ 先生ね・・・・・・。」
と、たくさんその日のことを話してくれていたRIN

咳が出始め、のどが痛いと言い出し、
単なる風邪だろうと思っていたのですが・・・・・・。

日に日に咳がひどくなっていくRIN
帰宅したRINの様子に胸が騒ぎ、
この咳の出方では、今夜は眠れなくなるかもしれない、と感じた私。
パソコンで呼吸器内科を調べていたのですが、既に時間は午後6時。

夕食をすませ、雨が強くなっていく中、夜間診療所へ向かいました。
咳が1週間続いていたので、痰切りと抗生物質が処方されました。

翌日、呼吸器内科へ。
「肺炎でなかったら、喘息でしょう。」
と言われ、レントゲンや血液検査、尿検査をしました。
普段70前半の呼吸数は、100前後まで上がっていました。
レントゲンの結果、肺炎ではなかったので、喘息治療が始まりました。

食欲の急激な低下により、水分も満足にとれなかった為、脱水状態になっていました。
診断名は「咳喘息」。
喘息と違って、ヒューヒュー、ゼイゼイなどの呼吸音はありません。
咳喘息の3割は気管支喘息になってしまうことがわかりました。

弟のRONは、2歳の頃から喘息治療をしています。
その喘息よりは軽いのだから・・・・・・、と思っていましたが、
ゴールデンウィークになっても、体力が戻りません。
咳は薬が効いてかなり少なくなりました。

咳喘息と診断されてから、もう3週間。
ゴールデンウィーク中も身体のだるさを訴え、椅子に座るのも辛い様子。
脚を下に下ろしているのが辛いとのこと。
毎日眠さが強く、12時間も眠っていました。
一緒に居る私も、胸がつまってきます。

連休中、RONは楽しみにしていたので、転校前の自宅に夫と戻りました。

連休明けを待って、漢方医のところへ。
気の流れをよくする薬を処方していただきました。
じっくりと45分もかけて問診をしてくださり、それだけで気持ちが安らぎました。

今日は、3時間目から登校できました。
昨朝よりは、ほんの少し良くなったようです。

しばらくは車で送迎します。







ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中1の娘
RON・・・小5の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR