FC2ブログ

Entries

小学校卒業式前後

片道100数十キロある道のりを、小学校卒業まで車で送迎していました。
流石に毎日はできないので、あらかじめ副校長先生、担任の先生と話し合っておきました。

市役所学務課には、区域外申請を出したので、3月末まで元の居住地での学籍があります。

小学校に行くには、朝4時半起床。5時過ぎには出発です。
薄明りの景色が、段々と明るくなる様は美しく清々しいです。

RONを小学校に送り届け、元居た夫宅での荷物片づけ。
車への運び入れ。
そんなことをしていると、すぐにRONを迎えに行く時間に。

午後の運転はキツかった。
ほどよい春の日差しが眠気を誘います。

コンビニ休憩は必須です。



こんなハードスケジュールに加え、
今年は花粉の飛散量がハンパないということで、
例年、軽め花粉症だったRONと私は完全にやられました。

この花粉症がいけなかった。

卒業式前日。
咳込んでいるRONを急病診療所に連れていきました。
そう、この日は日曜だったのです。

結果、喘息発作。
ここ数年出ていなかった喘息が出てしまいました。
酸素レベルが96。
吸入をしたら98になりました。

咳もなくなったので一安心。


しかし、また午後になると徐々に咳が増え始め、
午後3時を過ぎた頃にはぐったりとしてソファーにさえ座れなくなってしまっていました。

急病診療所に電話して相談すると、
今来るよりは、寝る前に吸入した方がいいから、寝る前に来てみたらどうですか、
と言われました。

急病診療所では、喘息薬は出ません。

大学病院レベルの救急病院に行くか、
それとも日曜診療している病院を探すか。

大学病院レベルの救急ではかなり待たされます。
それよりは、と、日曜やっている内科を受診。

酸素は95に低下。
翌日、卒業式があることを伝えると、
「薬を出しますから、大丈夫。卒業式出られますよ。」と先生。
よかった・・・と安堵。

しかし、また難問が。
薬局に行くと、先生が処方してくださった薬がない。
別の薬局に問い合わせしてもらい、
全種類はないけれど、かなり多くの処方薬が出してもらえる、とのこと。
日曜なので、残りの薬は翌月曜夕方になるとのこと。

とりあえず、それで様子を見ることに。



卒業式、当日。

学校が間近になったとき正装に着替えました。(車の長旅なので)



そして卒業式。
緊張した面持ちのみんなが入場。

RONの名前が呼ばれると
「はい」と小さくかすれた返事。
喘息の影響。


呼びかけでは、RONも声が良く出ていました。


1年生の思い出が語られ、
その後・・・・・・。
あれ? もう5年生になってる。


帰り道でRONに確認しましたが、やはり2~4年生の思い出呼びかけもあったそう。
実は、前夜、花粉症が悪化し、鼻づまりと鼻水、咳で度々起きた私。
アタマがぼーっとしておりました。

全体写真を12時半頃撮り終えて、
友だちや先生との記念写真も撮り、
後は無事に帰るだけ。


ガソリン満タンにして。
お世話になった整備士さんにもご挨拶できました。
いつも爽やかで元気をもらえる人です^^

帰り道で食べたラーメン、おいしかったなぁ。スープまろやかで。


「立ってた時、目の前が真っ暗になった。」とRON

「ママも、椅子から転げ落ちたらタイヘンだと思って座ってたよ。」

何とも、卒業式には似つかわしくない会話。



その後、病院がやっていた時間に着いたので、
私も即、耳鼻科に駆け込みました。

「あ~、右が完全に塞がってますね。」と先生。
どうりで生き苦しい息苦しい筈だ。

あまりにもアタマがぼーっとするので熱を計ると
「37.9℃」

いつから熱出てたんだろう。
卒業式前に計らなくて良かった。





追記:今日のタロットをしたら、「皇帝」の正位置が出た。



*CommentList

工事・・・また工事

テレビの配線工事。
以前はフレッツ光からパソコンもテレビもつないでいた為、
今回はアンテナ工事が必要となりました。
その工事費に5万円弱。

パソコンは、ソフトバンクエアーを別居時から使ってます。
工事が必要なかった上、今回の転居先でも使用可能だったので、
住所変更して使いました。


しかし・・・・・・。
トイレの配管工事は想定外でした~。
トイレがどこかで詰まっただけだと思ってました。

しかし実際は、配管から少し離れたところに植えてあった木の根が原因でした。
この木、パンジーと同じ大きさの苗だったので、勝手に小さなものだと思い込んでました。
でも実際はすごい繁殖力。枝の成長スピードはどの木よりもすごかったんです。
上も伸びているということは、下も成長していました。
根がトイレの配管に食い込んで、排水しにくくしてしまっていたのです。

単なるトイレのつまりではなかった~。
工事費が20数万かかります。


見えないところにも気を配らないといけないのだという教訓ですね。
しっかし、イタイなぁ~。


うれしいご報告は、新しいテレビ☆彡
初めは、43型くらいの液晶でもいいか、と思っていました。
4K放送は見ない(地上波ではないから、4K放送しているところを契約しないと見られない)からそれでもいいかな、と。

しかし、やはりいろいろと調べて行くと、4Kは買いかな、と。
50型以上でも10万円台に値下がりした今、
そうそう買い換えないテレビを買うなら、普通のテレビもきれいに映るという4Kを買おう♬

シャープは明るさ重視の為、画像が淡い。
SONYとパナソニック以外は、今後中国での生産になる。
パナソニックは仕入れ値が高い為、売値も高くなる。
とのケーズデンキの販売員さんの説明から、
SONYに決定☆彡

等倍と倍速では、等倍はコマ送りが1分間に50とした場合、倍速では100。
目ではスポーツなど動きの速い画像だと違いがわかるそう。
しかし、脳は絶えずそれを知覚し、
等倍の残像を見てしまうから目が悪くなるのだそうです。



そして、ついに今日、待ちに待った4Kテレビがうちで見られました^^

すっごい奥行き感。
色合い綺麗~。
なんだかその場に一緒にいるかのように感じます。

パナソニックは両側にスピーカーがあったのでそっちの方がいいかな?
とも思ったのですが、
SONYは音響も造ってますから大丈夫ですよ、との販売員さんの言葉通り。
鳥のさえずりも美しく響いてきます♪

約8か月、テレビなしの生活でしたから、ごほうび、ごほうび。


引越疲れも、これで癒されます~^^
まだまだ荷物の片付け、住所変更、市役所関連。
いっぱいありますが、ひとつ一つがんばりますっ!!

後は、4月からの就職、決まりますように☆彡
*CommentList

引越

6日(水)、荷物搬出。

2件をいったりきたりの引越。(夫の賃貸と、私の賃貸)
ひと月以上も前から段ボール箱をもらい、仕事の前に少しずつ荷造りを進めてきました。
子どもたちも自分の荷造りは自分でやりました。

が、やはり最終的には、5日から6日当日午前中までで一気に終わらせた感じです。
1時間半程度仮眠をとり、とにかくやり続けました。

完全に荷造りできていず、引越屋さんが荷物を運ぶ中、
最後の荷造りを進めていました。
紙ゴミ(いらないプリント類)はまだ床に散乱してるし、
ホント、こんな場面をお見せしてしまって情けない~。でもやらなきゃ~、と思って作業していた私。
そんな私に、
「大丈夫ですよ。どのお宅も、完璧に荷造りできてるお宅はありませんから。」
と、あたたかい励ましの言葉をかけてくださるチーフの方。
もう、その言葉にどれだけ勇気づけられたか。
RINも、朝から引越屋さんがいる間中、荷造り等をしていました。


部屋から荷物がドンドン、ドンドン運び出されて行きます。
部屋が一気に片付いていく感じ。
引越屋さんてスゴイ!!!
何て素早い身のこなし。
まるで『はたらく細胞』実写版を見ているかのよう。
「握力、68あるんです。」とのこと。
洗濯機も一人で、段ボールは二段積みで運んでしまいます。

「浄水器を外したいんですが・・・」と相談したら、
何とペンチなしで手袋ごしに外してくださいました。
す、凄すぎっ!!!



そして、正午過ぎから始まった荷物搬出は、午後4時前に終了しました。

その後、RONと二人でゴミの分別収集と資源ゴミ出し、掃除。
やっと午後7時には終わり、不動産屋さんに鍵を返しに行きました。







*CommentList

荷造りと反省

今日は、朝7時には、洗濯機を回しつつ、片付けに取り掛かりました。

荷物の山、山、山・・・・・・。
処分する為に、一旦床に物をひろげなければならず、
進んでいることが目で見えません。
これが、焦燥感をかり立てる~~~ぅ。

きっと、よし、ここまでやったぞ、と、自分を認めつつ進めることが大切なのでしょうね。


湯西川温泉で、RINがおみくじを引きました。
そこに、

「反省とは、自分を責めることではありません。
 自分を知ることです。」

と書かれてありました。


責めそうになる自分。
そうじゃなくて、今。
そのままの自分の現状を知る。


もう、明日には荷物を運び出してもらっています。

やるっきゃないっ♪
*CommentList

目標の書き換え

今まで頑張ってこられたのは、
夫と離婚して自由になりたかったから。
私が親権を取って、私だけが本当の親だという証が欲しかったから。
言葉ではそんなふうに考えていなかったけれど、
そういうことだったのだと思った。

離婚調停を起こせば、離婚できるのだと思っていた。
夫はおかしな人だから、弁護士さんを付ければさらに大丈夫だとも思っていた。

しかし、実際は違った。
夫とは離婚できなかった。
調停は「不成立」となった。

夫は公的な場でも非論理的なことを繰り返すのだということが
よくよくわかった。

弁護士さんは、「非力な為に・・・」と謝ってくださったけれど、
弁護士さんの所為ではない。
夫が建設的に物事を考えられず、反省せず、
自分に都合の良い解釈ばかりしていたからだ。
おそらく、どんな弁護士さんでも無理だっただろう。

そして、私自身も、弁護士さんが同席してくださらなかったら、
夫を非難してばかりで先には進めなかっただろう。
弁護士さんは、伴走者となってくださり、水先案内人となってくださって、私を導いてくださった。

やれるだけのことはやった。
それがこういう結果だっただけだ。
そしてその結果は、実生活にはほとんど影響を及ぼさない。

夫は実ではなく、「戸籍上の父親」「親権者」にこだわり、虚を取った。

私は、実が得られた。

無論、今後、RONが夫の実家側のことに巻き込まれる危険性が高いことは否めない。
直系長男にこだわる家だからだ。

しかし、それも今すぐどうこうということでもない。
RONが大人になったとき、しっかり自分で判断できればいいのだろう。
それだけの知恵を持てる大人に成長してほしい。


仕事に行くまでは、何もする気が起きず、
お世話になった方々に報告やお礼を言っただけだったけれど。

仕事で自分自身が取り戻せた。
この仕事をやっていて、本当に良かった。
仕事のお蔭で、自分が成長できる。
相手のことを考えて行動することが、結局は自分に返ってくる。


仕事帰りにガソリンを満タンにした。
その時、エンジン洗浄剤を勧められた。
燃費がよくなるらしい。
半年に一度は入れることを勧められた。
1620円だったかな。ポイントを使ってお願いした。

以前、タイヤ交換した時に、他の部分のゴムが劣化してしまっていることを教えてくれて、
交換してくださった整備士さんが説明してださった。
爽やかな笑顔と、機敏な行動と、誰よりも腰が低い挨拶。
本当に車を整備することが好きで、お客さんの車を良くしたい、と願っておられることが伝わってくる。
「プロフェショナルですね。」というと、
「いやいや、まだ未熟で。」との答え。
「気持ちが伝わってくる方にやっていただいて、本当に良かったです。」
とお礼の気持ちを伝えた。

私も良い仕事がしたい。




*CommentList

ご案内

プロフィール

はあと・ちゃくら

Author:はあと・ちゃくら
FC2ブログへようこそ!
RIN・・・中2の娘
RON・・・小6の息子
私・・・心と身体に良いものに興味があります。アートセラピスト、ドリームセラピストでもあります。

てんとう虫がうろちょろするブログパーツ(Twitter連携可)

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR